webstation plus

(※『ホワイトラビット』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。

 始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?

 今回は『ホワイトラビット』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『ホワイトラビット』のあらすじ

 赤ちゃん言葉で妻とイチャイチャするのが大好きな兎田孝則(うさぎだ たかのり)は、猪田勝(いのだ まさる)という歳上の後輩とペアになって仕事をしていました。

 彼らの仕事は、指定された人間を連れ去ってくるというもの。話しかけ、無視されたところを頭から袋をかぶせ、ワンボックスカーに連れていき、運搬用の袋に詰め込んで倉庫まで運ぶ。いわゆる誘拐が彼らの仕事でした。

 しかし、そんな兎田に予想外の出来事が起こります。彼の妻・綿子ちゃんが誘拐されたのです。

 兎田は綿子ちゃんを助けるために、ある人物を追いかけることに。そこに待ち受けていたのは――。

 舞台設定が面白い

 あらすじにも書いたように、誘拐を仕事とする兎田が、逆に誘拐される側になるところから物語が始まります。

 彼は誘拐を請け負うグループに所属し、これまで多くの人間を攫ってきました。多くの人間を脅し、恐怖に怯えさせ、痛めつけてきたのです。

 しかし、コンサルタントの折尾豊が経理の女性をそそのかして、グループのお金に手をつけたことがきっかけで、兎田の人生は変わります。綿子ちゃんが誘拐され、折尾を探し出せと脅されることに。

 その後、仙台で人質立てこもり事件が起こります。銃を持った男が一戸建てに立てこもり、母と息子を人質に「折尾という人物を探し出せ」と警察に要求します。

 一方、別の場所では、泥棒の黒澤が同業者の中村と今村に頼まれて盗みを働くことになりました。

 年寄りばかりを狙う詐欺師が、これまでカモにしてきた被害者たちの名簿を金庫に隠しており、被害者のおばあちゃんが「また脅しの材料にされるかも…」と心配で夜も眠れないので、盗み出すことにしたのです。

 すでに家の主人は死んでいるため、簡単な仕事になるはずでしたが、今村のミスがきっかけで黒澤が事件に巻き込まれることに。

 この接点のない二つの物語がシンクロしていくところが面白い!?

 個性的で魅力溢れる登場人物

 この物語には、兎田や綿子ちゃん、黒澤以外にも個性的なキャラクターが多数登場します。

 先ほど紹介したコンサルタントの折尾豊は、オリオン座の話ばかりする男。

 「ほら、物事の重要なことはオリオン座のような形で表せるんですよ」と、何かにつけてオリオン座の形に当てはめて説明しようとします。

 立てこもり事件の人質になった母子は、父の暴力に耐える毎日を過ごしていました。そんな息子が不憫で仕方ない母は、立てこもり犯から命がけで息子を守ろうとします。とはいえ、明らかに何かを隠している様子。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITに所属する夏ノ目は、妻と娘を交通事故で失っていました。占い師にカモられた高齢の女性が、信号無視をして交差点に進入したのが原因でした。

 それからというもの、夏ノ目の内面は空白になり、昔の自分のふりをするようになりました。楽しいふり、悲しいふり、生きているふりをするようになったのです。

 そんな彼らの人生が白兎事件(仙台市で起きた立てこもり事件)をきっかけに大きく動き出します。彼らの運命はいかに!?

 何度も驚かされるどんでん返し

 この物語のいちばんのおすすめポイントはどんでん返し。読みながら何度も驚かされるはず。

 少なくとも私は3回は驚かされました。詳しくは語りませんが、いい意味で期待を裏切られる小説です。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

言葉には無限の力がある!?西加奈子『おまじない』は優しく背中を押してくれる小説

(※『おまじない』表紙より)  自分のことが嫌になったことありませんか。  私はよくあります。ネガティブ思考な人間なので、自分のことがよく嫌になります。  しかし、西加奈子さんの小説『おまじない』を読んで、そんな自分を少 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …