webstation plus

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。

 とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにUNOを購入しました。少し早かったかなぁ…と心配していましたが、1回の説明でほぼルールを覚えるほどのハマりっぷり。子どもは覚えるのが本当に早い!?

 というわけで、今回はUNOのご紹介です。

 まずはトランプで勝負できるように

 UNOで遊ぶ前に、まずはカードゲームの基本であるトランプで遊べるようになったほうがいいでしょう。UNOはある程度ルールが固定されているわりに複雑ですが、トランプは簡単で幅広い遊び方ができるので。

 「神経衰弱」や「ババ抜き」、「七並べ」などで遊べるようになると、カードゲームの面白さがわかります。3歳の娘もお兄ちゃんにつられてトランプの虜に。特に「神経衰弱」は私が真剣に勝負しても負けることが多くなりました。

 UNOのルール

 基本的なルールは、配られた7枚のカードを手札として、場に出ているカードと同じ色か同じ数字のカード、あるいは記号カードを出していき、すべてのカードを使い切った人が勝ちというもの。

 数字カードは1から9まで、記号カードは以下の5種類があります。

 左から順に:

「ドロー2」:次のプレイヤーに山札から2枚取らせて一回休みにできるカード
「スキップ」:次のプレイヤーを飛ばせるカード
「リバース」:カードを出す順番を反対回りにできるカード
「ワイルド」:場の色を指定できるカード
「ワイルドドロー4」:場の色を指定できる上に、次のプレイヤーに山札から4枚取らすことができるカード

 他にも細かいルールが色々あるので、説明書を読みながら覚えていくといいでしょう。また、ローカルルールを決めることもできるので、ゲームの幅が広がります。ちなみに、今回採用したローカルルールはこちら。

・同じ数字カードは何枚でも同時に出せる
・「ドロー2」を使われた場合、次の人も「ドロー2」を出せば効果を重ねて次の人に渡すことができる(「ワイルドドロー4」も一緒)
・あがるときは数字カードを出す必要があり、記号カードを出した場合はペナルティとして2枚引く

 子どもたちもすぐに覚えてくれました。

 実際に息子とプレイした結果

 冒頭にも書いたように、すぐにルールを覚えてくれました。しかも、自分なりに勝つ方法を考えているようで、「ワイルド」や「ワイルドドロー4」を手札に持っていても序盤では出さないといった大人顔負けの戦い方をしていました。

 また、今回購入した『GET WILD FOR UNO』は、従来のUNOに比べて2種類の記号カードが追加されています。こちらも効果的に使っていました。

 左から順に:

「とりかえっこワイルド」:指定した相手と手持ちのカードを全て交換できるカード
「白いワイルドカード」:オリジナルルールが作れるカード

 息子は「とりかえっこワイルド」が気に入ったようで、「白いワイルドカード」にも「とりかえっこワイルド」と同じ意味を持たせるなど、自分でルールを決めていました。子どもは私が想像している以上に考える力があるのですね。

 というわけで、考える力が育つカードゲーム『UNO』。おすすめです。「家の中で何して過ごそうかなぁ…」と迷った時にでも試されてみてはどうでしょうか。

 関連記事

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

2020年以降の大学入試で求められるのは「偏差値」よりも「主体性」

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

「叱る」よりも「励ます」/言うことを聞かない子どもへの対処法

 子どもが言うことを聞かないとき、すぐに「叱って」いないだろうか。「片づけなさい」「宿題をしなさい」「早くご飯を食べなさい」などなど。しかし、独立行政法人青少年教育振興機構の調査によると、実は叱るだけムダだということがわ …

キッカケがあれば子どもは伸びる!おすすめの絵本&ゲーム

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると翔くんは言います。  では …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

子どもにイライラするのは意志力が弱いから!?

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …