webstation plus

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。

 三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひとり。想像を絶する知識欲に衝撃を受けます。

 私も知識欲は強い方ですが…。彼らの知識欲には太刀打ちできなさそうです。

 植物に人生を捧げる人たちの物語

 物語の主人公は、「円福亭」という洋食屋で働く藤丸陽太。彼は円福亭の味に惚れ込み、数年越しで従業員になりました。

 だからこそ、藤丸は、大将の円谷に認めてもらえる料理人になろうと必死で働きます。浮いた話など全くありませんでした。

 ところが、T大学に通う本村という女性に出会い、恋心を抱くようになるんですよね。研究熱心な彼女の姿を見て、これまで出会った人たちと違う人種の彼女に興味を持ったからです。

 しかし、大将は、彼女の邪魔をしてはいけないと言います。

 なぜなら、彼女は一部のチャラついた要領のいい研究者ではなかったからです。真面目に研究に取り組み、厳しい世界で戦っていました。

 女性研究者の多くは、結婚や出産、旦那の転勤などで研究を中断せざるを得なくなります。

 だからこそ、大将は彼女の邪魔をしてはいけないと忠告したのですが…。

 愛なき世界に生きる女性

 藤丸は本村が好きで仕方なくなり告白をします。残念ながら断られますが、その理由は彼の想像とはかけ離れたものでした。

 本村は、藤丸に魅力がないから断ったのではなく、誰とも付き合わないというのです。愛のない世界を生きる植物の研究に、すべてを捧げると決めていると言います。

 たしかに、本村はファッションに無頓着でした。化粧をしないのは当たり前で、普段も植物の柄がプリントされたTシャツを着ています。

 それだけでなく、料理や洗濯、インテリアなどにも興味がなく、ひたすら研究に励む毎日を過ごしていました。

 また、交際のどこにわくわくするポイントがあるのかわかりません。それよりも研究の方がわくわくします。徹夜でセミナーの準備をするほど研究に夢中になっていました。

 だからこそ、本村は「自分は愛のない世界に生きる住人だ」と言うのですが…。

 誰もが愛情をもって生きている

 藤丸はそうではないと言います。人間を愛するのと同じように、植物にすべての愛情を注いでいると伝えます。

 そんな彼らの恋の行方は…。

 実際に本書を読んでもらうとして、三浦しをんさんの小説『愛なき世界』は、研究に励む本村たちの姿に、自分も必死に仕事に打ち込もうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

村山早紀『星をつなぐ手』は今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語

 本屋さんで本を買っていますか?  私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。  一人でも多くの人が本屋さ …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …