webstation plus

 最近、ワクワクしていますか。

 私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの作品の中で一番好きな物語かも。

 作者が絶妙なタイミングで割り込んでくる

 『レ・ミゼラブル』をご存知ですか。映画化もされている有名な物語なので、なんとなくストーリーをご存知の方も多いでしょう。

 しかし、この物語。小説版では、急に作者が「これは作者の特権だから、ここで話を戻そう」とか、「ずっとあとに出てくるはずの頁のために、ひとつ断っておかねばならない」などと、妙にしゃしゃり出てくるそうです。

 そして、『ホワイトラビット』は、この手法を踏襲して書かれているんですよね。

 はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとこの割り込みが物語をより一層面白くしてくれます。ユーモア溢れる物語なのに、作者が真面目な言葉を使ってしゃしゃり出てくるからでしょうか。

 とにかく、あまりの面白さに『レ・ミゼラブル』まで読んでみたくなります。

 個性あふれる登場人物たち

 妻の綿子ちゃんを誘拐された兎田は、普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れていました。しかし、家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方ありません。

 コンサルタントをしている折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性。どんな話にもオリオン座をこじつけるので、多くの人から嫌われていましたが、なぜかやばいグループの経理の女性を唆して大金を奪うことに成功。今は行方をくらましています。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITで課長をしている夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていました。それでも表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいます。

 籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていました。ところが、籠城事件の人質になったことで、何か行動を起こそうとします。

 そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件――ホワイトラビット事件は語れません。

 と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

 ぜひ実際に読んで彼らの魅力にハマってください。

 ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

 この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になること。

 たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道がありませんでした。

 しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

 物語の中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワク感がとまらなくなる物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ホワイトラビット』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。ワクワクしすぎて寝れられなくなるかもしれませんよ。

 関連記事

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要なんてない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …