webstation plus

 最近、ワクワクしていますか。

 私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの作品の中で一番好きな物語かも。

 作者が絶妙なタイミングで割り込んでくる

 『レ・ミゼラブル』をご存知ですか。映画化もされている有名な物語なので、なんとなくストーリーをご存知の方も多いでしょう。

 しかし、この物語。小説版では、急に作者が「これは作者の特権だから、ここで話を戻そう」とか、「ずっとあとに出てくるはずの頁のために、ひとつ断っておかねばならない」などと、妙にしゃしゃり出てくるそうです。

 そして、『ホワイトラビット』は、この手法を踏襲して書かれているんですよね。

 はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとこの割り込みが物語をより一層面白くしてくれます。ユーモア溢れる物語なのに、作者が真面目な言葉を使ってしゃしゃり出てくるからでしょうか。

 とにかく、あまりの面白さに『レ・ミゼラブル』まで読んでみたくなります。

 個性あふれる登場人物たち

 妻の綿子ちゃんを誘拐された兎田は、普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れていました。しかし、家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方ありません。

 コンサルタントをしている折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性。どんな話にもオリオン座をこじつけるので、多くの人から嫌われていましたが、なぜかやばいグループの経理の女性を唆して大金を奪うことに成功。今は行方をくらましています。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITで課長をしている夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていました。それでも表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいます。

 籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていました。ところが、籠城事件の人質になったことで、何か行動を起こそうとします。

 そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件――ホワイトラビット事件は語れません。

 と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

 ぜひ実際に読んで彼らの魅力にハマってください。

 ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

 この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になること。

 たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道がありませんでした。

 しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

 物語の中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワク感がとまらなくなる物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ホワイトラビット』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。ワクワクしすぎて寝れられなくなるかもしれませんよ。

 関連記事

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

東野圭吾『卒業』感想/モラトリアムから抜け出せていますか?

 モラトリアムから抜け出せていますか?  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいい …