webstation plus

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。

 それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いたおかげで、冷静に考えることができました。

 少し言語化でき始めたので、文章として書き起こしてみようと思います。

 ホワイトカラーの仕事の多くがコンピュータにもっていかれる

 これは間違いなくやってくると思います。既得権益を維持しようとする人たちのおかげで、残る仕事もあるでしょうが、私も含めて大半のホワイトカラーが職を失います。

 たとえば、タクシーの配送係。これまで顧客からのリクエストを受けた配送係がオペレーションをしていましたが、Uberの登場により、その業務をコンピュータにやらせることで人件費を大幅に削減できるようになりました。

 日本では法律上の規制があるため、Uberの本格的な導入はできていませんが、本格導入ができれば、タクシーの運賃は大幅に下がり、一方でドライバーの収入が増えるというメリットがあります(※日本のタクシードライバーの3倍儲かっているそうです)。

 問題は、マネジメントという中間的な位置で食べていた人が職を失うだけ。

 IT業界でも何の専門性もないホワイトカラーは絶滅する

 これは事務的な業務に限った話ではありません。私が働いているIT業界でも同じことが起こります。

 特に私はAIやロボティクス関連の開発業務をしているので敏感なのかもしれませんが、多くの仕事がAIやロボティクスにとって代わられるように思います。

 なかでも、新しい価値を生み出さない、いわゆる中間管理職的な業務は、間違いなくコンピュータに置き換え可能です。

 また、ディープラーニングによって、ある程度の処理であれば、簡単に精度よく実現できるようになりました。機械学習は黒魔術とも言われているように、なぜか分からないのに結果が出てしまいます。

 つまり、ある程度の処理であれば、論理がわからなくても、簡単なプログラムで実現できてしまうんですよね。

 言い換えれば、ディープラーニングでは実現できない専門性があり、それでいて新しい価値が生み出せなければ、エンジニアとして生き残れないということです。さらに…。

 40代で市場価値が最大化し50代以降は降下する

 私はホワイトカラーの会社員としての市場価値が最大化する40代に突入しようとしています。

 しかも、業務の多くが中間管理職的なものになってきているので、まさにコンピュータにとって変わられそうな仕事をしているんですよね。

 だからこそ、新しい価値を生み出せる専門性を身につけなくては…と焦っていたのだと思います。

 とはいえ、タクシー運転手のように、コンピュータに使われる職業につけば仕事はなくなりません。

 自動運転がある程度実用化され、Uberが本格導入されれば、タクシー運転手の仕事は、コンピュータからの指示に従って、コンピュータの自動運転を補助する役割を担うことになるでしょう。まさにコンピュータに使われる人間になります。

 一方で、専門性をもった、コンピュータでは実現が難しい新しい価値が生み出せる人は、これからの世界をつくることができます。

 私も出来ればその一人になりたい。これまで以上に、専門性を磨き、新しい世界をつくる側でいたい…そんな思いが焦りに変わったのかもしれません。

 では、どうするのか

 専門性を磨くしかないですよね。自分で問題を見つけ、解いていくプロセスを繰り返すしかありません。どこかの誰かが言っている内容をまとめたり、試したところで、ウィキペディアにさえ勝てないのですから。

 では、自分の解きたい問題は何なのか。この問いについては、もう少し考えてみようと思います。

 関連記事

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …