webstation plus

 最近、ワクワクしていますか。

 私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの作品の中で一番好きな物語かも。

 作者が絶妙なタイミングで割り込んでくる

 『レ・ミゼラブル』をご存知ですか。映画化もされている有名な物語なので、なんとなくストーリーをご存知の方も多いでしょう。

 しかし、この物語。小説版では、急に作者が「これは作者の特権だから、ここで話を戻そう」とか、「ずっとあとに出てくるはずの頁のために、ひとつ断っておかねばならない」などと、妙にしゃしゃり出てくるそうです。

 そして、『ホワイトラビット』は、この手法を踏襲して書かれているんですよね。

 はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとこの割り込みが物語をより一層面白くしてくれます。ユーモア溢れる物語なのに、作者が真面目な言葉を使ってしゃしゃり出てくるからでしょうか。

 とにかく、あまりの面白さに『レ・ミゼラブル』まで読んでみたくなります。

 個性あふれる登場人物たち

 妻の綿子ちゃんを誘拐された兎田は、普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れていました。しかし、家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方ありません。

 コンサルタントをしている折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性。どんな話にもオリオン座をこじつけるので、多くの人から嫌われていましたが、なぜかやばいグループの経理の女性を唆して大金を奪うことに成功。今は行方をくらましています。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITで課長をしている夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていました。それでも表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいます。

 籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていました。ところが、籠城事件の人質になったことで、何か行動を起こそうとします。

 そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件――ホワイトラビット事件は語れません。

 と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

 ぜひ実際に読んで彼らの魅力にハマってください。

 ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

 この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になること。

 たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道がありませんでした。

 しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

 物語の中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワク感がとまらなくなる物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ホワイトラビット』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。ワクワクしすぎて寝れられなくなるかもしれませんよ。

 関連記事

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …