webstation plus

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワールドトリガー』。現在は休載されていますが、バトルだけでなく思想戦も楽しめるので、読めばハマること間違いなしのSF漫画です。

 今回は『ワールドトリガー』の感想とおすすめポイントを紹介します。

 『ワールドトリガー』のあらすじ

 28万人が住む三門市で突然、異世界への門(ゲート)が開きました。ゲートからはネイバーと呼ばれる怪物が現れ、多くの人たちを恐怖に陥れましたが、謎の組織・ボーダーが彼らを撃退。ここからネイバーvsボーダーの戦いが始まります。

 物語の舞台はそれから4年後の三門市。ボーダーに所属する三雲修(みくも おさむ)とネイバーの空閑遊真(くが ゆうま)が出会うことで物語が始まります。

 弱くてもカッコいい三雲修

 主人公のひとりである三雲修は、ボーダーに所属していますが、ネイバーのザコひとり倒せません。そのため最下層のCランクに位置づけられているのですが、考え方がカッコいいので応援したくなるんですよね。

 たとえば、嫌がらせをしてくる同級生がネイバーに襲われたとき、「なんでお前が助けに行くんだ!?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と答えます。他にも、「なんで死にかけてでも人を助けるんだ?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 と答えます。自分の信念に生きる姿がカッコよすぎなんですよね。

 それだけでなく、自分が弱いことを認めた上で自分にできる戦い方を模索する姿に共感すること間違いなし!?

 圧倒的な強さのネイバー 空閑遊真

 修とは対照的に圧倒的な強さを誇るのがもうひとりの主人公・空閑遊真。彼は異世界からやってきたネイバーですが、地球人に好意的です。

 しかし、異世界からやって来ただけあって、いわゆる常識がありません。たとえば、「骨が折れたから金をよこせ」と絡んできた不良に対して、

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と、実際に骨を折って要求されたお金を支払います。相手の言葉をそのまま受け取ってしまうんですよね。

 とはいえ、強さは本物。ボーダーAランクに所属している隊員と互角以上の闘いを繰り広げます。

 そんな圧倒的な強さを誇る空閑とマジメだけが取り柄の修、そしてもう一人の主人公・雨鳥千佳が組んで、ある目的を果たすためにボーダーの上位ランクを目指すのがワールドトリガーの大まかなストーリーです。

 修たちの邪魔をする大人たち

 ある目的を果たすためにチームを組んだ修たちでしたが、それを阻止しようとする動きが働きます。それがボーダー上層部の大人たち。

 ボーダーと一言でいっても、一筋縄ではありません。大きく3つの派閥にわかれています。

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 この3つの派閥が争わないように、協力してネイバーと戦えるように行動しているのが四人目の主人公・迅悠一(じん ゆういち)。

 彼の登場によってネイバーとの闘いだけでなく、大人たちとの思想戦も楽しめます。

 最後に

 現在、18巻まで出ている『ワールドトリガー』。新たなネイバーが仲間に加わるなど、さらに面白くなりそうな予感がする漫画です。しかし、残念ながら作者が病気のため休載中。1日も早く復帰されることを願っています。

 とにかく、『ワールドトリガー』はオススメのSF漫画です。興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『グラスホッパー』は誰もが闇を抱えている事実に気づける小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋である鯨や蝉、そして復讐者である鈴木が主人公の物語ですが、たとえ殺し屋であっても闇を抱えていることがわかる小説です。彼らは自分の闇とど …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  子供の頃、夏休みになると夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていました。怖くて逃げ出したくなるのに――。そんな懐かしい記憶が蘇る漫画が『双亡亭壊すべし』。  『うしおととら』や …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …