webstation plus

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 週刊少年ジャンプに連載中の『ワールドトリガー』。現在は休載中ですが読めばハマること間違いなしのSF漫画です。

 というわけで、今回は『ワールドトリガー』の感想とおすすめポイントを紹介していきます。

 『ワールドトリガー』のあらすじ

 28万人が住む三門市で突然、異世界への門(ゲート)が開きました。ゲートからはネイバーと呼ばれる怪物が現れ、多くの人たちを恐怖に陥れましたが、謎の組織・ボーダーが彼らを撃退。ここからネイバーvsボーダーの闘いが始まります。

 物語の舞台はそれから4年後の三門市。ボーダーに所属する三雲修(みくも おさむ)とネイバーの空閑遊真(くが ゆうま)が出会うところから物語が始まります。

 弱くてもカッコいい三雲修

 主人公のひとりである三雲修は、ボーダーに所属していますが、ネイバーのザコひとり倒せません。そのため最下層のCランクに位置づけられているのですが、考え方がカッコいいので応援したくなるんですよね。

 たとえば、嫌がらせをしてくる同級生がネイバーに襲われたとき、「なんでお前が助けに行くんだ!?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と答えます。他にも、「なんで死にかけてでも人を助けるんだ?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 と答えます。自分の信念に生きる姿がカッコよすぎなんですよね。

 それだけでなく、自分が弱いことを認めた上で自分にできる闘い方を模索してく姿に共感すること間違いなし!?

 圧倒的な強さのネイバー 空閑遊真

 修とは対照的に圧倒的な強さを誇るのがもうひとりの主人公・空閑遊真。彼は異世界からやってきたネイバーですが、地球人に好意的です。

 しかし、異世界からやって来ただけあって、いわゆる常識がありません。たとえば、「骨が折れたから金をよこせ」と絡んできた不良に対して、

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と、実際に骨を折って要求されたお金を支払います。相手の言葉をそのまま受け取るんですよね。

 とはいえ、強さは本物です。ボーダーAランクに所属している隊員と互角以上の闘いを繰り広げます。

 そんな圧倒的な強さを誇る空閑とマジメだけが取り柄の修、そしてもう一人の主人公・雨鳥千佳が組んで、ある目的を果たすためにボーダーの上位ランクを目指すのがワールドトリガーの大まかなストーリーです。

 修たちの邪魔をする大人たち

 ある目的を果たすためにチームを組んだ修たちでしたが、目的達成を阻止しようとする動きが働きます。それがボーダー上層部の大人たち。

 ボーダーと一言でいっても、一筋縄ではありません。大きく3つの派閥にわかれています。

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 この3つの派閥が争わないように、協力してネイバーと戦えるように行動しているのが四人目の主人公・迅悠一(じん ゆういち)。

 彼の登場によってネイバーとの闘いだけでなく、大人たちとの思想戦も楽しめます。

 最後に

 現在、18巻まで出ている『ワールドトリガー』。新たなネイバーが仲間に加わるなど、さらに面白くなりそうな予感がする漫画です。しかし、残念ながら作者が病気のため休載中。1日も早く復帰されることを願っています。

 とにかく、『ワールドトリガー』はオススメのSF漫画。興味を持たれた方は是非。

 関連記事

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が舞台のミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

理不尽な出来事もいつかは終わる/『首折り男のための協奏曲』

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕の …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …