どんでん返しに驚かされる小説【14冊】のおすすめランキングをご紹介

エンタメまとめ

ラストに衝撃の事実が明かされる物語はお好きですか?

私は大好きなので、「どんでん返し」が楽しめる小説はできるだけ読もうと思っています。

とはいえ、ただ衝撃が味わえるだけでなく、物語としても面白い小説をおすすめしたいと思います。

今回は、どんでん返しに驚かされる小説【14冊】のおすすめランキングを紹介します。

スポンサーリンク

どんでん返しに驚かされる小説【14冊】をランキング形式でご紹介

では早速、どんでん返しに驚かされる小説【14冊】をランキング形式で紹介します。

第1位 東野圭吾『容疑者Xの献身』

おすすめ度:5.0

  • 想いを寄せる女性を人生をかけて守ろうとする天才数学者に心が揺さぶられる
  • 自分勝手なヒロインに怒りが込み上げてくる
  • 明かされた真相に叫び出したくなるほどの衝撃を受ける
あらすじ
弁当屋で働く花岡靖子は、高校生の娘・美里と二人で幸せに暮らしていましたが、元夫の富樫に住所を特定され、家や職場に来てはお金を要求されるようになりました。しかも、冨樫は美里にまでちょっかいを出そうとしたので、思わず殺してしまいます。靖子は自首しようとしましたが、突然アパートの隣の住人・石神がやってきて、隠蔽に協力すると言い出しました。親しい間柄ではない石神の申し出に戸惑った靖子でしたが、協力をお願いしたところ…。

天才数学者の石神が、密かに想いを寄せていた花岡靖子が元夫を殺したことを知り、彼女を守るために人生をかけてアリバイ工作をする物語です。

警察にも崩せないアリバイを築き上げた石神に対して、靖子は鉄壁のアリバイに安心し、他の男性と二人きりでデートをするなど、その恩を忘れ、徐々に石神を疎ましく思う姿に怒りが込み上げてきましたが、他人の不幸の上に自分の幸せは築けないとわかる結末に心が揺さぶられました。

また、石神と湯川准教授の対決に引き込まれ、明かされた真相に叫び出したくなるほどの衝撃を受けましたが、それだけでなく、石神が四色問題を解いていた理由に涙が止まらなくなりました。

第2位 東野圭吾『赤い指』

おすすめ度:4.5

  • 義母を痛めつけ、息子を甘やかす母の姿に怒りが湧く
  • 前原一家と加賀親子の正反対のアプローチに問題の向き合い方を考えさせられる
  • 叫び出したくなるような衝撃のラストに心がかき乱される
あらすじ
照明器具メーカーに勤める前原昭夫は、母の政恵と妻の八重子、息子の直巳の4人で暮していました。しかし、八重子は政恵のことを嫌っており、何ひとつ世話をせずに冷徹に接していましたが、直巳には、腫れ物に触るかのように接し、ご機嫌取りをしていました。このような家庭問題に昭夫が目を背け続けてきた結果、わがまま放題に育った直巳が、近所に住む少女を殺してしまいます。昭夫は、またしても問題から目を背けようとして…。

自分の思い通りにいかないと、すぐにキレてしまうバカ息子の罪を、認知症になった母に押し付けて、問題から目を背けようとする家族の物語です。

ラストは叫び出したくなるほどの衝撃の展開に驚かされ、心がかき乱され、真心を踏みにじってきた家族に怒りと涙が止まらなくなりました。

一方で、前原一家のような家庭問題を抱えながらも、筋を通して親子の確執を乗り越えていく加賀恭一郎の姿に心が動かされました。

第3位 東野圭吾『悪意』

おすすめ度:4.0

  • 犯人と主人公の独白で物語が展開していく構成が面白い
  • いじめをする身勝手な人間の心の奥底にある凄まじい悪意に恐怖する
  • 二転三転する展開に驚かされる
あらすじ
人気作家の日高邦彦が何者かに殺害されます。容疑者は、日高の親友で、児童向け作家の野々口修と、中学時代にいじめをしていた兄がモデルの小説『禁猟地』に抗議をする藤尾美弥子の二人に絞られましたが、二人にはアリバイがありました。そこで加賀恭一郎は、野々口の手記に目をつけます。手記には事実と異なる点がありましたが、加賀は真相を見抜き、野々口に犯行を認めさせます。ところが、野々口は、なぜか動機については決して口を開こうとせず…。

人気作家を殺害した犯人の「悪意」に、加賀恭一郎が立ち向かうミステリーです。

ミスリードさせるために、犯人が意図して嘘を織り交ぜて書いた「手記」と、加賀恭一郎の「捜査記録」で物語が展開していく構成が面白く、少しでも早く真相にたどり着きたくて、一気読みしました。

ラストは二転三転する展開に驚かされ、いじめをする身勝手な人間の心の奥底にある「凄まじい悪意」に恐怖しました。

第4位 伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』

おすすめ度:4.0

  • 「過去と現在」2つの物語のつながりが気になって一気に読んでしまう
  • 哲学とユーモアでつらい現実を乗り越えようとする登場人物に引き込まれる
  • 悲しい物語なのにラストは爽やかな気持ちになれる
あらすじ
大学進学を機にアパートに引っ越してきた椎名は、隣に住む河崎から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われます。隣の隣に住むブータン人がアヒルと鴨の違いを知りたがっているので、広辞苑を盗んでプレゼントするというのです。椎名はこの誘いを断りきれず…。その2年前。ペットショップで働く琴美は、ペット殺しを楽しむ若者たちに追いかけられていました。公園で偶然出会った彼らに、「あんたたち、気持ち悪い」と感情に任せて叫んだからですが…。

ペット殺しに追いかけられる琴美の物語と、大学生になったばかりの椎名が、河崎に誘われて本屋を襲う手伝いをする物語、これら「過去と現在」2つの物語がリンクするサスペンス小説です。

目を背けたくなるような「つらい現実」に直面しても、ヤケを起こさずに、哲学とユーモアをもって行動していく登場人物の姿に心が揺さぶられました。

また、彼らの悲しい結末に心が痛み、タイトルに込められた真相に驚かされますが、とても悲しい物語なのに、読み終えた後は爽やかな気持ちになれました。

第5位 浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』

おすすめ度:4.0

  • 就職活動の闇を取り上げた物語に引き込まれる
  • 二転三転する展開が面白い
  • 見る角度によって、人はどのようにでも判断できることがわかる
あらすじ
人気SNSを生み出した企業の新卒採用で、最終選考に残った六人は、1ヶ月後に最高のチームを作ってディスカッションをするという課題を与えられました。人事からは、全員内定もあり得ると言われたので、彼らは協力して議論を深めていきますが、本番直前に課題の変更を言い渡されます。それは「ディスカッションをして六人の中から一人の内定者を決める」というものでした。仲間だと思っていた六人が、実はライバルだと告げられた彼らは…。

巧みな嘘を織り交ぜて勝ち残った六人が、最後の一枠をかけて内定を争うミステリーです。

最終選考で学生たちの裏の顔が明らかになっていく展開が面白く、中盤から終盤にかけては、二転三転する展開にまんまと騙され、読み終わった後は爽快感が味わえました。

短時間で人の本性を見抜くことなど不可能なのに、できるように見せかける企業と、嘘をつく学生たちの騙し合いに、就職活動の闇を突きつけられているように思えました。

第6位 今村昌弘『兇人邸の殺人』

おすすめ度:4.0

  • 圧倒的な強さを誇る超人が追いかけてくる展開にハラハラ&ドキドキする
  • 自分よりも相手を助けようとする主人公たちの姿に心が動かされる
  • 探偵だからといって謎を解く必要はないという視点が新しい
あらすじ
異質な研究を繰り返してきた斑目まだらめ機関のせいで、何度も死にそうになった葉村ゆずると探偵少女の剣崎比留子ひるこは、斑目機関に資金援助をしてきたという製薬会社の社長から、ある場所にきて欲しいと依頼されます。そこは、「生きる廃墟」として人気を博すテーマパークで、その中にある「兇人邸きょうじんてい」と呼ばれる建物に斑目機関の研究成果が隠されていると言うのです。そこで葉村たちは、兇人邸に潜入しますが…。

兇人邸と呼ばれる怪しげな建物に閉じ込められた葉村たちが、侵入者を次々と殺していく圧倒的な強さを誇る超人に追いかけられながら、殺人事件にも巻き込まれるミステリーです。

バイオハザードのような、圧倒的な強さを誇る超人から逃げるという展開に、ハラハラ&ドキドキするだけでなく、葉村と剣崎が自分よりも相手を守るために命がけで行動する姿に心が動かされました。

また、「探偵だからといって謎を解く必要がない」という視点が新しいミステリーでした。

第7位 今村昌弘『魔眼の匣の殺人』

おすすめ度:3.5

  • 予言を絶対的なものとして殺人事件を展開していく構成が新しい
  • ラストのどんでん返しに驚かされる
あらすじ
前作『屍人荘の殺人』で、ゾンビ事件に巻き込まれた葉村ゆずるは、事件を予言していた超能力者がいることを知ります。その人物に接触すれば、ゾンビ事件を引き起こした謎の組織・斑目まだらめ機関の情報が得られるかもしれないと考えた葉村は、剣崎比留子ひること共に、人里離れた村に向かいました。ところが、村に着くと、「明日から2日間に、この地で男女が二人ずつ、四人死ぬ」という予言を聞かされたので…。

葉村譲と剣崎比留子のコンビが、ゾンビ事件を予言した超能力者に会いに向かった村で、またしても殺人事件に巻き込まれるミステリーです。

「男女が二人ずつ、四人死ぬ」という予言を絶対的なものにすることで、その制約の中で殺人事件が展開していくという、他とは一味違うミステリーが楽しめました。

また、ラストは「まさか!」のどんでん返しに驚かされました。

第8位 知念実希人『硝子の塔の殺人』

おすすめ度:3.5

  • イメージしやすい個性的なキャラクターが魅力的
  • 序盤から引き込まれ、ラストはどんでん返しに驚かされる
あらすじ
大富豪・神津こうづ島太郎しまたろうは、名探偵や作家、刑事、霊媒師など、ミステリーに関連する人たちを、雪深き山奥にある「硝子の塔」に集め、ある発表をしようとしていましたが、彼のお抱え医師である一条遊馬に殺されます。ところが、その後。なぜか一条には身に覚えのない第二、第三の密室殺人が起こりました。そこで一条は、名探偵を自称するあおい月夜つきよの助手として犯人を見つけ出し、自分の罪をなすりつけようとしますが…。

「謎解き」「トリック」「頭脳派名探偵の活躍」という本格ミステリーの要素を散りばめながら、これまでの本格ミステリーとは一味違う展開が楽しめる小説です。

序盤は、「主人公の他に殺人犯がいる」というストーリーに引き込まれ、中盤から終盤にかけては、単純すぎる謎解きに「え!」とショックを受けますが、それがラストの仕掛けへと繋がっていく展開に驚かされました。

また、ミステリーマニアの登場人物たちが、熱心に語る40冊ほどの本格ミステリーに興味がわき、あわせて読んでみたくなりました。

第9位 城山真一『看守の流儀』

おすすめ度:3.5

  • 刑務所で起きた不可思議な事件の謎に迫る物語に引き込まれる
  • 次々と事件を解決する刑務官・火石司が魅力的で、その正体に驚かされる
あらすじ
加賀刑務所で副看守長を務める宗方むなかた秋広は、服役期間の四分の一を残して仮出所することになった源田陽一を心配していました。源田は、真面目に服役生活を送ってきましたが、一度堕ちた人間が這い上がるのは容易ではなく、再び戻ってこないかと思案していたのです。ところが、その心配を上回る事件が起こります。蛭川幸三という認知症の受刑者が、薬をアルミケースごと飲み込んでしまったのです。さらに、源田も更生施設から行方をくらませたので…。

加賀刑務所で印刷を請け負っていた大学の入試問題を、誰がどうやって外部に持ち出したのか?なぜ受刑者の健康診断記録とレントゲンフィルムが突然なくなったのか?など、刑務所内で起こった5つの事件に、敏腕刑務官・火石司が挑むミステリーです。

刑務所では、受刑者による暴動や逃走、事故死は絶対に防ぐ必要があり、なかでも事故死は、受刑者を社会復帰させることができないので、最大の失敗とみなされるなど、受刑者のために奮闘する刑務官たちの姿に驚かされました。

また、「火石マジック」と呼ばれるなど、驚くような方法で事件を解決していく火石司の魅力に引き込まれる一方で、顔に傷があり、刑務官たちが決して口にしないタブーがある火石の正体が気になって、ページをめくる手が止まらなくなりました。

第10位 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』

おすすめ度:3.5

  • 甘い恋物語と苦い恋物語という二部構成に心が揺さぶられる
  • ラストの2行に衝撃を受ける
あらすじ
大学4年生の鈴木夕樹は、人数合わせに誘われた合コンで成岡繭子と出会います。彼女に一目惚れをした鈴木でしたが、その日は何も行動できずに終わりました。しかし、その後。合コンメンバーで海に行こうと誘われます。このとき、彼女から電話番号を聞いた鈴木は、頻繁に電話をするようになり、合コンメンバーには内緒で食事に出かけるようになりました。さらに、ある出来事がきっかけで、二人は結ばれますが…。

合コンで知り合った女性と恋に落ちる淡い恋物語と、彼女を静岡においたまま、東京で仕事をすることになった苦い恋物語の、2つの物語で構成されるミステリーです。

「どんでん返しが楽しめる小説」として有名な本作ですが、ラストの2行を読むまで、まんまと騙されていました。

あまりの衝撃に、もう一度読み返したくなり、その真相に驚かされました。

スポンサーリンク

第11位 市川憂人『ジェリーフィッシュは凍らない』

おすすめ度:3.5

  • 雪山に閉じ込められた6人全員を他殺した犯人が気になる
  • ラストのどんでん返しに驚かされる
あらすじ
小型飛行船「ジェリーフィッシュ」を開発していたファイファー教授たち6人は、新型の最終飛行試験に臨んでいました。ところが、試験中にファイファー教授が毒を飲んで死にます。他殺の可能性があり、しかもジェリーフィッシュが制御不能になって、雪山に着陸したきり動かなくなったので…。それから数日後。九条れん刑事は、上司のマリアと一緒にジェリーフィッシュの墜落事故現場に向かいました。全焼した機体と6名の遺体が発見されましたが…。

小型飛行船「ジェリーフィッシュ」の飛行試験をしていた6人が、雪山に閉じ込められて、遺体となって発見された謎に迫るミステリーです。

ジェリーフィッシュに乗船していた6人全員が、他殺されたことに疑いはない一方で、外部犯の可能性も低いという展開に、犯人とトリックが気になって一気読みしました。

また、どんでん返しに驚かされ、次回作につながるラストに、すぐに続きが読みたくなりました。

第12位 澤村伊智『邪教の子』

おすすめ度:3.5

  • 新興宗教の犠牲になった同級生を救おうと奮闘する姿に引き込まれる
  • 二転三転する展開と、どんでん返しに驚かされる
あらすじ
11歳の飯田茜は、光明ヶ丘というニュータウンに引っ越してきましたが、いつまで経っても学校にはきませんでした。気になった慧斗けいとが先生に尋ねても、「くだらない人種だからどうでもいい」と言われます。そこで慧斗は、同級生たちと一緒に茜の家を訪れたところ、茜一家がコスモフィールドという新興宗教に入っていることを知ります。しかも、茜が母親に虐待されていることもわかったので、脱会屋に依頼して茜を救い出そうとしますが…。

引っ越してきた11歳の茜を、虐待する母親から、新興宗教から救い出そうとする物語と、テレビディレクターの矢口が、自分を捨てて新興宗教に走った母に会いに行く物語、これら2つの物語が交差するサスペンス小説です。

新興宗教の犠牲になった子どもたちの姿に心が痛むだけでなく、彼らの姿を通して、「洗脳」とは今いる場所から抜け出すと生きていけなくなることだと気づかされました。

また、二転三転する展開に驚かされ、どんでん返しに再び驚かされました。

第13位 東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』

おすすめ度:3.0

  • 舞台稽古と聞かされて集まった七人が、次々と姿を消す展開に引き込まれる
  • 事件が「芝居」か「現実」か気になってページをめくる手がとまらなくなる
あらすじ
有名な劇団の演出家である東郷陣平のオーディションに合格した七人の男女が、特別な打ち合わせだと聞かされてペンションに集められます。しかし、ペンションに着くと、東郷はおらず、「一人一人が脚本家となって推理劇を演じろ」と手紙で指示されました。そこで彼らは演技を始めますが、仲間がひとり、またひとりと消えていきます。しかも、血のついた凶器まで見つかったので…。

目の前で次々と仲間が消えていくのは果たして芝居なのか、それとも実際に起こった殺人事件なのか、という謎に迫る本格ミステリーです。

登場人物たちが、「実は殺人事件かもしれない、でも芝居だったら次の舞台で使ってもらえない…」と葛藤する姿に心が動かされ、ページをめくる手が止まらなくなりました。

また、ラストのどんでん返しに驚かされました。

第14位 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』

おすすめ度:3.0

  • 二人の男女が協力して狂言誘拐をする展開に引き込まれる
  • ラストのどんでん返しに驚かされる
あらすじ
広告プランナーの佐久間駿介は、日星自動車と一緒に進めていたプロジェクトが白紙になったと聞かされました。副会長の葛城勝俊が、「短期的に注目を集めることしかできない、考えの浅いプランだ」と言ったのが原因だったので、怒りを抑えられなくなった駿介は、葛城の家に向かったところ、塀を乗り越えて家出をしようとしていた娘の樹理と出会います。駿介は、家に帰りたくないという樹理と協力して狂言誘拐を計画し、お金を騙し取ろうとしますが…。

自信があったプロジェクトを潰された駿介が、ゲームには自信があるという葛城勝俊の鼻をあかそうと、葛城の娘・樹理と協力して狂言誘拐をするミステリーです。

警察に捕まらないように入念な計画を立てる駿介に対して、買い物やオシャレを楽しむなど、自由に振る舞う樹理との正反対コンビが面白く、続きが気になって一気に読みました。

また、ハラハラ&ドキドキする展開が楽しめるだけでなく、ラストのどんでん返しに驚かされました。

まとめ

今回は、どんでん返しに驚かされる小説【14冊】のおすすめランキングを紹介しました。

ラストに衝撃の事実が明かされる、驚きの物語ばかりなので、未読のものがあれば、この機会にぜひ読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました