webstation plus

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワールドトリガー』。現在は休載されていますが、バトルだけでなく思想戦も楽しめるので、読めばハマること間違いなしのSF漫画です。

 今回は『ワールドトリガー』の感想とおすすめポイントを紹介します。

 『ワールドトリガー』のあらすじ

 28万人が住む三門市で突然、異世界への門(ゲート)が開きました。ゲートからはネイバーと呼ばれる怪物が現れ、多くの人たちを恐怖に陥れましたが、謎の組織・ボーダーが彼らを撃退。ここからネイバーvsボーダーの戦いが始まります。

 物語の舞台はそれから4年後の三門市。ボーダーに所属する三雲修(みくも おさむ)とネイバーの空閑遊真(くが ゆうま)が出会うことで物語が始まります。

 弱くてもカッコいい三雲修

 主人公のひとりである三雲修は、ボーダーに所属していますが、ネイバーのザコひとり倒せません。そのため最下層のCランクに位置づけられているのですが、考え方がカッコいいので応援したくなるんですよね。

 たとえば、嫌がらせをしてくる同級生がネイバーに襲われたとき、「なんでお前が助けに行くんだ!?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と答えます。他にも、「なんで死にかけてでも人を助けるんだ?」と聞かれると:

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 と答えます。自分の信念に生きる姿がカッコよすぎなんですよね。

 それだけでなく、自分が弱いことを認めた上で自分にできる戦い方を模索する姿に共感すること間違いなし!?

 圧倒的な強さのネイバー 空閑遊真

 修とは対照的に圧倒的な強さを誇るのがもうひとりの主人公・空閑遊真。彼は異世界からやってきたネイバーですが、地球人に好意的です。

 しかし、異世界からやって来ただけあって、いわゆる常識がありません。たとえば、「骨が折れたから金をよこせ」と絡んできた不良に対して、

(※『ワールドトリガー 1巻』より)


 と、実際に骨を折って要求されたお金を支払います。相手の言葉をそのまま受け取ってしまうんですよね。

 とはいえ、強さは本物。ボーダーAランクに所属している隊員と互角以上の闘いを繰り広げます。

 そんな圧倒的な強さを誇る空閑とマジメだけが取り柄の修、そしてもう一人の主人公・雨鳥千佳が組んで、ある目的を果たすためにボーダーの上位ランクを目指すのがワールドトリガーの大まかなストーリーです。

 修たちの邪魔をする大人たち

 ある目的を果たすためにチームを組んだ修たちでしたが、それを阻止しようとする動きが働きます。それがボーダー上層部の大人たち。

 ボーダーと一言でいっても、一筋縄ではありません。大きく3つの派閥にわかれています。

(※『ワールドトリガー 3巻』より)


 この3つの派閥が争わないように、協力してネイバーと戦えるように行動しているのが四人目の主人公・迅悠一(じん ゆういち)。

 彼の登場によってネイバーとの闘いだけでなく、大人たちとの思想戦も楽しめます。

 最後に

 現在、18巻まで出ている『ワールドトリガー』。新たなネイバーが仲間に加わるなど、さらに面白くなりそうな予感がする漫画です。しかし、残念ながら作者が病気のため休載中。1日も早く復帰されることを願っています。

 とにかく、『ワールドトリガー』はオススメのSF漫画です。興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『あさひなぐ』は薙刀に全てを捧げる女子高生に励まされる漫画

(※『あさひなぐ 1』表紙より)  ビッグコミックスピリッツに連載中の漫画『あさひなぐ』。薙刀というマイナーなスポーツにすべてを捧げて取り組む女子高生の姿に励まされること間違いなし!?の漫画です。  今回は『あさひなぐ』 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『魔王』は自分の考えを信じる大切さを教えてくれる小説

(※『魔王』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『魔王』。政治を舞台に、他人の意見に同調することの怖ろしさと自分の考えを信じる大切さを教えてくれる物語です。  今回は、『魔王』のあらすじと感想を紹介します。  『 …

『All You Need Is Kill』は物語の世界観に浸れるオススメのSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。以前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも面白 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽に立ち向かう勇気をくれる短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …