東野圭吾さんの『マスカレードシリーズ』【全4冊】の読む順番とおすすめをご紹介

エンタメまとめ

正反対の二人が、対立と協力を繰り返しながら事件の真相に迫るミステリーはお好きですか?

私は大好きなので、東野圭吾さんの『マスカレードシリーズ』はすべて読もうと思っています。

客に疑いの目を向ける新田浩介と、お客様は神様だと信じて疑わない山岸尚美という正反対の二人が、対立と協力を繰り返しながら、事件の真相に迫っていく展開に引き込まれるだけでなく、誰もが怪しく思えるので、犯人が気になってページをめくる手が止まらなくなるからです。

今回は、東野圭吾さんの『マスカレードシリーズ』【全4冊】の読む順番と、おすすめを紹介します。

スポンサーリンク

マスカレードシリーズの読む順番とおすすめポイント

では早速、『マスカレードシリーズ』【全4冊】の読む順番を(=発売日順に)紹介します。おすすめ度も参考にしてください。

1. マスカレード・ホテル

おすすめ度:4.0

  • 怪しげな客が次々と登場するミステリーに引き込まれる
  • 正反対な二人が同じ目的に向かって協力する展開が熱い
  • 想像を上回るラストに驚き、読み終わった後はスッキリできる
あらすじ
都内で不可解な連続殺人事件が起きます。犯人が残した暗号から、警察は次の犯行現場を「ホテル・コルテシア東京」と特定しましたが、容疑者もターゲットの目星もつけられずにいました。そこで警察は、若くて頭の切れる新田浩介をホテルマンに変装させて潜入捜査をさせますが、彼の教育係に就いたのは、新田とは正反対の山岸尚美でした。客に疑いの目を向ける新田に対して、お客様は神様だと考える尚美。二人は、それぞれの視点で犯人に迫りますが…。

不可解な連続殺人事件の犯人を捕まえるために、そしてお客様を守るために、新田浩介と山岸尚美がホテル・コルテシア東京にやってくる客の素顔を暴こうとするミステリーです。

目が見えないフリをして接触してくる老女や、「写真の男を私に近づけるな!」といって警護を要求してくる女性、何度も新田を指名して嫌がらせを繰り返す男性など、客の誰もが怪しく思え、ページをめくる手が止まらなくなりました。

また、「性善説」と「性悪説」といえるほど正反対な二人が、対立を乗り越え、「お客様を守り、犯人を捕まえる」という共通の目的のために協力する姿にグッときました。

2. マスカレード・イブ

おすすめ度:3.5

  • 『マスカレード・ホテル』につながる新田浩介と山岸尚美の物語に引き込まれる
  • 事件解決のために知らないところで協力する二人の姿が熱い
あらすじ
ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、あるお客様の秘密に気づきました。一方、東京で起きた殺人事件を捜査していた新田浩介は、殺された教授と同じ研究室で働く准教授を疑っていましたが、准教授はなぜかアリバイの証明にもなる「滞在していたホテル名」を明かさずにいました。殺人の疑いを晴らすよりも、守るべき秘密とは一体何なのか…。尚美と新田がそれぞれの視点で犯人の素顔に迫る!?

『マスカレード・ホテル』で活躍した新田浩介と山岸尚美が出会う前の物語を取り上げた前日譚です。

二人が直接出会うことはありませんが、それぞれの行動が間接的に助け合い、犯人逮捕へとつながっていく展開に引き込まれました。

もちろん、単独のミステリーとしても十分楽しめますが、『マスカレード・ホテル』につながるラストに、前作を読み返したくなりました。

3. マスカレード・ナイト

おすすめ度:4.0

  • あの名コンビが再び協力してお客様と犯人の素顔に迫る展開に引き込まれる
  • お客様からの無理難題を断らずに解決していく山岸尚美が魅力的
  • 捜査するほど深まっていく事件の謎が気になって一気読みしてしまう
あらすじ
練馬区で独居女性が殺されます。警察には匿名ダイヤルで通報が来ましたが、独居女性が自宅で亡くなっていたことを、なぜ通報者が知ることができたのかわかりませんでした。さらに、警察庁宛に一通の手紙が届きます。そこには、犯人がホテル・コルテシア東京のカウントダウンパーティに現れると書かれていました。こうして、新田浩介がホテルのフロントに再び立つことになり、コンシェルジュになった山岸尚美と協力して犯人を捕まえようとしますが…。

『マスカレード・ホテル』で活躍した新田浩介と山岸尚美が、ホテル・コルテシア東京で再会し、難題を持ち込むお客様と犯人の素顔に迫る物語です。

「今夜レストランを貸し切りにしてプロポーズをしたい」「今すぐ指定の装飾で食品用サンプルのケーキを用意してほしい」など、無理難題を持ち込む客の誰もが怪しく思える一方で、その難題を見事解決していく尚美が魅力的でした。

また、捜査が進むほど深まっていく事件の謎が気になるだけでなく、再会した二人が仮装パーティーを楽しむ大勢の客の中から、犯人を特定し、素顔を明らかにする展開にページをめくる手が止まらなくなりました。

4. マスカレード・ゲーム

※近日更新予定。

まとめ

今回は、東野圭吾さんの『マスカレードシリーズ』【全4冊】の読む順番と、おすすめを紹介しました。

正反対の二人が、対立と協力を繰り返しながら事件の真相に迫るミステリーが楽しめるだけでなく、誰もが怪しく思えるので、犯人が気になってページをめくる手が止まらなくなる小説ばかりなので、未読のものがあれば、この機会にぜひ読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました