webstation plus

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。

 それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いたおかげで、冷静に考えることができました。

 少し言語化でき始めたので、文章として書き起こしてみようと思います。

 ホワイトカラーの仕事の多くがコンピュータにもっていかれる

 これは間違いなくやってくると思います。既得権益を維持しようとする人たちのおかげで、残る仕事もあるでしょうが、私も含めて大半のホワイトカラーが職を失います。

 たとえば、タクシーの配送係。これまで顧客からのリクエストを受けた配送係がオペレーションをしていましたが、Uberの登場により、その業務をコンピュータにやらせることで人件費を大幅に削減できるようになりました。

 日本では法律上の規制があるため、Uberの本格的な導入はできていませんが、本格導入ができれば、タクシーの運賃は大幅に下がり、一方でドライバーの収入が増えるというメリットがあります(※日本のタクシードライバーの3倍儲かっているそうです)。

 問題は、マネジメントという中間的な位置で食べていた人が職を失うだけ。

 IT業界でも何の専門性もないホワイトカラーは絶滅する

 これは事務的な業務に限った話ではありません。私が働いているIT業界でも同じことが起こります。

 特に私はAIやロボティクス関連の開発業務をしているので敏感なのかもしれませんが、多くの仕事がAIやロボティクスにとって代わられるように思います。

 なかでも、新しい価値を生み出さない、いわゆる中間管理職的な業務は、間違いなくコンピュータに置き換え可能です。

 また、ディープラーニングによって、ある程度の処理であれば、簡単に精度よく実現できるようになりました。機械学習は黒魔術とも言われているように、なぜか分からないのに結果が出てしまいます。

 つまり、ある程度の処理であれば、論理がわからなくても、簡単なプログラムで実現できてしまうんですよね。

 言い換えれば、ディープラーニングでは実現できない専門性があり、それでいて新しい価値が生み出せなければ、エンジニアとして生き残れないということです。さらに…。

 40代で市場価値が最大化し50代以降は降下する

 私はホワイトカラーの会社員としての市場価値が最大化する40代に突入しようとしています。

 しかも、業務の多くが中間管理職的なものになってきているので、まさにコンピュータにとって変わられそうな仕事をしているんですよね。

 だからこそ、新しい価値を生み出せる専門性を身につけなくては…と焦っていたのだと思います。

 とはいえ、タクシー運転手のように、コンピュータに使われる職業につけば仕事はなくなりません。

 自動運転がある程度実用化され、Uberが本格導入されれば、タクシー運転手の仕事は、コンピュータからの指示に従って、コンピュータの自動運転を補助する役割を担うことになるでしょう。まさにコンピュータに使われる人間になります。

 一方で、専門性をもった、コンピュータでは実現が難しい新しい価値が生み出せる人は、これからの世界をつくることができます。

 私も出来ればその一人になりたい。これまで以上に、専門性を磨き、新しい世界をつくる側でいたい…そんな思いが焦りに変わったのかもしれません。

 では、どうするのか

 専門性を磨くしかないですよね。自分で問題を見つけ、解いていくプロセスを繰り返すしかありません。どこかの誰かが言っている内容をまとめたり、試したところで、ウィキペディアにさえ勝てないのですから。

 では、自分の解きたい問題は何なのか。この問いについては、もう少し考えてみようと思います。

 関連記事

整理・整頓で時間とお金が貯まる!?徹底的に無駄を減らす片付け法

 片付けをしていますか?  私はどちらかと言えばキレイ好きなので、できるだけ片付けをするようにしていますが、もし、あまり片付けをしていないようなら損をしているかもしれません。  なぜなら、多くの無駄が発生しているからです …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「人を騙すことはできても自分は騙せない」は嘘!?ありのままの自分を受け入れる方法

 ありのままの自分を受け入れていますか?  「もちろん受け入れている!」と答える人も多いでしょう。しかし、実は多くの人が実力以上に自分を評価したり、正当化したり、誤魔化したりして、自分を騙しています。  なぜ、自分を騙す …

「もう諦めよう…」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学ぼう

 新しいことに挑戦しようと決意しても、すぐに諦めていませんか?  もしそうだとしたら、スポーツ選手の名言に触れてみるのも良いかもしれません。諦めたくなる「弱い心」を打ち破るきっかけになるからです。  一流のスポーツ選手っ …

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …

人工知能(AI)と共存するための生存戦略/2030年には50%の仕事がなくなる!?

 AIやロボティクスの発展が凄まじいですよね。  将棋やチェスといったゲームの世界だけでなく、介護や育児を補助する人型ロボット、あるいは自動走行する車など、多くの分野にAIやロボティクスが活用されようとしています。  こ …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …