webstation plus

 小説を読んでいますか?

 私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。

 では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力があるからです。その魔法とは…。

 小説には不思議な魅力がある

 物語の舞台は、佐山尚一が書いた小説『熱帯』の謎を解き明かそうとする人たちがいる日本。

 なぜか『熱帯』を最後まで読んだ人が誰もおらず、しかも再び購入しようとしても手に入らないため、その謎を解き明かそうと多くの人たちが躍起になっていました。

 池内さんという輸入家具屋で働くサラリーマンもそのひとり。彼は「学団」と呼ばれる読書会に参加し、メンバーたちとともに『熱帯』の謎に迫っていました。

 しかし、どれだけ記憶をサルベージしても、謎は解き明かせません。半分ほど読むと、小説そのものが消えてなくなってしまうからです。

 ところが、白石さんという女性が学団に参加したことで物語が大きく動き出します。千夜さんという女性が何かに気づき、京都に出かけたのです。池内さんもそのあとを追いかけますが…。

 というように、小説には「物語の謎が気になって解き明かしたくなる」という不思議な魅力があります。

 それだけでなく…。

 物語にハマると現実との境目がわからなくなる

 『熱帯』という謎多き物語にハマった人たちは、現実と物語の境目がわからなくなっていきました。

 池内さんは千夜さんを追いかけて京都に行くと、自分が『熱帯』という物語の中にいるような錯覚に襲われます。自分の行動が『熱帯』に書かれている物語のように思えて、小説を読んでいるのか、本当に行動しているのかわからなくなるんですよね。

 それだけでなく、東京にいる白石さんの声を聞いたりします。

 他の登場人物たちも似たようなものです。ある人物は『熱帯』の謎を解き明かすために暴力的になるなど、手段を選ばなくなりました。

 …というのは、極端な例ですが、物語を読んでいると、まるで自分が登場人物になったかのように感じることがありますよね。

 誰かが殺されるシーンを読むと顔が歪んだり、恋愛のシーンを読むとドキドキしたり、あるいは、主人公が活躍するシーンを読むと爽快な気分になったりと、私たちは物語と連動して心が揺れ動いています。

 さらに、ものすごくハマれば、現実と物語の境界がわからなくなることさえあります。

 つまり、小説に秘められた魔法とは…。

 私たちは望めば誰にでもなれる

 私たちは望めば誰にでもなれるということです。

 もちろん、現実離れした魔法をかけることはできませんが、物語の主人公たちと同じように勇気と愛情を持って行動すれば現実はどのようにでも変えられます。

 そうした勇気と愛情が湧いてくるほど物語には大きな力があるんですよね。

 そんな物語の偉大な力を教えてくれる小説が森見登美彦さんの『熱帯』。最後まで謎多き物語ですが、読めば『熱帯』の魅力にハマりますよ。

 関連記事

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

池井戸潤『銀行総務特命』感想/AIに奪われない仕事をしよう

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」  とは、グーグルの創業者であるラリー・ペイジの言葉ですが、彼はAIの進化によって、現在の仕事のほとんどがAIとロボットに取って代わられると断言しています。   …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …