おすすめ小説

伊藤潤『夜叉の都』感想/権力闘争に明け暮れた先に待っているものは?

仕事でもプライベートでも権力闘争に明け暮れていませんか? 私は権力に興味がないので、闘争する気はありませんが、それでも権力志向の人たちに絡まれることがあります。 そんなとき、権力闘争に明け暮れた先には一体何が待ち受けているのだろ...
おすすめ小説

柚月裕子『ミカエルの鼓動』感想/科学技術の発展だけでは幸せになれないことがわかる物語

科学技術が発展すれば幸せになれると思いますか? 私は幸せになれる部分もあると思っていますが、柚月裕子さんの小説『ミカエルの鼓動』を読んで、改めて科学技術の発展だけでは、幸せになれないことに気づきました。 どれだけ科学技術が発展し...
おすすめ小説

小野寺史宜『とにもかくにもごはん』感想/子ども食堂の必要性と運営する人たちの優しさが伝わってくる物語

子ども食堂をご存じですか? 私はテレビ番組で知り、大変な子たちがいるんだなぁ…と他人事として見ていましたが、小野寺史宜さんの小説『とにもかくにもごはん』を読んで、少し身近に感じました。 子ども食堂の必要性と、運営する人たちの優し...
科学・テクノロジー

「行列式」で求めているのは「体積の拡大率」

逆行列を手計算で求めるときに、「行列式」を習った人も多いと思いますが、そもそも「行列式」が何を求めているのか?を知らない人も多いように思います。 そこで今回は、「行列式」で求めているのが「体積の拡大率」になる理由と、「行列式」...
おすすめ小説

池波正太郎『鬼平犯科帳 1』感想/人情味溢れる行動と悪党を成敗する鬼平に心動かされる物語

池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳』を読んだことはありますか? 私は、「少し古い小説なので…」と敬遠していましたが、1巻を読んで、もっと早くに読んでおけば良かったと後悔しました。 悪党から怖れられる「鬼の平蔵」こと「鬼平」が、人情...
おすすめ小説

古内一絵『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』感想/誰かに期待するのではなく自らが風を起こす存在になろうと思える物語

誰かに仕事を与えられるのを待っていませんか? 私も最近は惰性で仕事をしていたので、古内一絵さんの小説『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』を読んで反省しました。 情熱を注ぎこめる仕事がしたいのなら、誰かに期待するのではなく、自...
科学・テクノロジー

「行列」による「座標変換」の基礎の基礎について

たとえば、自己位置推定をしながらロボットを目的地まで移動させたい場合、カメラの座標系から地図の座標系に変換するなど、ロボットの位置をある基準となるベクトル(基底)の座標から別の基準となるベクトルの座標に変換したくなることが多々ありま...
おすすめ小説

古内一絵『女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび』感想/他人の目を恐れずに自分らしく生きようと思える物語

他人の目を気にしていませんか? 私は昔と比べると気にならなくなりましたが、古内一絵さんの小説『女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび』を読んで、改めて他人の目を恐れずに、自分らしく生きようと思えました。 他人の目が気にな...
科学・テクノロジー

WindowsにUnityをインストールする方法

ゲーム開発でよく使われているゲームエンジン「Unity」をご存じですか? 「白猫プロジェクト」や「ポケモンGO」といったゲーム開発にも使われているゲームエンジンで、スマートフォンゲームの開発ではシェア50%以上を誇っています。 ...
おすすめ小説

伊藤潤『琉球警察』感想/イデオロギーを超えて大切にすべきものがあることを教えてくれる物語

政治的に右か左に寄っていませんか? 私は右でも左でもありませんが、伊藤潤さんの小説『琉球警察』を読んで、現在も沖縄を中心に繰り広げられている右・左の戦いに改めて嫌気がさしました。 イデオロギーを超えて大切にすべきものがあることを...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました