伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語

おすすめ小説

最近、ワクワクしていますか?

私はワクワクしていないなぁ…と思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。

想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

もしかすると、伊坂幸太郎さんの小説の中で一番好きな物語かもしれません。

おすすめ度:5.0

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • どんでん返しが好きな人
  • 何度も驚きが味わえる物語が好きな人
  • 黒澤が登場する物語が好きな人
  • 伊坂幸太郎さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:誘拐を仕事にしてきた主人公が逆に誘拐される物語

物語の主人公は赤ちゃん言葉で妻の綿子ちゃんとイチャイチャするのが大好きな兎田孝則。

彼は、誘拐を請け負うグループに所属し、これまで多くの人間を脅し、恐怖におびえさせ、痛めつけてきました。

しかし、コンサルタントの折尾豊が経理の女性をそそのかして、グループのお金に手を付けて行方をくらませたことがキッカケで、彼に災難が押し寄せてきます。

大好きな綿子ちゃんが誘拐され、ボスの稲葉から折尾を探しだせと脅されたのです。

そこで兎田は、折尾が中学生時代を過ごしたという仙台市に足を運んで捜索することにしたのですが…。

一方その頃、泥棒の黒澤は、同業者である中村と今村に頼まれて盗みを働いていました。

年寄りばかりを狙う詐欺師が、これまでカモにしてきた被害者たちの名簿を金庫に隠しており、

被害者のおばあちゃんが「また脅しの材料にされるかも…」と心配で夜も眠れないので、盗み出して欲しいとお願いされたのです。

すでに家の主人は亡くなっているので簡単な仕事になるはずでしたが、今村のミスがキッカケで、ホワイトラビットと呼ばれる籠城事件に巻き込まれていくことに。

これら接点のない二つの物語がつながっていくところが楽しめる小説です。

スポンサーリンク

感想①:個性豊かな登場人物が魅力的

この小説では、個性豊かな登場人物たちが物語を盛り上げます。

先ほども紹介したように、兎田は普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れてきましたが、

家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方がないような人物です。

コンサルタントの折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性で、どんな話にもオリオン座のウンチクをこじつけます。

そのせいで、多くの人たちから嫌われていましたが、なぜか経理の女性を唆して大金を奪うことに成功するんですよね。

籠城事件を担当することになった宮城県警本部・特殊捜査班SITの夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていましたが、

表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいました。

籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていましたが、

籠城事件の人質になったことで、これまでとは違う行動を起こそうとします。

そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。

彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件…ホワイトラビット事件は語れません。

と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

漫画『鬼滅の刃』もそうですが、個性的な登場人物が物語をより一層盛り上げてくれます。

ぜひ実際に読んで、彼らの魅力にハマってください。

ちなみに、泥棒の黒澤とその仲間たちの出会いが描かれている『フィッシュストーリー』を読んでおくと、より一層楽しめますよ。

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』は今の努力が誰かの役に立つかもしれないと思える物語
すぐに結果が出ない努力をやめていませんか? 私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る努力ばかりしてきましたが、 伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に立つこともあるかも...
スポンサーリンク

感想②:ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になることです。

たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道はありませんでした。

しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。

しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。

多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』では、綿密に計算された驚きが楽しめましたが、

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語
 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相...

この物語では、綿密な計算を吹き飛ばしてしまうほどの驚きが楽しめます。

スポンサーリンク

感想③:どんでん返しが楽しめる

さて、この物語では中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワクと驚きがとまらなくなります。

伊坂幸太郎さんでいえば、『アヒルと鴨のコインロッカー』が、どんでん返しの代表作として取り上げられることが多いように思いますが、

そんなものではありません。

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語
哲学とユーモアを持って生きていますか? 私は自分なりの哲学を持って生きているつもりですが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。 一方のユーモアは、お笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。 伊坂幸太...

あの驚きが何度も味わえる物語なんですよね。

驚かされるとわかっていても、まんまと騙されてしまう…そんな物語です。

「警察vs.籠城犯vs.泥棒 全てを、疑え!」

と帯にも書かれているように、全てを疑ってこの物語に挑んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小説『ホワイトラビット』のあらすじと感想を紹介してきました。

ワクワクと驚きがとまらなくなる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

伊坂幸太郎さんの小説【全38作品】の発売順とおすすめランキングをご紹介
伊坂幸太郎さんの小説といえば、複数の異なる物語が繋がっていき、最後に驚きが味わえる小説が多数あります。 それだけでなく、登場人物のセリフがユーモアに溢れ、知的なので心に残るんですよね。 私はこういった物語が大好きなので、伊坂幸太...
泥棒なのに魅力的なキャラクター「黒澤」が登場する伊坂幸太郎さんの小説とおすすめランキングをご紹介
伊坂幸太郎さんの小説といえば、ある人物が複数の小説にまたがって登場するところが特徴のひとつですよね。 今回紹介する泥棒の黒澤もそのひとりです。 黒澤は、泥棒という罪を犯し続ける悪い人間なのですが、なぜか盗んだ相手のことを気にかけ...
アメトーーク!読書芸人第4弾『本屋で読書芸人』のおすすめ本56冊をご紹介
2017年11月16日放送の「アメトーーク!」は『本屋で読書芸人』。 東野幸治さん、オアシズ・光浦さん、ピース・又吉さん、メープル超合金・カズレーザーさん、乃木坂46・高山一実さんが、代官山蔦屋書店で気になるおすすめ本を紹介されていま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました