webstation plus

flow_01

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。

 では、自律神経のバランスはどのような状況で乱れるのでしょうか。大きく5つの状況が考えられます。

  1. 余裕がないとき
  2. 体調が悪いとき
  3. 自信がないとき
  4. 想定外のことが起きたとき
  5. 環境が悪いとき

 たしかに、このような状況では、「悪い流れ」に陥ってしまいそうですよね。しかし、このような状況でも、「悪い流れ」を「いい流れ」に変えていける人たちがいます。

 では、彼らはどうやって自律神経のバランスを整え、「いい流れ」をつくっているのでしょうか。

 「悪い流れ」を断ち切り、「いい流れ」をつくる方法

 それは、「結果」にとらわれないことです。「結果」にとらわれると、心に迷いが生じて自律神経が乱れ、パフォーマンスが落ちてしまうからです。

 たとえば、野球のバッターなら「絶対にヒットを打たなきゃ」と結果にとらわれると、バッティングが硬くなってパフォーマンスを低下させてしまいます。仕事でプレゼンをするときも「絶対に成功させて評価を上げよう」などと思うとカラ回りしてしまいがちですよね。

 だから、できるだけ勝敗や成績にスポットをあてないほうがいい。では、いったい何にスポットを当てればいいのでしょうか。結論からいえば、「悩みぬいた自分」「やりぬいた自分」です。

1. 徹底的に準備をする

 「悩みぬく」「やりぬく」ために必要なことが、「徹底的に準備をする」ことです。

 私たちがいちばん自律神経を乱してしまうのは、「不意打ち」を食らったとき。「まさかこんな問題が出てくるとは思わなかった」という想定外の悩みやトラブルが出現したときに、自律神経が乱れ、本来の力が発揮できなくなるのです。

 打てる対策は、ただひとつ。できるかぎりの準備をして、悩みそうな不安要素をすべて潰しておくこと。「さすがにこれだけやっておけば大丈夫だろう」と十分に納得するまでやっておくことです。

 そうすれば、たとえ「不意打ち」を食らったとしても、「ここまで準備したんだから仕方がないか」と、いい意味で諦めることができます。だからこそ、少しでも悩んだら動いておく。そんな習慣を身につけておきましょう。

2. 覚悟を決める

 とはいえ、どうしても動けないときもあるでしょう。そんなときは、「高いハードルを低くするコツ」をつかむのがいちばん。具体的には、「悩みは消せるものだ」ということを頭にインプットし、「小さい悩み」から片付けていくのです。

 そもそも、私たちが大きなハードルを越えることができるのは、どんなときでしょうか。

 それは覚悟を持ったときです。覚悟というのは、とことん悩み抜いて、とことんやりぬいた人が最終的にたどり着く境地。「ここまでやったんだから、成功しようが失敗しようが仕方がない」と思える境地のことです。

 まずは小さい悩みから片付けていき、自信をつけて、だんだん大きい悩みに立ち向かっていく。そうして、悩み抜き、しっかり準備をして、覚悟を決めてやりぬいていけば、私たちはどんな壁も越えていけるし、どんな高いハードルも越えていけるのです。

 さらに、そうやって多くの悩みを乗り越えていけば、「流れ」をつくることができます。ひとつひとつ自分の可能性を切り拓きながら、いい流れをつくっていきましょう。

 まとめ

 人生において「悪い流れ」に陥ってしまうことは何度もあります。そのとき、結果にとらわれてしまうと、ますます深みにハマってしまう。

 だからこそ、あまり勝ち負けにこだわらず、目の前のことにスポットを当て、全力で取り組んでいきましょう。そうすれば、気づいたときには、想像していなかったような素晴らしい世界が広がっているかもしれませんよ。

 関連記事

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「幸せな人」にはあって、「不幸な人」には足りていないもの

 あなたは、幸せですか?  この質問に「幸せじゃない!」と答えられた方は、これから紹介する方法を試してみてはどうでしょうか。きっと、幸せを感じられるはず。  そもそも、幸せとは何でしょうか? ・お金持ちになること? ・い …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

 最近、年度末ということもあり、来年度にやる仕事内容を整理しているのですが、「考える力が足りていない!」と上司から叱られています。  とはいえ、私としては精一杯考えているつもり。このギャップを埋めるにはどうすればいいの? …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …