webstation plus

 ワクワクしていますか。

 私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなったんですよね。

 もしかすると、伊坂さんの作品の中で一番好きな物語かも。

 作者が絶妙なタイミングで割り込んでくる

 『レ・ミゼラブル』をご存知ですか。映画化もされている有名な物語なので、なんとなくストーリーをご存知の方も多いでしょう。

 しかし、この物語。小説版では、急に作者が「これは作者の特権だから、ここで話を戻そう」とか、「ずっとあとに出てくるはずの頁のために、ひとつ断っておかねばならない」などと、妙にしゃしゃり出てくるそうです。

 そして、『ホワイトラビット』は、この手法を踏襲して書かれているんですよね。

 はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとこの割り込みが物語をより一層面白くしてくれます。ユーモア溢れる物語なのに、作者が真面目な言葉を使ってしゃしゃり出てくるからでしょうか。

 とにかく、あまりの面白さに『レ・ミゼラブル』まで読んでみたくなります。

 個性あふれる登場人物たち

 妻の綿子ちゃんを誘拐された兎田は、普段は誘拐する側の人間で、多くの人たちを恐怖に陥れていました。しかし、家に帰ると、綿子ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけ、イチャイチャするのが楽しみで仕方ありません。

 コンサルタントをしている折尾豊は、いつもオリオン座の話ばかりしている小太りの男性。どんな話にもオリオン座をこじつけるので、多くの人から嫌われていましたが、なぜかやばいグループの経理の女性を唆して大金を奪うことに成功。今は行方をくらましています。

 宮城県警本部の特殊捜査班SITで課長をしている夏之目は、妻と娘を交通事故で亡くし、心の中が空っぽになっていました。それでも表面上は、これまで通り課長としての任務に励んでいます。

 籠城事件の人質になった佐藤親子は、父親(夫)から虐待を受けており、さらにある悲劇に見舞われ、人生を諦めようとしていました。ところが、籠城事件の人質になったことで、何か行動を起こそうとします。

 そして、他の伊坂作品でも活躍してきた泥棒の黒澤とその仲間たち。彼らの活躍なくして、後に誰もその名で呼ばない籠城事件――ホワイトラビット事件は語れません。

 と、これほど個性豊かな登場人物たちが織りなす物語が面白くない…なんてことはありえませんよね。

 ぜひ実際に読んで彼らの魅力にハマってください。

 ちょっと強引な辻褄合わせが面白い

 この物語の最大の魅力は、不可能と思えることが可能になること。

 たとえば、ホワイトラビット事件で籠城した犯人たちは、警察とマスコミに取り囲まれ、どこにも逃げ道がありませんでした。

 しかし、それでも逃げ道を見つけ出すのが伊坂さんのすごいところ。しかも、籠城事件だけでなく、誘拐事件も、泥棒問題も、人殺し問題も、心空っぽ問題も、まとめて解決してしまうのは「さすが!」としか言いようがありません。多少の強引さなんて吹き飛んで、爽やかな気持ちになれるんですよね。

 物語の中盤で驚かされ、さらに終盤でもっと驚かされるので、読んでいてワクワク感がとまらなくなる物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『ホワイトラビット』。気になった方は、ぜひ読んでみてください。ワクワクしすぎて寝れられなくなるかもしれませんよ。

 関連記事

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …