webstation plus

 小説を読んでいますか?

 私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。

 では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力があるからです。その魔法とは…。

 小説には不思議な魅力がある

 物語の舞台は、佐山尚一が書いた小説『熱帯』の謎を解き明かそうとする人たちがいる日本。

 なぜか『熱帯』を最後まで読んだ人が誰もおらず、しかも再び購入しようとしても手に入らないため、その謎を解き明かそうと多くの人たちが躍起になっていました。

 池内さんという輸入家具屋で働くサラリーマンもそのひとり。彼は「学団」と呼ばれる読書会に参加し、メンバーたちとともに『熱帯』の謎に迫っていました。

 しかし、どれだけ記憶をサルベージしても、謎は解き明かせません。半分ほど読むと、小説そのものが消えてなくなってしまうからです。

 ところが、白石さんという女性が学団に参加したことで物語が大きく動き出します。千夜さんという女性が何かに気づき、京都に出かけたのです。池内さんもそのあとを追いかけますが…。

 というように、小説には「物語の謎が気になって解き明かしたくなる」という不思議な魅力があります。

 それだけでなく…。

 物語にハマると現実との境目がわからなくなる

 『熱帯』という謎多き物語にハマった人たちは、現実と物語の境目がわからなくなっていきました。

 池内さんは千夜さんを追いかけて京都に行くと、自分が『熱帯』という物語の中にいるような錯覚に襲われます。自分の行動が『熱帯』に書かれている物語のように思えて、小説を読んでいるのか、本当に行動しているのかわからなくなるんですよね。

 それだけでなく、東京にいる白石さんの声を聞いたりします。

 他の登場人物たちも似たようなものです。ある人物は『熱帯』の謎を解き明かすために暴力的になるなど、手段を選ばなくなりました。

 …というのは、極端な例ですが、物語を読んでいると、まるで自分が登場人物になったかのように感じることがありますよね。

 誰かが殺されるシーンを読むと顔が歪んだり、恋愛のシーンを読むとドキドキしたり、あるいは、主人公が活躍するシーンを読むと爽快な気分になったりと、私たちは物語と連動して心が揺れ動いています。

 さらに、ものすごくハマれば、現実と物語の境界がわからなくなることさえあります。

 つまり、小説に秘められた魔法とは…。

 私たちは望めば誰にでもなれる

 私たちは望めば誰にでもなれるということです。

 もちろん、現実離れした魔法をかけることはできませんが、物語の主人公たちと同じように勇気と愛情を持って行動すれば現実はどのようにでも変えられます。

 そうした勇気と愛情が湧いてくるほど物語には大きな力があるんですよね。

 そんな物語の偉大な力を教えてくれる小説が森見登美彦さんの『熱帯』。最後まで謎多き物語ですが、読めば『熱帯』の魅力にハマりますよ。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

原田マハ『たゆたえども沈まず』はゴッホの悲しい生涯に胸が痛くなる物語

 美術に興味を持っていますか?  私はあまり興味がなく、ゴッホについてもほとんど知りませんでしたが、原田マハさんの小説『たゆたえども沈まず』を読んで、ゴッホの作品を見てみたくなりました。  ゴッホの生涯を知った今では、彼 …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想/異なるジャンルの短編がゆるやかにつながる小説

 伊坂幸太郎さんの小説といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくのが特徴ですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …