webstation plus

(※『うそうそ』表紙より)


 畠中恵さんの小説『うそうそ』。

 しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。

 読めば、若だんなの優しさと強さに感動すること間違いなし!?

 今回は、『うそうそ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『うそうそ』のあらすじ

 相変わらずの病弱ぶりを発揮している若だんなにさらなる悲劇が押し寄せます。地震のせいで頭の上に籠が落ち、頭を切ってしまったのです。

 しかし、そのおかげで嬉しいことも。生まれて初めての旅、箱根に湯治に行けることになったのです。

 若だんなに同行するのは、何よりも若だんなを大切に思う仁吉と佐吉、そして兄・松之助の三人。

 初めての旅に張り切っていた若だんなでしたが、船に乗るとすぐに仁吉と佐吉がいなくなっていることに気づきました。

 何かあったに違いない…。

 そう思った若だんなでしたが、兄・松之助と二人で引き続き箱根を目指すことに。

 その結果、誘拐、天狗の襲撃、止まらない地震など、次々と難題が押し寄せてきます。

 若だんなはこれらの難題にどう挑むのか!?

 『うそうそ』のおすすめポイント

1. しゃばけシリーズ長編第2弾!?

 シリーズ第5弾の『うそうそ』は、『しゃばけ』以来の長編小説です。

 長編とあって、登場人物も物語の構成もオチもよく練られており、ページをめくる手が止まらなくなるんですよね。

 しかも、今回は多くの登場人物が若だんなの命を狙ってくるので、ハラハラしっぱなしです。

 これまで同様、ミステリー要素の強い時代小説ですが、緊張感も加わり、より一層楽しめる物語です。

2. 窮地に陥ったら他人を犠牲にしてもいいのか?がテーマの物語

 『うそうそ』の登場人物の多くは、窮地に陥ると他人を犠牲にしてでも自分の利益を得ようとします。

 たとえば、龍神が酷く暴れたせいで災いを被った村人たちは、生贄の娘を差し出して龍神の怒りを鎮めようとします。

 幕府から土木工事を命じられた小藩の武士たちは、若だんなたちを人質にとって土木工事から逃れようとします。

 他にも、地震をおさめるために若だんなを生贄にしようとする村人など、誰もが自分のことばかり考えているんですよね。

 読むと腹が立ってきますが、よく考えると自分も似たような選択をしていることに気づきます。責任転嫁したり、屁理屈を言ったりしながら…。

 自分の弱さを見つめ直すきっかけになる物語です。

3. 一歩でも前に進もうとする若だんなに勇気付けられる

 多くの人たちに命を狙われ、窮地に陥った若だんなでしたが、決して諦めることはありませんでした。

 なぜなら、

今を苦しいと思うのなら、次の手を打たなくてはならない。でなければ、ずっと苦しいままだ。

 と考えていたからです。どうにもならないことが起きても、出来ることをひとつでも増やそうとするんですよね。

 そんな若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 最後に

 畠中恵さんの小説『うそうそ』。読めば、若だんなの優しさと強さに感動する物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

まわりに左右されるか、左右していくか/浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。  転職先を探したり、リストラ対象に自分が入ってないか上 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

戦争で得する人なんていない/深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみるとツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強くな …

日本でも表現の自由が規制されている/有川浩『図書館危機』感想

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …