webstation plus

 小説を読んでいますか?

 私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。

 では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力があるからです。その魔法とは…。

 小説には不思議な魅力がある

 物語の舞台は、佐山尚一が書いた小説『熱帯』の謎を解き明かそうとする人たちがいる日本。

 なぜか『熱帯』を最後まで読んだ人が誰もおらず、しかも再び購入しようとしても手に入らないため、その謎を解き明かそうと多くの人たちが躍起になっていました。

 池内さんという輸入家具屋で働くサラリーマンもそのひとり。彼は「学団」と呼ばれる読書会に参加し、メンバーたちとともに『熱帯』の謎に迫っていました。

 しかし、どれだけ記憶をサルベージしても、謎は解き明かせません。半分ほど読むと、小説そのものが消えてなくなってしまうからです。

 ところが、白石さんという女性が学団に参加したことで物語が大きく動き出します。千夜さんという女性が何かに気づき、京都に出かけたのです。池内さんもそのあとを追いかけますが…。

 というように、小説には「物語の謎が気になって解き明かしたくなる」という不思議な魅力があります。

 それだけでなく…。

 物語にハマると現実との境目がわからなくなる

 『熱帯』という謎多き物語にハマった人たちは、現実と物語の境目がわからなくなっていきました。

 池内さんは千夜さんを追いかけて京都に行くと、自分が『熱帯』という物語の中にいるような錯覚に襲われます。自分の行動が『熱帯』に書かれている物語のように思えて、小説を読んでいるのか、本当に行動しているのかわからなくなるんですよね。

 それだけでなく、東京にいる白石さんの声を聞いたりします。

 他の登場人物たちも似たようなものです。ある人物は『熱帯』の謎を解き明かすために暴力的になるなど、手段を選ばなくなりました。

 …というのは、極端な例ですが、物語を読んでいると、まるで自分が登場人物になったかのように感じることがありますよね。

 誰かが殺されるシーンを読むと顔が歪んだり、恋愛のシーンを読むとドキドキしたり、あるいは、主人公が活躍するシーンを読むと爽快な気分になったりと、私たちは物語と連動して心が揺れ動いています。

 さらに、ものすごくハマれば、現実と物語の境界がわからなくなることさえあります。

 つまり、小説に秘められた魔法とは…。

 私たちは望めば誰にでもなれる

 私たちは望めば誰にでもなれるということです。

 もちろん、現実離れした魔法をかけることはできませんが、物語の主人公たちと同じように勇気と愛情を持って行動すれば現実はどのようにでも変えられます。

 そうした勇気と愛情が湧いてくるほど物語には大きな力があるんですよね。

 そんな物語の偉大な力を教えてくれる小説が森見登美彦さんの『熱帯』。最後まで謎多き物語ですが、読めば『熱帯』の魅力にハマりますよ。

 関連記事

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …