webstation plus

 誰かを愛していますか?

 私は結婚して子供がいるので、毎日妻や子供たちを愛していますが、小川糸さんの小説『つるかめ助産院』を読んで、結婚しても相手を愛せない人がいることに気づきました。

 本当にその人のことを愛していれば、人生でいちばん悲しい出来事を話せるはずですよね。

 突然夫に出ていかれた主人公の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は小野寺まりあ。彼女の夫・小野寺くんは1ヶ月前に突然姿を消しました。

 彼は姿を消す直前に働いていたデザイン事務所に辞表を出しており、しかも携帯電話を自宅に置きっぱなしにしていたので連絡をとることができませんでした。

 そこでまりあは、彼と一緒に婚前旅行でやってきたハートのカタチをした南の島を訪れます。もしかすると小野寺くんに会えるかもしれないと期待したからです。

 しかし、その島で出会ったのは、鶴田亀子という50歳前後の女性でした。彼女はまりあに一緒にご飯でも食べていかないかと声をかけてくれます。

 そこは、つるかめ助産院という赤ちゃんを産むための施設でしたが、出産とは関係がない人たちで賑わっていました。

 長老やエミリーと呼ばれる老人たちや、パクチー嬢やサミーと呼ばれるまりあと同年代の人たち、子供たちまでもが一緒になって食事をしていたのです。

 まりあは他人と関わるのが苦手だったので断ろうとしますが、船酔いで気持ちが悪かったこともあり、胃薬でも貰おうと一緒について行ったところ…。

 誰もが心に傷を負いながら生きている

 あまりの食事の美味しさにどんどん食べてしまうんですよね。

 海老のココナツカレー炒めや海藻オムレツ、オクラのステーキなど、どれもスーパーやコンビニで口にしてきたものとは別物だったからです。

 それだけでなく、つるかめ先生に呼ばれて診察してもらったところ、お腹の中に小野寺くんの子供が宿っていることがわかります。

 まりあは産むかどうか迷いましたが、それからしばらく助産院の手伝いをするようになって産むことを決意しました。つるかめ先生たちの優しさに触れて子供を産みたいと心から思えるようになったからです。

 ところが、彼女の心の奥底には不安が渦巻いていました。自分は誰からも愛されていない不幸な人間だと思っていたからです。

 まりあは産まれてすぐに教会に捨てられました。それからしばらくは児童養護施設で暮らしましたが、小学四年生のときに安西夫婦に引き取られます。

 そこでの暮らしは贅沢なものでしたが、安西夫婦の娘が海の事故で亡くなっていたこともあり、その身代わりとしての生活に嫌気がさしていたのです。

 私を見てほしい、愛してほしいと心の中で悲鳴をあげていたんですよね。

 そこで彼女が高校生の時に家庭教師だった小野寺くんと結婚して今に至るのですが…。彼女は自分がゴミなので、2回も捨てられたのだと心に深い傷を負っていたのです。

 この話を心を許すようになったつるかめ先生やパクチー嬢、サミーにしたところ…。

 愛とは一番の悲しみを伝えられること

 彼らも心の奥底につらくて悲しい思いを秘めていることがわかるんですよね。

 それだけでなく、ある人から「人生で一番悲しいことってあるでしょう?それを話せるってことが、その人を愛している証拠なの」と教えられ、まりあは反省しました。

 小野寺くんに自分のことを何ひとつ話してこなかったからです。そこでまりあは…。

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、小川糸さんの小説『つるかめ助産院』は、愛とは一番の悲しみを相手に伝えられるほど心を開くことだとわかる物語ですが、

 それだけでなく南の島で暮らしてみたくなる物語としても、美味しいごはんが食べたくなる物語としても、生死について考えたくなる物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想/異なるジャンルの短編がゆるやかにつながる小説

 伊坂幸太郎さんの小説といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくのが特徴ですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は大切にしているつもりでしたが、よくよく考えてみると、仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思えてきました。  伊坂幸太郎さんの小説『バイバイ、ブラックバード』を読ん …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …