webstation plus

(※『うそうそ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『うそうそ』。

 しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。

 読めば、若だんなの優しさと強さに感動すること間違いなし!?

 今回は、『うそうそ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『うそうそ』のあらすじ

 相変わらずの病弱ぶりを発揮している若だんなにさらなる悲劇が押し寄せます。地震のせいで頭の上に籠が落ち、頭を切ってしまったのです。

 しかし、そのおかげで嬉しいことも。生まれて初めての旅、箱根に湯治に行けることになったのです。

 若だんなに同行するのは、何よりも若だんなを大切に思う仁吉と佐吉、そして兄・松之助の三人。

 初めての旅に張り切っていた若だんなでしたが、船に乗るとすぐに仁吉と佐吉がいなくなっていることに気づきました。

 何かあったに違いない…。

 そう思った若だんなでしたが、兄・松之助と二人で引き続き箱根を目指すことに。

 その結果、誘拐、天狗の襲撃、止まらない地震など、次々と難題が押し寄せてきます。

 若だんなはこれらの難題にどう挑むのか!?

 『うそうそ』のおすすめポイント

1. しゃばけシリーズ長編第2弾!?

 シリーズ第5弾の『うそうそ』は、『しゃばけ』以来の長編小説です。

 長編とあって、登場人物も物語の構成もオチもよく練られており、ページをめくる手が止まらなくなるんですよね。

 しかも、今回は多くの登場人物が若だんなの命を狙ってくるので、ハラハラしっぱなしです。

 これまで同様、ミステリー要素の強い時代小説ですが、緊張感も加わり、より一層楽しめる物語です。

2. 窮地に陥ったら他人を犠牲にしてもいいのか?がテーマの物語

 『うそうそ』の登場人物の多くは、窮地に陥ると他人を犠牲にしてでも自分の利益を得ようとします。

 たとえば、龍神が酷く暴れたせいで災いを被った村人たちは、生贄の娘を差し出して龍神の怒りを鎮めようとします。

 幕府から土木工事を命じられた小藩の武士たちは、若だんなたちを人質にとって土木工事から逃れようとします。

 他にも、地震をおさめるために若だんなを生贄にしようとする村人など、誰もが自分のことばかり考えているんですよね。

 読むと腹が立ってきますが、よく考えると自分も似たような選択をしていることに気づきます。責任転嫁したり、屁理屈を言ったりしながら…。

 自分の弱さを見つめ直すきっかけになる物語です。

3. 一歩でも前に進もうとする若だんなに勇気付けられる

 多くの人たちに命を狙われ、窮地に陥った若だんなでしたが、決して諦めることはありませんでした。

 なぜなら、

今を苦しいと思うのなら、次の手を打たなくてはならない。でなければ、ずっと苦しいままだ。

 と考えていたからです。どうにもならないことが起きても、出来ることをひとつでも増やそうとするんですよね。

 そんな若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 最後に

 畠中恵さんの小説『うそうそ』。読めば、若だんなの優しさと強さに感動する物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …