百田尚樹

おすすめ小説

百田尚樹『野良犬の値段』は命の値段を地位や名誉で決める社会は生きやすいのか?と考えさせられる物語

命の値段を何で決めていますか? もちろん、人の命に値段なんてつけられないとは思いますが、 百田尚樹さんの小説『野良犬の値段』を読んで、無意識のうちに地位や名誉で人の命に値段をつけていたことに気づかされました。 それだけでな...
おすすめ小説

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 ...
おすすめ小説

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気をもって生きていますか?  私はできるだけ勇気を出そうとしていますが、勉強や仕事、家事・育児など、やるべきことの多さに逃げ出したくなることがあります。  しかし、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んで、目の前のやる...
おすすめ小説

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』は人のために生きるのも悪くないかもしれないと思える物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  私はできるだけまわりの人たちと一緒に良くなる行動をとっているつもりですが、自分だけ幸せになれれば、他人はどうなったって構わない…と考えている人も多いように思います。  そんな...
おすすめ小説

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない!?

 人間に与えられた特権を使っていますか?  実は私たち人間には他の生物にはないある特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように過ごしている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風...
おすすめ小説

百田尚樹『影法師』感想/光あるところには必ず影が存在する!?

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで金儲けをし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました