webstation plus

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。

 ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしくは、やらざるを得ない状況に自分を追い込み、目標を達成しやすくする人のことです。

 たとえば、ピースの綾部さんは「アメリカにわたって俳優を目指す」と渡米する半年ほど前に宣言。そうすることで、まわりからは様々な反応がありましたが、本人は「アメリカで成功するぞ!」という覚悟が決まったはず。だから行動に移しやすくなり、目標が達成しやすくなるわけですね。

 他にも:

  • 免許を取りに行く前に車を買う(⇒免許を取らざるを得ない)
  • 細身の高価な服を買う(⇒ダイエットせざるを得ない)
  • 英語が話せない状態で海外留学する(⇒英語を話さざるを得ない)

 など、あえて自分を追い込むことで目標が達成しやすくできます。

 一方の「単純な人」とは、目標を掲げるだけで「やりきれる」と勘違いしてしまう人のこと。私は間違いなくこのタイプです。

 実際、目標をコミットする人に比べて、目標を掲げるだけの人は目標を達成できる確率が低いのだとか。あなたはどちらのタイプですか?

 とはいえ、私のような「単純な人」は、たとえ目標を達成せざるを得ない状況に追い込まれたとしても、「どうせ達成できない」と挑戦する前から諦めてしまう傾向があります。なぜなら、目標を達成できる自信がないから。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大学の原晋監督は、「小さな目標を達成する喜びを味わい、大きな目標も達成できるかも!と思えるようにすることだ」と言われています。先ほどの例で考えると:

  • 教習所に通ってできることを一つでも増やす
  • 間食を我慢する&適度な運動をして、体重計に乗って効果を確認する
  • 単語を一つでも覚える&外国の方と簡単なコミュニケーションをとる

 こうした小さな成功体験を積み重ねれば、「大きな目標も達成できるかも!」という自信がつくわけですね。

 言い換えれば、「賢明な人」たちは、自信があるからこそ、目標をコミットできるわけです。私と同じように「単純な人」は、コミットするだけでなく、小さな成功体験を積み重ねることから始めてみてはどうでしょうか。

 関連記事

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりするのは、信じているものが間違っているからだとし …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …