新川帆立さんの『元彼の遺言状シリーズ』【全3冊】の読む順番とおすすめをご紹介

エンタメまとめ

何よりもお金が大好きで傲慢な女性はお好きですか?

私はあまり好きではありませんが、新川帆立さんの『元彼の遺言状シリーズ』は楽しめました。

お金のためには手段を選ばない剣持麗子が、ある事件をきっかけに変わっていく姿に引き込まれ、ページをめくる手が止まらなくなったからです。

しかも、ミステリーとしても面白いので、次回作が出るのが楽しみで仕方ありません。

今回は、新川帆立さんの『元彼の遺言状シリーズ』【全3冊】の読む順番と、おすすめを紹介します。

スポンサーリンク

新川帆立さんの元彼の遺言状シリーズ【全3冊】の読む順番をご紹介

では早速、新川帆立さんの『元彼の遺言状シリーズ』【全3冊】の読む順番を(=発売日順に)紹介します。おすすめ度も参考にしてください。

1. 元彼の遺言状

おすすめ度:4.0

  • 元彼がなぜ自分を殺した犯人に全財産を譲ろうとするのか気になる
  • お金を手に入れるために手段を選ばない主人公が面白い
  • ラストの畳み込むような展開に引き込まれる
あらすじ
弁護士の剣持麗子は、付き合っていた彼氏から結婚して欲しいと指輪を渡されましたが、「定番な指輪で私と結婚できると思っているの?」と問い詰め、置き去りにしました。しかし、その翌日。働いていた法律相談事務所の人事面談で、減給だと告げられます。高飛車でギラギラした麗子の評判が悪く、チームとして仕事をするのは難しいと言われたのです。これに反発して仕事を辞めると言い出した麗子は、暇を持て余して、元彼にメールを送ったところ…。

インフルエンザで亡くなった元彼の遺言状に、「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」と書かれていたことを知った剣持麗子が、1080億円近くある遺産を手に入れるために、元彼の友人である篠田と協力して、篠田が犯人だと主張するミステリーです。

なぜ元彼は自分を殺した犯人に全財産を譲ろうとしたのか?元彼の顧問弁護士はなぜ殺されたのか?など、気になる謎が次々と提示されるので、ページをめくる手が止まらなくなりました。

また、お金を手に入れるために、頭を働かせて、想像を上回る方法を考え出す麗子の魅力に引き込まれる一方で、彼女の姿を通して、「お金ばかり追い求めるのは、本当に欲しいものを見失っているから」ということに気づかされました。

2. 倒産続きの彼女

おすすめ度:4.0

  • 入社した会社が次々と倒産する女性の正体が気になる
  • 正反対の二人が協力する展開に心が動かされる
  • 序列に捉われずに自由に生きようと思える
あらすじ
婚活に励む弁護士の美馬玉子は、苦手意識のある一年先輩の剣持麗子と共に、ある調査を命じられました。有名なアパレル企業・ゴーラム商会が倒産の危機に瀕しているのは、経理部の近藤まりあが関係していると内部通報があったので、その真相を調べろというのです。まりあが働いてきた会社は、すべて入社後2、3年で倒産していること、また彼女が給料に見合わないブランド品を身につけていたことから、玉子たちは不正を働いているのでは?と疑いますが…。

おばあちゃんと二人暮らしをしている美馬玉子と、先輩の剣持麗子が、入社した会社が次々と倒産する近藤まりあの正体に迫る物語です。

おばあちゃんの世話をするために、できるだけお金を使わないように節約したり、必死になって働いてきた玉子が、正反対の麗子に嫉妬心を抱きながらも、徐々に打ち解け、協力して事件の謎に迫る展開に心が動かされました。

また、おばあちゃんと自分を守るために、お金や権力などの序列を大切にしてきた玉子が、そんなものに捉われずに、自分の好きに生きようと変わっていく姿に励まされました。

3. 剣持麗子のワンナイト推理

おすすめ度:3.0

  • お金のために行動してきた麗子が、お金にならない仕事を引き受けるのが面白い
  • ラストにすべてがつながっていく展開に引き込まれる
あらすじ
『元彼の遺言状』で亡くなった弁護士・村山権太の業務を引き継いだ剣持麗子は、そのせいで面倒なわりにお金にならない仕事ばかりが舞い込んできました。進藤不動産の社長が殺された事件もそのひとつ。武田信玄と名乗る男から夜中に呼び出された麗子は、仕方なく警察署に向かいますが、その男は本名も住所も明かしませんでした。麗子は翌日に控えた仕事に取り掛かれるよう、朝までに解決しようとしますが、橘という変わった刑事まで絡んできたので…。

面倒だけどお金にならない仕事が次々と舞い込んでくるようになった剣持麗子が、朝が来るまでに事件を解決しようと奮闘する物語です。

本名も住所も明かさない男の正体は?二人きりの密室で死体を見つけた男は本当に無実なのか?亡くなった先輩弁護士がすぐに復活して、再び亡くなった理由は?など、不可思議な事件の謎に迫るミステリーに引き込まれました。

また、ラストはすべての事件がつながっていく展開に、ページをめくる手がとまらなくなりました。

まとめ

今回は、新川帆立さんの『元彼の遺言状シリーズ』【全3冊】の読む順番と、おすすめを紹介しました。

ミステリーとして面白いだけでなく、剣持麗子の魅力にも引き込まれる小説なので、未読のものがあれば、この機会にぜひ読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました