Windows10にUbuntuをインストールする方法(Windows Subsystem for Linux)

PC関連

Windows10では、Windows Subsystem for Linux(WSL)という仕組みにより、簡単にUbuntu環境を構築できます。

そこで今回は、他の仮想環境を構築するよりも簡単なWSLを有効化してUbuntuをインストールする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows Subsystem for Linux(WSL)とは?

一言でいうと、Microsoftが提供しているWindows上で動作するLinuxエミュレータです。

1台のPCでWindowsとLinuxを動作させることができ、Windows側からもLinux側からもファイルやフォルダにアクセスできるので、とても便利です。

プログラミングをしている方は、ぜひ有効化しておきたい機能です。

スポンサーリンク

WSLによるUbuntuのインストール方法

1. Windows Subsystem for Linux(WSL)の有効化

WSLを利用するには、WSL機能を有効化する必要があります。

その方法は2つあります。ひとつは、管理者モードでPowerShellを起動し、下記のコマンドを実行して有効化する方法です。

PS C:\Windows\system32> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

ちなみに、管理者モードでPowerShellを起動するには、スタートメニューの「Windows PowerShell」をクリックし、「Windows PowerShell」で右クリック、「その他」→「管理者として実行」を選択すればOKです。

もうひとつの方法は、GUI設定で有効化する方法です。

「設定」→「アプリ」→「プログラムと機能」とクリックしていきます。

次に、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

その後、「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れ、「OK」を押します。

すると、変更の適応が始まるので、完了後に「今すぐ再起動」を選択して再起動します。

これでWSLが有効化できました。

2. Ubuntuのインストール

では、次にUbuntuをインストールします。

スタートメニューの「Microsoft Store」をクリックして立ち上げ、右上の検索窓で「Ubuntu」と入力します。

検索結果として表示された「Ubuntu」を選択します。私は「Ubuntu 18.04 LTS」をインストールしたかったので、そちらを選択しました。

次に、「入手」ボタンをクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードが完了すれば、スタートメニューに「Ubuntu 18.04 LTS」が追加されるので、選択して起動します。

起動すると、「ユーザー名」と「パスワード」を求められるので、設定すればインストール完了です。

スポンサーリンク

初期設定

必要に応じて設定していただければと思いますが、WSLでUbuntuを使いやすくするための初期設定を一部紹介します。

パッケージのアップデート

まずはインストールしたパッケージをアップデートします。

sudo apt update
sudo apt upgrade

gccやmake

C/C++で開発するときに必要なgccやmakeなどのツールをインストールします。

sudo apt install build-essential

sshサーバ起動

すでにSSHはインストールされているので、起動設定を行います。

パスワードで認証したい場合は、以下のコマンドでconfigを開いて、

vi /etc/ssh/sshd_config

56行目あたりにあるパスワード認証を許可するように変更します。

PasswordAuthentication yes

次に、鍵を生成してローカルから接続できるようにします。

sudo ssh-keygen -A

その後、sshのサービスを開始します。

sudo service ssh start

UbuntuとWindowsのファイル共有方法

UbuntuからWindows上のファイルにアクセスする方法

WindowsのCドライブがUbuntuの「/mnt/c」にマウントされているので、「/mnt/c」からWindows上のファイルにアクセスできます。

WindowsからUbuntu上のファイルにアクセスする方法

Ubuntuのターミナル上で、以下のコマンドを入力すれば、今いる場所のフォルダが開けます。

explorer.exe .

まとめ

今回は、Windows10にWSLを有効化してUbuntuをインストールする方法を紹介してきました。

これで効率よくプログラミングができるようになるので、開発者はぜひインストールしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました