webstation plus

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。

 このコメントに回答するには、エンターテイメントのための読書がどんなものなのかを定義する必要がありますよね。

 また、私が読書をする理由もあわせて書く必要があると思います。

 君たちはどう生きるか

 2年ほど前、『漫画 君たちはどう生きるか』がベストセラーになりました。

 80年以上前に書かれた小説を漫画化したものですが、ここには「なぜ勉強するのか」「何のために仕事をするのか」「どう生きるつもりなのか」という根源的な問いが書かれています。

 では、なぜこの漫画がベストセラーになったのでしょうか。

 もちろん、いくつか要因はあるでしょうが、私は多くの人が自分の人生に疑問を持っているからだと思います。このままの生き方で大丈夫かな…という漠然とした不安があるからだと思います。

 ところが、「内容が薄っぺらい」とか、「大人には当たり前のことが書かれている」なんて、上から目線のレビューが散見されるんですよね。

 そんなレビューを書いた人こそ、この本を読んだ価値がない、ただ時間を消費しているだけのエンターテイメントのための読書をしています。

 「知っている」と「行動出来る」の間にある溝

 そもそも、タイトルをみれば教訓めいたことが書かれているのは一目瞭然です。それなのに「教訓めいている」と上から目線でレビューするのはバカみたいですよね。

 さらに言えば、「この本に書いてあることは大人になれば誰もが知っている」「内容が薄い」とレビューしている人もバカだと思います。

 この本に書かれている内容を実践していれば、そもそも自己啓発系の本を読む必要がありません。本を読まなくても充実した人生が過ごせているはずです。

 それなのに、この本を読んで上から目線でレビューを書くのは、「知識として知っている」だけで「行動する」ことが出来ていないからですよね。

 そのことに気づかなければ、どれだけ読書を重ねても消費しているだけです。何も生み出せません。

 なぜ、私は読書をするのか

 私はこの二つの溝を乗り越えるために読書をしています。

 先ほど、「大人だったら誰でも知っている」というレビューを取り上げましたが、そんなことは著者だってわかっているはずです。

 しかし、私たちは同じ話を何度聞いても変われません。だからこそ似たような話を何度も聞くしかないんです。そうして行動を少しずつ変えていくしかないんです。

 こう考えると、これまで私がやってきた「本のサマリーを書いて行動しない」というのは、「上から目線のレビューを書いている」のと大差ありませんよね。

 だからこそ、私は自分を主として、本を従とした読み方に変えようと思い、この前のエントリを書きました。

 上から目線で語ったり、著者の意見に頷くだけのエンターテイメントのための読書はやめ、自分が学んだこと、それを実践した結果をアウトプットする読書に切り替えたんですよね。

 …と、前回のエントリの補足的な内容を書きましたが、伝わったでしょうか。

 ちなみに、エンターテイメントのための読書をする人を否定するつもりはありません。むしろ、楽しそうでいいなとさえ思います。

 ただし、すでに多くの時間をゲームというエンターテイメントに捧げてきた私には時間がないんですよ。残りの人生で夢中になることを見つけて、やりきるにはエンターテイメントを消費するだけの時間がないんですよ。

 そんな私のように生き急いでいる人にオススメの本がこちら。

 関連記事

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …