「自分のやりたいこと」を今すぐ見つける方法

ライフハック

自分のやりたいことがわからない…と悩んでいませんか?

そんなとき、頑張って見つけようとすればするほど深みにハマっていきますが、実は3つの要素を明らかにするだけで、すぐにでもやりたいことは見つかります。

やりたいことがわからなくなるのは、自分にとって「メリットがあること」を「やりたいこと」だと思い込んでいるからなんですよね。

スポンサーリンク

自分の外側ではなく内側を基準に選ぼう

では、具体的にどうすればやりたいことは見つかるのでしょうか。

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』によると、自分の内側にある「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」の3つの要素を明らかにすることで、すぐにでもやりたいことが見つかるといいます。

しかし、多くの人は「お金が稼げるか?」「人から尊敬されるか?」「人気があるか?」など、自分の外側にある基準(メリット)で選ぼうとするので、やりたいことがわからなくなるんですよね。

しかも、メリットで選んでしまうと、時代の変化が早いこともあり、10年後20年後には想定していたメリットがなくなっている可能性が高く、再び同じ悩みにぶち当たります。

だからこそ、自分の外側ではなく、内側にある基準でやりたいことを見つけることが大切なのです。

「大事なこと」「得意なこと」「好きなこと」を明らかにする

ここからは、実際にやりたいことを見つけていきましょう。

先ほども紹介したように、やりたいことを見つけるには、「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」の3つの要素を明らかにします。

1.「大事なこと」とは?

この3つのなかで、最初に明らかにするのは「大事なこと」です。

「大事なこと」とは、状態を表しています。

たとえば、自由に生きたい、人に優しく生きたい、安心して生きたい、熱中して生きたいなど、自分がどういった状態で生きたいかを考えます。

私であれば、「夢中に生きたい」が大事なことです。

この大事なことを中心に置くと、自分もお客さんも満たされて飽きない仕事ができるようになります。

私の例でいえば、自分が夢中になれて、お客さんも夢中になれる仕事を選ぶことが大切なんですよね。

ちなみに、大事なことを「お金持ちになりたい」「有名人になりたい」といった利益志向で選ぶと、たとえ達成できたとしても、ネガティブ感情が高まることが、ロチェスター大学の研究で明らかになっています。

そのため、利益志向になりがちな方は、「お金持ちに(有名人に)なって、その先どうなりたいか?」を考えるようにしましょう。

そうすれば、自分にとって大事なことがハッキリするはずです。

2.「得意なこと」とは?

次に明らかにするのは「得意なこと」です。

「得意なこと」とは、自然に人よりも上手くできて、やっていて苦にならず、心地よいことです。

たとえば、計画を立てるとか、問題を解決するとか、新しいことを始めるとか、たくさんの人と知り合うなど、仕事でなくても、普段から自然にできていることです。

なぜ得意なことを明らかにするのかというと、自分を変えるための努力ではなく、自分を生かすための努力をするためです。

そして「得意なこと」を尖らせて、代わりのない存在になることを目指します。

私でいえば、「じっくりと考える」「体系的に説明する」が得意なことです。

3.「好きなこと」とは?

最後に「好きなこと」を明らかにします。

「好きなこと」とは、自分の情熱がある分野のことです。

たとえば、心理学、環境問題、ファッション、医療、ロボット、デザインなどがそうです。

その分野の話を聞くと、興味が湧き、もっと知りたいと感じることです。

私でいえば、「読書」がそうです。

こうして、「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」を明らかにできれば、最後にこれらをかけ合わせて、「本当にやりたいこと」を見つけます。

スポンサーリンク

3つの要素を掛け合わせて本当にやりたいことを見つける

まずは、先ほど明らかにした「好きなこと」と「得意なこと」をかけ合わせて、「やりたいこと」を見つけます

私を例に考えると、

「本」×「じっくりと考える」 → 本を読んで分かりやすく説明する
「本」×「体形的に説明する」 → 本の魅力を体系的に伝える

が「やりたいこと」です。

次は、この「やりたいこと」が「大事なこと」につながるかを考えます。

私の例で考えると、「夢中に生きたい」が大事なことなので、

本の魅力を体形的に伝えることで、自分だけでなく読者にも本の魅力に夢中になってもらう

が、「本当にやりたいこと」になります。

その手段として、このブログを運営しているんですよね。

こうして本当にやりたいことが見つかれば、あとはそれに向かって行動していくだけです。

もちろん、「本当にやりたいこと」がすぐにお金になるとは限りませんが、

将来のために好きでもないことに手を出すのはやめて、試行錯誤しながら、本当にやりたいことを磨き上げていきましょう。

まとめ

今回は、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を参考に、「自分のやりたいこと」を今すぐ見つける方法を紹介してきました。

  • 「大事なこと」「得意なこと」「好きなこと」を明らかにする
  • 3つの要素を掛け合わせて本当にやりたいことを見つける

「やりたいことがわからなくなった…」と悩んでいる方は、今すぐお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました