webstation plus

(※『うそうそ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『うそうそ』。

 しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。

 読めば、若だんなの優しさと強さに感動すること間違いなし!?

 今回は、『うそうそ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『うそうそ』のあらすじ

 相変わらずの病弱ぶりを発揮している若だんなにさらなる悲劇が押し寄せます。地震のせいで頭の上に籠が落ち、頭を切ってしまったのです。

 しかし、そのおかげで嬉しいことも。生まれて初めての旅、箱根に湯治に行けることになったのです。

 若だんなに同行するのは、何よりも若だんなを大切に思う仁吉と佐吉、そして兄・松之助の三人。

 初めての旅に張り切っていた若だんなでしたが、船に乗るとすぐに仁吉と佐吉がいなくなっていることに気づきました。

 何かあったに違いない…。

 そう思った若だんなでしたが、兄・松之助と二人で引き続き箱根を目指すことに。

 その結果、誘拐、天狗の襲撃、止まらない地震など、次々と難題が押し寄せてきます。

 若だんなはこれらの難題にどう挑むのか!?

 『うそうそ』のおすすめポイント

1. しゃばけシリーズ長編第2弾!?

 シリーズ第5弾の『うそうそ』は、『しゃばけ』以来の長編小説です。

 長編とあって、登場人物も物語の構成もオチもよく練られており、ページをめくる手が止まらなくなるんですよね。

 しかも、今回は多くの登場人物が若だんなの命を狙ってくるので、ハラハラしっぱなしです。

 これまで同様、ミステリー要素の強い時代小説ですが、緊張感も加わり、より一層楽しめる物語です。

2. 窮地に陥ったら他人を犠牲にしてもいいのか?がテーマの物語

 『うそうそ』の登場人物の多くは、窮地に陥ると他人を犠牲にしてでも自分の利益を得ようとします。

 たとえば、龍神が酷く暴れたせいで災いを被った村人たちは、生贄の娘を差し出して龍神の怒りを鎮めようとします。

 幕府から土木工事を命じられた小藩の武士たちは、若だんなたちを人質にとって土木工事から逃れようとします。

 他にも、地震をおさめるために若だんなを生贄にしようとする村人など、誰もが自分のことばかり考えているんですよね。

 読むと腹が立ってきますが、よく考えると自分も似たような選択をしていることに気づきます。責任転嫁したり、屁理屈を言ったりしながら…。

 自分の弱さを見つめ直すきっかけになる物語です。

3. 一歩でも前に進もうとする若だんなに勇気付けられる

 多くの人たちに命を狙われ、窮地に陥った若だんなでしたが、決して諦めることはありませんでした。

 なぜなら、

今を苦しいと思うのなら、次の手を打たなくてはならない。でなければ、ずっと苦しいままだ。

 と考えていたからです。どうにもならないことが起きても、出来ることをひとつでも増やそうとするんですよね。

 そんな若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 最後に

 畠中恵さんの小説『うそうそ』。読めば、若だんなの優しさと強さに感動する物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …