webstation plus

 言葉には世界を変える力があります。

 たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。

 当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、ヒラリー・クリントン。オバマが負けるのは火を見るよりも明らかでした。

 しかし、彼は言葉の力で巻き返しをはかるんですよね。

 言葉には世界を変える力がある

 いつの時代でも有権者たちは「政治家なんて信じられない」と思っています。

 そこでオバマは、人々の疑いを吹き飛ばすために「希望、そして変化」を合言葉に訴えかけていきました。

 その結果、多くの人たちがオバマの言葉に動かされ、見事初戦を勝利します。

 一方、初戦に敗れたヒラリーは、オバマの経験不足を指摘することで巻き返しをはかります。自分の実績を強調し、オバマのいう希望や変化は言葉だけに過ぎないと攻撃しました。

 しかし、オバマは言葉の力を信じていました。「私たちはできる(Yes We can)」を合言葉に各地で演説を展開。徐々に人々の心を捉えていきます。

 そして、ニューハンプシャー州で敗れはしたものの、多くの勝利を手にし、民主党の候補者に選ばれました。有権者は、ヒラリーの「実績」よりも、オバマの「言葉」に期待を寄せたのです。

 言葉の力を、あなたも信じてみたらどう?

 とは、物語に登場する伝説のスピーチライター・久遠久美の言葉です。

 物語の主人公・二ノ宮こと葉は、想いを寄せていた幼馴染の結婚式で、彼女のスピーチと出会い、久美のように言葉を操りたいと強く願うようになります。

 そんなこと葉に久美は「スピーチの極意 十箇条」を教えます。

  1. スピーチの目指すところを明確にすること
  2. エピソード、具体例を盛りこんだ原稿を作り、全文暗記すること
  3. 力を抜き、心静かに平常心で臨むこと
  4. タイムキーパーを立てること
  5. トップバッターとして登場するのは極力避けること
  6. 聴衆が静かになるのを待って始めること
  7. しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながら語りかけること
  8. 言葉はゆっくり、声は腹から出すこと
  9. 導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること
  10. 最後まで、決して泣かないこと

 この十箇条を駆使してスピーチをすれば、世界を動かす力を手にすることが出来ると言うんですよね。

 しかし一方で、言葉の力だけで勝ち上がってきた人たちがいました。郵政民営化を推進した小泉純一郎その人です。

 彼は郵政民営化、後期高齢者医療制度の実施、ずさんな年金制度の放置、官僚依存体質など、欲しいままにこの国を操作してきました。

 長期政権の上にあぐらをかき、国民の声に耳を傾けず、おのれの保身に走る族議員たちを数多く従えていました。それでもスピーチがうまかったので当選したのです。

 そこで、こと葉は…。

 言葉だけでなく中身も詰まった人間であろうとする

 言葉だけでなく、中身も詰まった人間を自民党(作中では進展党)の対抗馬として応援することに決めるんですよね。

 仕事を辞め、政治家のスピーチライターとして人生をかけた勝負に挑みます。

 この結末は実際に読んでもらうとして、言葉には世界を動かす力がありますが、言葉だけでは、いずれ化けの皮が剥がれます。

 そんな悲しい人間を目指すのではなく、言葉も中身も詰まった人間になりたいと思える物語でした。

 ◆

 原田マハさんの小説『本日は、お日柄もよく』。読めば言葉の力を使いたくなる物語です。

 それだけでなく「泣けること間違いなし!」なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要なんてない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …