webstation plus

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。

 もし、親というだけで子供に好かれて当然だと思っているようなら、額賀澪さんの小説『ウズタマ』を読んでみてはどうでしょうか。

 育児はノイローゼになるくらい大変

 当たり前ですが、育児はノイローゼになるくらい大変です。

 しかし、多くの男性はそのことに気づいていないんですよね。仕事の方が大変だと勘違いしています。

 だからこそ、今でも育児ノイローゼになる人がいるわけですが、そんな両親に育てられた子供はたまったものではありません。

 物語の主人公・松宮周作もそんな両親に育てられたひとり。彼の母は幼い頃に亡くなりましたが育児ノイローゼでした。

 しかも、周作は紫織というバツイチで子供がいる女性と婚約をするまで、母のことをまったく知りませんでした。婚約を伝えたその日に父から大金が振り込まれた通帳を渡され、両親のこと、一緒に暮らしていた人の記憶を辿っていきます。

 そうして分かったことは、母がある大学生と不倫をしていたこと、そして、その大学生に殺されていたことでした。

 しかし、周作はなぜか母よりもその大学生のことが気になって仕方ないんですよね。なぜなら、幼い頃に周作が懐いていたのは母よりもその大学生だったからです。

 子供が必要としているのは親よりも理解してくれる人

 一方、周作の婚約者である紫織も問題を抱えていました。彼女は元夫から娘の真結を渡せと何度も迫られていたのです。

 キッカケは周作との婚約でした。再婚するなら娘をよこせ、お前だけ幸せになるのは許せない…という想いが爆発したからです。

 そこで、元夫は慰謝料を払うのをやめたり、真結に直接会って紫織の悪口を吹き込んだりします。

 もちろん、そんな人間に真結が心を開くはずがありませんが、当事者である元夫はまったく気づいていないんですよね。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、その結果、真結は血の繋がった父よりも周作を選びました。

 つまり、子供が必要としているのは、血の繋がりよりも理解してくれる人だということです。だからこそ…。

 理解できなくても理解しようとする親でありたい

 子どもの言い分が理解できなくても、理解しようとする親でありたいと思うんですよね。

 そんな想いにさせてくれた小説が額賀澪さんの『ウズタマ』。ミステリーとしても楽しめるので、おすすめの小説です。気になった方はぜひ。

 関連記事

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くことは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは勿体ないように思うんですよね。  瀬尾まいこさんの小説『傑作 …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は昔話を探偵ものに仕立て上げたミステリー小説

 昔話はお好きですか?  私は教訓めいた物語があまり好きではないので、それほど好きではありませんが…。  青柳碧人さんの小説『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は、昔話から教訓を取っ払って探偵ものに仕立て上げ …

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …