webstation plus

 家族を養うには仕事をする必要があります。「家族を大切にするために働いている」という人も多いのではないでしょうか。

 しかし、あまりの忙しさに、家族よりも仕事を優先してしまいがちに。家族と一緒に過ごす時間が取れなくなることさえあります。

 これでは本末転倒ですよね。とはいえ、仕事よりも家族を優先するのは怖い…。一体どうすればいいのでしょうか。

 今回は、本『家族>仕事で生きる。』を参考に、仕事よりも家族を優先する生き方について考えてみたいと思います。

 他人の評価を気にしない

 この本の著者である赤城夫婦は、結婚後すぐに夫婦ともに自ら仕事を辞めたそうです。理由は新婚生活を満喫したかったから。

 そんなことをすれば、お金の心配をしたり、他人からバカにされるのを怖れたりと、逆に心配事が増えそうですよね。

 しかし、無理と思っていることも、案外自分でそう思い込んでいるだけのことが多いと赤城夫婦は言います。毎日苦しいと感じているようなら、今の生き方が自分本来の軌道とズレているのかもしれません。

 そもそも、他人の評価で成り立っているものは、人生の最後にはどれも残りません。実際、終末を迎えた人たちが後悔しているのは「そんなに働かなくても良かった」。それなら、自分らしい人生を生きた方がいいと思いませんか。

「他人からの評価が一切なかったら、やりたいことは何?」
「80歳になった時、私の人生は幸せだった。なぜなら――だったから」

 という質問に答えて、自分が本当にやりたいことを見つけましょう。

 リカバリー出来ないことを優先する

 そうはいっても、お金がないと生きていけません。自分がやりたいと思うことをやったところで生きていけない…そう思いますよね。

 しかし、赤城夫婦は、「そんなの無理!?と思うことでも、本気で願っていることがあるなら、そんな自分を隠さないほうが物事は思いがけない方向に動いていく」と言われています。

 実際、彼らは仕事を辞めて新婚生活を満喫することで、本を出版するチャンスを得たり、セミナーや教材開発のリクエストを受け、夫婦で活動できるようになったそうです。

 そんな赤城夫妻の優先順位のつけ方は、リカバリーできるかどうか。

 新婚生活を満喫する期間や子育てができる期間は限られていますが、仕事は選ばなければ、いつでもリカバリーできます。

 リカバリー出来ないことを優先して人生を悔いなく生きましょう。

 制約を楽しむ

 とはいえ、実際にやりたいことを優先しても、次々と制約が生まれてくるのだとか。

 大事な仕事と子どもの参観日が重なったり、大学のテストの日に子どもが風邪をひいたり。

 そんなとき、制約を生かせるかどうかで人生がより良くなるかどうかが決まるそうです。

 子どもの授業参観に行くために、今よりも短い時間で仕事を終わらせる方法を考える、大学を休んでも勉強に遅れない方法を考える…など、制約があるからこそ、新しいチャレンジができるんですね。

 何をするにしても制約はつきもの。新しいチャレンジを楽しめるようにしていきましょう。

 最後に

 今回は赤城夫婦の生き方を参考に、仕事よりも家族を優先する生き方について考えてきました。わかったことは、本当にやりたいことを見つけ、それを優先して行動していけば、想像以上の世界が広がっていくということ。

 詳しい内容を知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

「何のために働くの?」会社のため?自分のため?

(※『言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』表紙より)  「何のために働くの?」と聞かれてすぐに答えられますか。  もし答えられないようなら、少し考えてみたほうがいいかもしれません。なぜなら、私たちは理由が …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …