ヒューマンドラマ

おすすめ小説

小野寺史宜『いえ』感想/人間関係がうまくいかない時は相手の意思を尊重しよう!

妹の左足に怪我を負わせた友人に対して、モヤモヤした気持ちを抑えきれなくなった主人公が、仕事でもプライベートでも人間関係で悩む物語です。 傷つき、ぼろぼろになった主人公が、相手の意思を尊重してこなかったことに気づき、一歩踏み出す姿に心が...
おすすめ小説

町田そのこ『ぎょらん』感想/痛みを乗り越えるほど優しくなれる

読んでいて苦しくなったり、温かい気持ちになったりと、心が揺さぶられました。 人の気持ちを理解するのは難しく、相手の考えはこうだと勝手に思い込んで悩んでしまいがちですが、一歩踏み出す勇気があれば、多くの悩みは消えていくことがわかりました...
おすすめ小説

伊与原新『オオルリ流星群』感想/手足を動かさないといいアイデアは浮かんでこない

40歳を過ぎたあたりから、「このままでいいのかなぁ…」とモヤモヤしていたので、似たような悩みを抱える主人公に、共感しながら読み終えました。 いつの間にか、あまり自分から動き出さなくなっていたことに思い当たり、これでは仕事もつまらなくな...
おすすめ小説

坂木司『楽園ジューシー』感想/「ここではないどこか」に行っても幸せにはなれない

ウジウジと過去にしがみつく主人公に、「その気持ち、わかるよー」と共感しながら、読み終えました。 客観的にみると、痛いヤツにしか思えない主人公ですが、私もよく似た行動をとっていたことに気づいたからです。 現状に満足できずに、「ここ...
おすすめ小説

坂木司『ホテルジューシー』感想/もう少し肩の力を抜いても大丈夫

読み終わったときに、「もう少し肩の力を抜いても大丈夫だよね…」と脱力しました。 私も昔、主人公と同じように(それ以上に?)、毎日が戦いのような日々を過ごしてきたので、あるべき姿(正しさ)を追い求めて生きなくてもいいよね…と共感できまし...
おすすめ小説

崔実『ジニのパズル』感想/在日コリアン差別をするダサい大人にはなりたくない

気づけば、何度も「あぁ…」って呟いていました。 朝鮮学校に通っているだけで、理不尽な差別を受ける主人公の姿に心が痛み、また差別を当たり前のようにやってのける一部の日本人に、情けない気持ちと怒りが湧き上がってきたからです。 もちろ...
おすすめ小説

100年も猫をかぶり続けるの?内館牧子『今度生まれたら』

本性を出して、嫌われたり、傷つけられたりするのって、つらいですよね。 そこで、猫をかぶって、いい人を演じてしまいがちですが、内館牧子さんの小説『今度生まれたら』を読んで、今すぐ本性をさらけ出したくなりました。 「人生100年」と...
おすすめ小説

青山美智子『赤と青とエスキース』感想/恋愛も仕事も妥協しない生き方を

私たちは、自分のイメージを上回る人生を歩むことができません。 サラリーマンとして一生を終えたいと思っている人が、人気作家になったり、スポーツ選手として活躍する日など一生やってきません。 だからこそ、大きな夢をもって妥協せずに生き...
おすすめ小説

伊坂幸太郎『砂漠』感想/他人を批判するのはやめて批判される人になろう

人には大きくわけて2種類のタイプが存在します。 目の前のことしか見えない「近視眼型」と、上から全体を見渡す「鳥瞰型」です。 もちろん、どちらのタイプにも一長一短がありますが、「鳥瞰型」の人は「近視眼型」の人を見下す傾向があります...
おすすめ小説

モンスターペイシェントが医療の未来を閉ざす/南杏子『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』感想

日本のサービスは過剰だと言われています。 実際、日本で暮らす私たちは、荷物の宅配時に不在でもペナルティを受けなかったり、商品を購入すれば出口まで運んでもらえ、24時間空いているコンビニのおかげで、いつでも欲しいものが手に入るなど、過剰...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました