webstation plus

(※『うそうそ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『うそうそ』。

 しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。

 読めば、若だんなの優しさと強さに感動すること間違いなし!?

 今回は、『うそうそ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『うそうそ』のあらすじ

 相変わらずの病弱ぶりを発揮している若だんなにさらなる悲劇が押し寄せます。地震のせいで頭の上に籠が落ち、頭を切ってしまったのです。

 しかし、そのおかげで嬉しいことも。生まれて初めての旅、箱根に湯治に行けることになったのです。

 若だんなに同行するのは、何よりも若だんなを大切に思う仁吉と佐吉、そして兄・松之助の三人。

 初めての旅に張り切っていた若だんなでしたが、船に乗るとすぐに仁吉と佐吉がいなくなっていることに気づきました。

 何かあったに違いない…。

 そう思った若だんなでしたが、兄・松之助と二人で引き続き箱根を目指すことに。

 その結果、誘拐、天狗の襲撃、止まらない地震など、次々と難題が押し寄せてきます。

 若だんなはこれらの難題にどう挑むのか!?

 『うそうそ』のおすすめポイント

1. しゃばけシリーズ長編第2弾!?

 シリーズ第5弾の『うそうそ』は、『しゃばけ』以来の長編小説です。

 長編とあって、登場人物も物語の構成もオチもよく練られており、ページをめくる手が止まらなくなるんですよね。

 しかも、今回は多くの登場人物が若だんなの命を狙ってくるので、ハラハラしっぱなしです。

 これまで同様、ミステリー要素の強い時代小説ですが、緊張感も加わり、より一層楽しめる物語です。

2. 窮地に陥ったら他人を犠牲にしてもいいのか?がテーマの物語

 『うそうそ』の登場人物の多くは、窮地に陥ると他人を犠牲にしてでも自分の利益を得ようとします。

 たとえば、龍神が酷く暴れたせいで災いを被った村人たちは、生贄の娘を差し出して龍神の怒りを鎮めようとします。

 幕府から土木工事を命じられた小藩の武士たちは、若だんなたちを人質にとって土木工事から逃れようとします。

 他にも、地震をおさめるために若だんなを生贄にしようとする村人など、誰もが自分のことばかり考えているんですよね。

 読むと腹が立ってきますが、よく考えると自分も似たような選択をしていることに気づきます。責任転嫁したり、屁理屈を言ったりしながら…。

 自分の弱さを見つめ直すきっかけになる物語です。

3. 一歩でも前に進もうとする若だんなに勇気付けられる

 多くの人たちに命を狙われ、窮地に陥った若だんなでしたが、決して諦めることはありませんでした。

 なぜなら、

今を苦しいと思うのなら、次の手を打たなくてはならない。でなければ、ずっと苦しいままだ。

 と考えていたからです。どうにもならないことが起きても、出来ることをひとつでも増やそうとするんですよね。

 そんな若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 最後に

 畠中恵さんの小説『うそうそ』。読めば、若だんなの優しさと強さに感動する物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

悲しすぎて爽やかな気持ちになれる小説/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  悲しい出来事ってありますよね。最近の台風や地震でツライ思いをした方も多いのではないでしょうか。  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』に登場する人物たちもその …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …