webstation plus

 最近、ワクワクしていますか。

 私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。

 想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの小説の中で一番好きな物語かもしれません。

 誘拐を仕事にしていた主人公が逆に誘拐される側に!?

 では、あらすじから。

 物語の主人公は赤ちゃん言葉で妻の綿子ちゃんとイチャイチャするのが大好きな兎田孝則。

 彼は、誘拐を請け負うグループに所属し、これまで多くの人間を脅し、恐怖におびえさせ、痛めつけてきました。

 しかし、コンサルタントの折尾豊が経理の女性をそそのかして、グループのお金に手に付けて行方をくらませたことで、彼に災難が押し寄せてきます。

 大好きな綿子ちゃんが誘拐され、ボスの稲葉から折尾を探しだせと脅されたのです。

 そこで、兎田は折尾が中学生時代を過ごしたという仙台市に足を運んで捜索することにしたのですが…。

 一方その頃、泥棒の黒澤は、同業者である中村と今村に頼まれて盗みを働くことになりました。

 年寄りばかりを狙う詐欺師が、これまでカモにしてきた被害者たちの名簿を金庫に隠しており、被害者のおばあちゃんが「また脅しの材料にされるかも…」と心配で夜も眠れないので、盗み出して欲しいとお願いされたのです。

 すでに家の主人は亡くなっているので簡単な仕事になるはずでしたが、今村のミスがキッカケで、ホワイトラビットと呼ばれる籠城事件に巻き込まれていくことに。

 これら接点のない二つの物語がつながっていくのが楽しめる物語です。

 個性豊かな登場人物たちが物語を盛り上げる

 それだけでなく、個性豊かな登場人物たちが物語を盛り上げるんですよね。

 先ほども紹介したように、兎田は普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れていましたが、家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方ありませんでした。

 コンサルタントの折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性で、どんな話にもオリオン座のウンチクをこじつけてきます。そのせいで、多くの人たちから嫌われていましたが、なぜか経理の女性を唆して大金を奪うことに成功しているんですよね。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITで課長を務めている夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていましたが、表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいました。

 籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていましたが、籠城事件の人質になったことで、これまでとは違う行動を起こそうとします。

 そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件――ホワイトラビット事件は語れません。

 と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

 ぜひ実際に読んで彼らの魅力にハマってください。

 ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

 そして、この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になることです。

 たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道はありませんでした。

 しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。

 しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。

 多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

 物語の中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワクと驚きがとまらなくなる物語です。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』は、ワクワクと驚きがとまらなくなる物語なのですが、

 それだけでなく、サスペンスとしても、黒澤が活躍する物語としても、どんでん返しが何度も楽しめる物語としてもおすすめなので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖5』感想/他人の話を鵜呑みにすると痛い目に遭う!?

 他人の話を鵜呑みにしていませんか?  私はよく他人の話を鵜呑みにしていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖5』を読んで、他人の話を鵜呑みにしていると痛い目に遭うことに気づきました。  友人や知人だけでなく …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想/いじめをする人間には決定的に足りない能力がある!?

 最近、いじめの話題が後を絶たないですよね。子供たちだけでなく、大人や学校の先生までいじめをするなど、いじめについて真剣に考えざるを得ない状況になっているように思います。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』を …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4』感想/人は誰でも二面性を持っている!?

 二面性を持っていますか?  私は間違いなく二面性を持っていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』を読んで、ある一面だけで人を判断してはいけないことに気づきました。  ある一面だけで人を判断していると、そ …

百田尚樹『影法師』感想/光あるところには必ず影が存在する!?

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで金儲けをし …

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

百田尚樹『ボックス!』は才能には2種類あることがわかる物語

 才能を発揮していますか?  残念ながら私には才能がないので努力するしかありませんが、百田尚樹さんの小説『ボックス!』を読んで才能には2種類あることに気づきました。  天性の才能と努力できる才能の2種類あるんですよね。 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖8』感想/子供に読書をさせたいのなら親から読書を始めよう

 本を読んでいますか?  私は本が好きでよく読んでいますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖8』を読んで、子供のためにも今すぐ読書がしたくなりました。  本が好きな両親の子供は、やっぱり本が好きになりやすいんで …