webstation plus

 2020年には東京オリンピックが予定されていますよね。楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、2020年代に入ると求人が半減するかもしれません。

 その理由は次の2つ。

  1. ロボットとAIの活躍によって仕事が激減する
  2. 東京オリンピックの後は景気が大幅に落ち込む

 野村総合研究所がオックスフォード大学と共同で行った研究によると、いま日本にある仕事の約49%がAIとロボットに取って代わられるそうです。

 また、週刊ダイヤモンド編集部が調査した「AIに取って代わられやすい仕事ランキング」によると、経理事務や銀行窓口、医療事務などの事務仕事が、99.9%以上の確率でAIに取って代わられると予測しています。

 つまり、早く正確に処理する単純な仕事は、AIとロボットに取って代わられるということ。

 さらに、過去のオリンピック開催地のその後の景気を見てみると、高確率で悪化しています。

 このような理由で、2020年代には求人が半減すると予測されているわけですが、では、10年後に仕事を得るにはどのような力が必要なのでしょうか。本『10年後、君に仕事はあるのか?』を参考に考えてみましょう。

 10年後に学力は不要?

 インターネット上には膨大な知識が蓄えられていますよね。グーグルで検索すれば大抵のことがわかります。10年後には、今よりも多くの知識が蓄えられ、もっと簡単にアクセスできるようになっているでしょう。

 それなら、学力なんて必要ない…と考える人も多いはず。

 たしかに、コロンブスがアメリカ大陸に到着した年号を覚える必要はないかもしれません。

 しかし、コロンブスのアメリカ大陸到達が世界にどのような影響を及ぼし、ヨーロッパの国々の力関係がどのように変化したのか、日本やアジアにどのような影響を及ぼしたのか、といった問題に取り組むには、世界史や日本史の基礎知識が欠かせません。

 グーグルで検索するにも、適切なキーワードが必要ですし、膨大な資料のなかから有用なものを探り当て、優先順位をつけて読み、自分の知識として吸収したり、他人に説明しようとするには、情報を早く正確に処理する学力が不可欠です。

 実際、学力の高さで優位に働くケースは多々あります。ディベートで意見を戦わせる場合やビジネスの交渉の場面、客先でのプレゼンなどは、小手先の見せ方ではなく、圧倒的に知識があるほうが勝ちます。

 スポーツや芸術など何かに特化した才能がない限り、10年後も学力は必要なんですね。

 今後絶対に必要になる力「情報編集力」

 とはいえ、学力だけで仕事が得られるとは限りません。正解のある問題は、いずれAIとロボットが解いてしまうからです。

 そこで必要になるのが「正解のない問題に取り組む力」。

 ここでいう「正解のない問題」とは、学校の先生であれば、一人ひとり個性が違う生徒に対して、どうすればやる気が出るのか?勉強するようになるのか?を考え、行動すること。具体的には、適切なタイミングで動機付けたり、叱ったり、背中を押したり、勇気付けたりすることです。

 本書では、こうした人間らしい力を「情報編集力」と名付けていました。インプットをアウトプットに変える力のことです。

 では、どうすれば「情報編集力」が身につくのでしょうか。その方法を3つだけ紹介します。

1. 10歳までは思い切り遊ぶ

 外遊びを体験すると、空間認識やバランス感覚、情報編集力が鍛えられます。

 たとえば、缶けりで遊ぶ場合、隠れている友人を見つけるには、どれくらい缶から離れても大丈夫か、どこに誰が隠れていそうか…など考えることが盛りだくさん。

 しかも、こうした予測は外れることも多く、現実にあわせて考えを修正し、対応していく力が求められます。

 このように、子どもは外遊びを通して多くのことを学びます。10歳までは思い切り外遊びをすることが大切なんですね。

2. 仮説を立てる&修正を繰り返す

 では、10歳を過ぎたらどうすればいいのでしょうか。結論から言えば「仮説を立てる&修正する」を繰り返すことです。

 たとえば、テスト勉強や受験勉強をする場合でも、出題範囲を闇雲に勉強するのではなく、授業の濃密さや過去問等から出題問題を予測して勉強します。

 その結果、予測と外れることもあるでしょうが、なぜ予測が外れたのか?を考えて修正していけば、効率良く勉強できるようになれます。

 もちろん、スポーツでも、仕事でも同じです。何をする場合でも、「仮説を立てる&修正する」を繰り返して、自分の頭で考える習慣を身につけましょう。

3. 面倒なほう、厳しい道、よりタフな状況を選ぶ

 AIとロボットが活躍する時代になると、自動販売機やエレベーター、カーナビなど、あらゆるものが話すようになり、私たちの生活はますます便利になります。

 私たち人間が何も考えなくても、必要なものが与えられる時代になるかもしれません。

 そんなとき、与えられることに慣れてしまうと、あらゆる場面で思考停止になってしまうでしょう。

 そこで大切になるのが「面倒なほう、厳しい道、よりタフな状況」を選ぶこと。そうすれば、みんなと同じ道を選んで自分の価値を失わずにすみます。さらに経験を通じて希少性を高めていける!?

 ますます便利になる時代に、あえて厳しい道を選ぶことが大切なんですね。

 最後に

 10年後の未来がどうなっているかは誰にもわかりません。しかし、今回紹介した内容は、どのような時代が訪れても自分らしく生きるのに役立つはずです。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止 …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …