webstation plus

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。

 ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしくは、やらざるを得ない状況に自分を追い込み、目標を達成しやすくする人のことです。

 たとえば、ピースの綾部さんは「アメリカにわたって俳優を目指す」と渡米する半年ほど前に宣言。そうすることで、まわりからは様々な反応がありましたが、本人は「アメリカで成功するぞ!」という覚悟が決まったはず。だから行動に移しやすくなり、目標が達成しやすくなるわけですね。

 他にも:

  • 免許を取りに行く前に車を買う(⇒免許を取らざるを得ない)
  • 細身の高価な服を買う(⇒ダイエットせざるを得ない)
  • 英語が話せない状態で海外留学する(⇒英語を話さざるを得ない)

 など、あえて自分を追い込むことで目標が達成しやすくできます。

 一方の「単純な人」とは、目標を掲げるだけで「やりきれる」と勘違いしてしまう人のこと。私は間違いなくこのタイプです。

 実際、目標をコミットする人に比べて、目標を掲げるだけの人は目標を達成できる確率が低いのだとか。あなたはどちらのタイプですか?

 とはいえ、私のような「単純な人」は、たとえ目標を達成せざるを得ない状況に追い込まれたとしても、「どうせ達成できない」と挑戦する前から諦めてしまう傾向があります。なぜなら、目標を達成できる自信がないから。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大学の原晋監督は、「小さな目標を達成する喜びを味わい、大きな目標も達成できるかも!と思えるようにすることだ」と言われています。先ほどの例で考えると:

  • 教習所に通ってできることを一つでも増やす
  • 間食を我慢する&適度な運動をして、体重計に乗って効果を確認する
  • 単語を一つでも覚える&外国の方と簡単なコミュニケーションをとる

 こうした小さな成功体験を積み重ねれば、「大きな目標も達成できるかも!」という自信がつくわけですね。

 言い換えれば、「賢明な人」たちは、自信があるからこそ、目標をコミットできるわけです。私と同じように「単純な人」は、コミットするだけでなく、小さな成功体験を積み重ねることから始めてみてはどうでしょうか。

 関連記事

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …