webstation plus

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)


 人間らしく生きていますか?

 私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。

 今回は、『漫画 君たちはどう生きるか』のあらすじと「人間らしく生きる」ためのヒントを紹介します。

 『漫画 君たちはどう生きるか』のあらすじ

 小学生の潤一は、友人を裏切り、取り返しのつかないことをしたと後悔していました。

 そんな潤一を励ましたのが、元編集者の叔父さん。彼はこれまで潤一と過ごした日々を励ましのメッセージと共にノートにメモしていました。

 そこに書かれていた内容を読んだ潤一は――。

 「これまでの生き方で大丈夫?」と自分に問いかけたくなる漫画です。

 人間らしく生きるためのヒント

 ここでは『漫画 君たちはどう生きるか』から人間らしく生きるためのヒントをいくつか紹介します。

 心に響いた内容があれば、ぜひ実践してください。

1. 自分中心に物事をみない

 昔、宇宙は地球を中心に回っていると考えられていました。この説に異議を唱えたのがコペルニクスです。彼は、太陽を中心に地球が回っていると考えたんですね。

 この考えによって多くのことが証明できるようになりましたが、当時権力を持っていた教会からは受け入れられず、迫害されることに。

 もちろん、私たちはコペルニクスが説いた地動説が正しいことを知っています。しかし、当時の教会のように「自分」を中心に物事を捉えてしまいがちなんですよね。

 たとえば、自分だけ得をしたい、楽をしたい、辛い想いをしたくない…などなど。

 しかし、このような手前勝手な考えに陥っている限り、物事の真相はわかりません。地球が中心に回っていると考えていた教会と同じように、歪んだ現実を見ることになるからです。

 人間らしく生きるとは、自分という狭い視野にとらわれず、他人の気持ちに想いを馳せる力を持つことなのかもしれませんね。

2. 感動した体験から思想を深める

 自分の考えを大切にしていますか。

 仕事や勉強ができて、行儀もよく、世間の誰からも悪く言われない、難の打ちどころがない人間になろうとしていませんか。

 もし、そうだとしたら今すぐやめるべきです。なぜなら、ありのままの自分ではなく、他人の目に立派に見えるように生きることになるからです。

 小説や映画、音楽などに触れると感動することってありますよね。それは、本来の自分と共感するところがあるからです。

 つまり、自分が心から感じたことを大切にしていけば、さらにそこから考えを進めていけば「自分の思想」を持つことができます。

 反対に、他人の目ばかり気にしていると、ロボットのような虚ろな存在になることに…。

 人間らしく生きるには、自分の感情と向き合うことが大切なんですね。

3. 学問の頂上まで登り切って仕事をする

 勉強していますか。

 私たちが勉強するのは、一人で経験できることに限りがあるからです。これまで多くの人たちが経験してきたことを学び、そこからスタートするために勉強するわけです。

 もし、勉強せずに猿同然のところからスタートしていたら、新しいものなんて生み出せませんよね。

 だからこそ、出来るだけ勉強して、学問の頂上にたどり着く必要があるわけです。

 さらに、これからの人類のために、まだ解決していない問題に挑戦していく――。

 こうして未来にバトンタッチしていく生き方が人間らしい生き方なんですね。

4. 消費するだけでは価値がない

 私たちが生きていくために必要なものは、すべて誰かの労働によって生み出されています。

 毎日の食事、お菓子、鉛筆や消しゴム、服、学問や音楽、絵画などなど。

 しかし、世の中を見渡してみると、何も生産せずに、大きな顔をして豪邸に住んでいる人たちがいます。お金を持っているだけで偉そうに振舞っている人たちがいます。

 では、何も生産しない金持ちと、貧乏でも生産している人とでは、どちらが私たちの生活に貢献しているのでしょうか。

 先ほど紹介した未来にバトンタッチしていくという視点で考えても、生産している人たちの方が立派なのは明らかですよね。

 つまり、人間らしく生きるとは、他人のために何かを生み出すことです。儲かるだけでなく、誰かの役に立つ仕事をしていきたいですね。

5. 犯した過ちを認める

 犬や猫などの動物でも悲しみや苦しみを感じますが、私たち人間だけが感じる苦痛があるそうです。

 それが、犯した過ちを悔いる苦痛。

 とはいえ、自分の失敗を認めるのは辛いですよね。

 だからこそ、嘘をついたり、他人のせいにしたり、誤魔化したりするわけですが…。

 これでは、いつまで経っても成長できません。そもそも、自分の過ちを認められないのは、そこから立ち直れる自信がないからです。

 しかし、私たちは、誰もが自分で自分の生き方を決める力を持っています。だからこそ、失敗もするし、後悔するような過ちも犯します。また、だからこそ、過ちからも立ち直ることができるのです。

 人間らしく生きるとは、ありのままの自分を認め、そこから一歩踏み出す勇気を持つことなのかもしれませんね。

 最後に

 今回は、『漫画 君たちはどう生きるか』のあらすじと「人間らしく生きるためのヒント」を紹介しました。

 私は、この漫画を読んで自分の生き方を見直し、行動しはじめました。きっと数年後には、立派な人間になっているはず!?

 詳しい内容が知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …