悩みから逃げるのは逆効果!?今すぐ不安を取り除く方法

ライフハック

今すぐ逃げ出したくなるような悩みを抱えていませんか?

私は社内転職をしたときに、そんな悩みを抱えていましたが、どれだけ逃げ出そうとしても、悩みがつきまとって離れませんでした。

ところが、あることに気づいて楽になれたんですよね。それは…。

スポンサーリンク

無意識のうちに悩みから逃れようとしていませんか?

どれだけ悩みから逃げようとしても、ムダだと言うことです。

私が悩んでいたのは、新しい職場になかなか馴染めず、

  • 私にはこの仕事はできない!?
  • このままでは役立たずになってしまう!?
  • 別の部署に飛ばされたらどうしよう…

    という不安が頭の中を駆け巡っていたからでした。

    ところが、こういった不安を解消するために少しは勉強したものの、その多くは漫画を読んだり、ゲームをしたりして誤魔化していたんですよね。

    こんな中途半端な行動では、悩みが解決できるはずがありません。

    プロ野球の世界でも「中途半端」がいちばん嫌われるそうです。

    バッティングでいえば、スイングの途中で止めたバットにボールが当たり、ボテボテのゴロになってしまうケースがそうです。

    大事な場面でこういうバッティングをすると、悩みや後悔を引きずってしまいますよね。

    一方で、バットを思いっきり振り切ればどうでしょうか。

    たとえボールが芯に当たらなくても、野手と野手の間にボールが落ちてヒットになる可能性があります。

    それだけでなく、結果はどうあれ、「振り切った」「やり切った」「自分の力を出し切った」という思いがあるので、気持ちがせいせいします。

    もちろん、悩みも同じです。

    中途半端に悩むのがいちばんダメなんです。悩み抜くしか解決策はありません。

    スポンサーリンク

    「悩み抜く」ための3つの方法

    では、悩み抜くにはどうすればいいのでしょうか。

    それは、次の3つのステップを踏むことです。

    1. 悩みを書き出して言語化する
    2. 悩みに優先順位をつける
    3. 極力時間をかけない

    具体的に説明していくと…。

    1. 悩みを書き出して言語化する

    頭のなかで何となく悩んでいるだけでは、「何が問題」で、「何に対して悩んでいるのか」がはっきりしませんよね。

    「これはまずいなぁ」とか「何とかしなくちゃいけないなぁ」といったことは頭に浮かんでいるのでしょうが、モヤモヤした状態のままで、問題点が見えてきません。

    そこで、悩みを書き出してみます。

    すると、客観的に悩みを眺めることが出来るので、「何が問題」で、「その問題を解決するためには、どういう方法をとるのが適切なのか」が見えてきます。

    こうして、問題点や解決策が見えてくると、脳もその気になって、「よし!やってみよう」と行動できるようになるんですよね。

    私も悩みを書き出すようにしてから、頭がスッキリするようになりました。

    2. 悩みに優先順位をつける

    では次に、書き出した悩みを「大」「中」「小」の3つのランクに分けます。

    そして、ランクに応じて期限を設け、その期間、徹底的に考えるんですよね。

    たとえば、

    1. 「小」の悩みは、その場で片付ける
    2. 「中」の悩みは、1日15分ずつ3日かけて考える
    3. 「大」の悩みは、1日30分ずつ1週間かけて考える

    このとき、「自分でコントロールできない悩み」については、悩まないことです。どれだけ悩んでも解決しません。

    こうして、「悩み」を整理していけば、本当に悩むべきことが見えてきます。

    頭の中がスッキリするので、余計な不安に悩まされずにいられますよ。

    3. 極力時間をかけない

    こうして悩みを明確にできれば、あとは問題解決に向けて行動するだけですが…。

    出来るだけ素早く行動することが大切なんですよね。

    実は、悩みというのは、時間をかければかけるほど重たくなっていきます。

    同じ思考を何度も繰り返すので、その考えに捉われて、行動できなくなるからです。

    ある期間悩んだら、それ以上は悩まずに行動に移しましょう。

    スポンサーリンク

    最後に

    本当に悩みは尽きませんよね。

    そのため、今回紹介した方法は、今日1日やったら「おしまい」という話ではなく、何度も繰り返す必要があります。

    しかし、何度も繰り返し悩みに立ち向かっていけば、心身ともに強くなっていきます。悩みに負けずに、最高のパフォーマンスを引き出していくことが出来るはずです。

    ぜひ、お試しください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました