webstation plus

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。

 もし、親というだけで子供に好かれて当然だと思っているようなら、額賀澪さんの小説『ウズタマ』を読んでみてはどうでしょうか。

 育児はノイローゼになるくらい大変

 当たり前ですが、育児はノイローゼになるくらい大変です。

 しかし、多くの男性はそのことに気づいていないんですよね。仕事の方が大変だと勘違いしています。

 だからこそ、今でも育児ノイローゼになる人がいるわけですが、そんな両親に育てられた子供はたまったものではありません。

 物語の主人公・松宮周作もそんな両親に育てられたひとり。彼の母は幼い頃に亡くなりましたが育児ノイローゼでした。

 しかも、周作は紫織というバツイチで子供がいる女性と婚約をするまで、母のことをまったく知りませんでした。婚約を伝えたその日に父から大金が振り込まれた通帳を渡され、両親のこと、一緒に暮らしていた人の記憶を辿っていきます。

 そうして分かったことは、母がある大学生と不倫をしていたこと、そして、その大学生に殺されていたことでした。

 しかし、周作はなぜか母よりもその大学生のことが気になって仕方ないんですよね。なぜなら、幼い頃に周作が懐いていたのは母よりもその大学生だったからです。

 子供が必要としているのは親よりも理解してくれる人

 一方、周作の婚約者である紫織も問題を抱えていました。彼女は元夫から娘の真結を渡せと何度も迫られていたのです。

 キッカケは周作との婚約でした。再婚するなら娘をよこせ、お前だけ幸せになるのは許せない…という想いが爆発したからです。

 そこで、元夫は慰謝料を払うのをやめたり、真結に直接会って紫織の悪口を吹き込んだりします。

 もちろん、そんな人間に真結が心を開くはずがありませんが、当事者である元夫はまったく気づいていないんですよね。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、その結果、真結は血の繋がった父よりも周作を選びました。

 つまり、子供が必要としているのは、血の繋がりよりも理解してくれる人だということです。だからこそ…。

 理解できなくても理解しようとする親でありたい

 子どもの言い分が理解できなくても、理解しようとする親でありたいと思うんですよね。

 そんな想いにさせてくれた小説が額賀澪さんの『ウズタマ』。ミステリーとしても楽しめるので、おすすめの小説です。気になった方はぜひ。

 関連記事

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …