藤岡陽子『金の角持つ子どもたち』感想/中学受験に挑戦する子どもたちを全力で応援したくなる

おすすめ小説

中学受験に対してネガティブなイメージを持っていませんか?

私はネガティブなイメージを持っていたので、子どもが中学受験をしたいと言い出したときに、「無理のない範囲で…」と、リミッターをかけました。

しかし、藤岡陽子さんの小説『金の角持つ子どもたち』を読んで、それではダメだと気づいたんですよね。

全力で勉強に挑戦した経験こそが、自信になり、武器になるのに、その武器を磨く行為を制限していたことに気づいたからです。

スポンサーリンク

あらすじと内容紹介

「スポーツに励む子どもは無条件に応援されるのに、塾通いをする子どもを世間が取り立てて称賛することは少ない」

サッカー選手を目指していた小学六年生の俊介が、地区の選抜メンバーに選ばれなかったことを機に、サッカークラブを辞めて、中学受験に挑戦する姿が描かれている小説です。

なぜ、それほど勉強が得意ではなかった俊介が、「夢がある」と言って、日本で一番難しい中学校を目指すのか?が気になって、ページをめくる手が止まらなくなりますが、

それだけでなく、俊介が中学受験に挑戦する理由にも、俊介の母の物語にも、俊介を担当することになった塾講師の物語にも胸が熱くなりました。

スポーツであれ、勉強であれ、子育てであれ、目の前のことに全力で挑戦した経験こそが、自信になり、武器になるのだと、気づかせてくれる小説です。

『金の角持つ子どもたち』の感想(ネタバレあり)

ここからは多少のネタバレありで感想を書いていきます。

物語の核心を突くようなネタバレは避けていますが、それでも気になる方は、本書を読み終わった後に再び訪れてください。

中学受験を批判する人たちのネガティブな感情に衝撃を受ける

小学六年生の俊介が、「サッカークラブを辞めて中学受験がしたい」と言うと、父・浩一は反対しました。

私立に通わせるほどのお金がなく、先天性の難聴がある妹・美音も小学校に進学するので、サポートが必要だからと言いましたが、これが本当の理由ではありませんでした。

浩一は、頭が良くなかったので、学歴がない分、努力と根性で、厳しい環境でも歯を食いしばって生きてきました。

しかし、良い大学を出ている人たちが次々と出世していく姿を見て、ひがんでいたのです。

だからこそ、俊介にも簡単に追い抜かれそうな気がして、嫉妬していたんですよね。

そんな浩一を育てた祖母も、俊介が塾に通い始めると、子どもたちが可哀想だと批判し始めました。

浩一を学力ある大人に育てられなかったので、自分の子育てを否定されたように感じていたのかもしれません。

また、俊介の友達の父親も、「中学受験は無意味だ」と批判しましたが、それは自分の息子よりも俊介が賢くなることを恐れていたからだと思います。

さらに、担任の先生からも、「長時間勉強するのは肯定できない」と言われましたが、それは先生としての限界を突きつけられているように感じていたからでしょう。

このように、中学受験を批判する人たちが抱いている、あまりにも強いネガティブな感情に衝撃を受けました。

本当に可哀想なのは夢が持てないまま大人になることだとわかる

その一方で、俊介の母・菜月は、「自分にも夢がある」と言って、中学受験をしたいと主張する息子に感動していました。

親のせいで高校を中退させられ、夢が持てなくなった自分とは違う人生を歩もうとする俊介に感動し、応援しようと決意します。

だからこそ、義母から、

「遊ぶ時間もないほど長時間勉強させるなんて可哀想」
「友達との会話もままならない美音を学童保育に入れるなんて可哀想」
「夢を叶えられる人なんて一握りなのよ」

と口出しされたときも、これまで義母に対して何ひとつ反論したことのない菜月でしたが、

「俊介は毎日必死で勉強しています。その姿を見て感動しています。あの子の人生は私が責任を持ちます。だからお願いです。俊介には受験や塾に対して否定的なことを言わないでください。沿道から石を投げるようなことはしないでください」

と、俊介の夢をつぶされないように必死に反論するんですよね。

菜月は、遊ぶ時間もないほど勉強することよりも、自分のように夢が持てないまま大人になることの方が可哀想だと身を持って実感していたからです。

このように、夢を持つ子どもを全力で応援する菜月の姿に心が動かされる物語ですが、

それだけでなく、本当に可哀想なのは、毎日遊ぶ時間もないほど勉強することではなく、まわりに流されて、夢が持てないまま大人になることだと気づけました。

スポンサーリンク

中学受験に挑戦する子どもたちを全力で応援したくなる

さて、ここまで書いてきたように、中学受験を批判する人たちは、強いネガティブ感情を持っています。

祖母も、俊介がサッカークラブに入って必死になっているときは何も言わなかったのに、塾に通い始めると口出ししてきました。

その背景には、大人になった誰もが、「学力は人生を裏切らない」ことを知っているからだと思います。

自分よりも上手く人生を歩んでいくことに対する嫉妬があるように思います。

もちろん、幼い頃からそこまで必死にならなくても…という思いもあるのでしょうが、今の日本は、自分に自信がなければ逃げ出したくなるほどの危機的状況です。

社会に出て、初めて立つマウンドが、ノーアウト満塁のようなものです。

そんな状況下で、何も学ばずに大人になれば、どんな未来が待っているかは明らかです。

だからこそ、難問に逃げずに立ち向かう力や、問題解決への思考力、情報を読み取る力、ひたすら地道な反復練習や暗記など、

仕事をする上で必ず役に立つ勉強に全力で挑戦することは、批判すべきことではなく、応援すべきことだと思えたんですよね。

努力さえすれば、これといって取り柄のなかった子どもの拠り所になり、親から受け継いだ、社会での立ち位置を覆すこともできます。

このように、中学受験に挑戦する子どもたちを全力で応援しようと思える物語が描かれていますが、

それだけでなく、俊介が中学受験に挑戦する理由にも、俊介の母の物語にも、俊介を担当することになった塾講師の物語にも胸が熱くなる小説でした。

まとめ

今回は、藤岡陽子さんの小説『金の角持つ子どもたち』のあらすじと感想を紹介してきました。

  • 中学受験を批判する人たちのネガティブな感情に衝撃を受ける
  • 本当に可哀想なのは夢が持てないまま大人になることだとわかる
  • 中学受験に挑戦する子どもたちを全力で応援したくなる

以上、3つの魅力がある物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました