webstation plus

survive_02

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも「水増し」をしないと、会社の存続が危うくなるほどの危機的状況に追い込まれていることがわかるだろう。

 では、なぜ東芝をはじめとする日本の大企業はこのような危機的状況に追い込まれたのか。元アップルジャパン社長・山元賢二氏は、「これまでの当たり前」が通用しなくなったからだという。だからこそ、これからの世界を生き抜くに私たちは「新しい当たり前」を身につける必要がある。

 では、「新しい当たり前」とは何か。それは次の5つ。

  1. 「変わり続けること」だけが真実
  2. 「新しい課題」を自らつくり出せることが才能
  3. 「一秒」で判断する
  4. 「コミットしたこと」は死んでもやりとおす
  5. 「体力」がすべての土台である

 もし、今置かれている環境や状況が「自分にとって心地いい」と感じる環境や状況であれば――今すぐ変えたほうがいい。なぜなら、心地いいと感じるのは、何の変化も起こしていないからだ。すなわち、まったく成長していない証拠。自ら安定を壊し、次のステップに進まなければ時代に取り残されることになるだろう。

 では、どうやって安定を壊すのか。それには、まず「前向きな不満」を持つことだ。たとえば、上司や先輩から教えてもらったやり方をそのまま鵜呑みにしない。「もっといいやり方があるのでは?」「もっと楽しい方法があるのでは?」と考えてみる。そうすれば、実は、さまざまな方法があって、その方法を実現するには山ほど課題があることがわかるだろう。つまり、「新しい課題」が見つかる。

 「新しい課題」をみつけたのなら、次は「その課題を克服する方法」を考えよう。もちろん、さまざまな方法がある。とはいえ、すべての方法をじっくり検討している時間などない。世の中はめまぐるしい速度で動いているからだ。そこで、「決断力」が必要になる。一瞬で決断するのだ。もちろん、一瞬で決めるのだから、誤った決断を下すこともあるだろう。しかし、自分では何も決めないで、人から言われたことをこなしているよりも、自分で決めて失敗したほうが経験になる。だから、とにかく「すぐに決断」する癖をつけていこう。

 ただし、「決めたことは死んでもやりとおす」という覚悟が必要だ。最初から「できもしない目標」を立てたり、「達成できなくても、頑張ったんだからOK」なんて考えていては、いつまでたっても自信がつかない。自信とは、自分との約束を守りつづけることで生まれるものだから。

 さて、ここまで紹介してきたように、「変化」を起こすには、「自分のアタマで考える」→「課題をつくりだす」→「課題を克服する方法を考えて決断する」→「行動する」というサイクルをまわしていく必要がある。そして、このサイクルをまわす土台となるのが体力だ。もし、体力がなければ失敗したときに「もう一度挑戦しよう」という力が沸き上がってこないからだ。

 だから、もし「変化」を怖れているようなら、体力づくりからはじめてみるのもひとつの方法だろう。体力と気力さえあれば「いつからでも」やり直しはきく。

 ともあれ、私たちは「変化」を起こさなければ生き残れない世の中で生きている。だからこそ、「変化」を起こしていないようなら、今回紹介した方法を今すぐ試してみよう。そうすれば、すばらしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

好きな仕事をするために必要なたったひとつのこと

(※『革命のファンファーレ』表紙より)  ベッキーとゲスの極み乙女。不倫をした二人でしたが、その後の活動には大きな差が生まれました。  その原因は何か。  結論からいえば、ファンがいたかどうかです。ゲスの極み乙女。には多 …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

自己否定の毎日にさようなら/ワクワクと成功を生み出す目標設定法

 目標に向かって仕事やプライベートを楽しんでいますか。  私はこの3年間。仕事の目標が達成できずに苦しんできました。リソースが足りない、時間が足りない、知識が足りない…と、ないない尽くしで目標を立てることさえ嫌になってい …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

なぜ、仕事に行きたくないの?お金のための仕事、楽しむための仕事

(※『仕事。』表紙より)  「バスケがしたいです」  『スラムダンク』に登場する三井寿がグレて仲間に迷惑をかけていた理由を安西先生に告白する言葉です。心からバスケがしたいって思いが伝わってきますよね。  では、この言葉と …

グーグルの働き方から読み解く「自律していないエンジニアに未来がない理由」

 最近、早期退職やリストラの話題が盛り上がっていますよね。NECや富士通などの大企業が早期退職者を募集しているからでしょうが、40代後半になると会社からお荷物扱いされ、「給料を下げる」か「リストラする」のか望ましいと見な …

自分がわからなくなるのは遊びを疎かにして仕事ばかりしているから

 仕事よりも優先すべきことって何だかわかりますか。  もちろん、いろいろありますが、「遊び」もその一つ。「遊んでばかりいないで仕事をしなさい」なんて言葉が、ドラマや小説にもよく出てきますが、仕事よりも遊びの方がよっぽど大 …

仕事優先の生き方に限界を感じている人へ

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。  しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなるこ …