webstation plus

 言葉には世界を変える力があります。

 たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。

 当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、ヒラリー・クリントン。オバマが負けるのは火を見るよりも明らかでした。

 しかし、彼は言葉の力で巻き返しをはかるんですよね。

 言葉には世界を変える力がある

 いつの時代でも有権者たちは「政治家なんて信じられない」と思っています。

 そこでオバマは、人々の疑いを吹き飛ばすために「希望、そして変化」を合言葉に訴えかけていきました。

 その結果、多くの人たちがオバマの言葉に動かされ、見事初戦を勝利します。

 一方、初戦に敗れたヒラリーは、オバマの経験不足を指摘することで巻き返しをはかります。自分の実績を強調し、オバマのいう希望や変化は言葉だけに過ぎないと攻撃しました。

 しかし、オバマは言葉の力を信じていました。「私たちはできる(Yes We can)」を合言葉に各地で演説を展開。徐々に人々の心を捉えていきます。

 そして、ニューハンプシャー州で敗れはしたものの、多くの勝利を手にし、民主党の候補者に選ばれました。有権者は、ヒラリーの「実績」よりも、オバマの「言葉」に期待を寄せたのです。

 言葉の力を、あなたも信じてみたらどう?

 とは、物語に登場する伝説のスピーチライター・久遠久美の言葉です。

 物語の主人公・二ノ宮こと葉は、想いを寄せていた幼馴染の結婚式で、彼女のスピーチと出会い、久美のように言葉を操りたいと強く願うようになります。

 そんなこと葉に久美は「スピーチの極意 十箇条」を教えます。

  1. スピーチの目指すところを明確にすること
  2. エピソード、具体例を盛りこんだ原稿を作り、全文暗記すること
  3. 力を抜き、心静かに平常心で臨むこと
  4. タイムキーパーを立てること
  5. トップバッターとして登場するのは極力避けること
  6. 聴衆が静かになるのを待って始めること
  7. しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながら語りかけること
  8. 言葉はゆっくり、声は腹から出すこと
  9. 導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること
  10. 最後まで、決して泣かないこと

 この十箇条を駆使してスピーチをすれば、世界を動かす力を手にすることが出来ると言うんですよね。

 しかし一方で、言葉の力だけで勝ち上がってきた人たちがいました。郵政民営化を推進した小泉純一郎その人です。

 彼は郵政民営化、後期高齢者医療制度の実施、ずさんな年金制度の放置、官僚依存体質など、欲しいままにこの国を操作してきました。

 長期政権の上にあぐらをかき、国民の声に耳を傾けず、おのれの保身に走る族議員たちを数多く従えていました。それでもスピーチがうまかったので当選したのです。

 そこで、こと葉は…。

 言葉だけでなく中身も詰まった人間であろうとする

 言葉だけでなく、中身も詰まった人間を自民党(作中では進展党)の対抗馬として応援することに決めるんですよね。

 仕事を辞め、政治家のスピーチライターとして人生をかけた勝負に挑みます。

 この結末は実際に読んでもらうとして、言葉には世界を動かす力がありますが、言葉だけでは、いずれ化けの皮が剥がれます。

 そんな悲しい人間を目指すのではなく、言葉も中身も詰まった人間になりたいと思える物語でした。

 ◆

 原田マハさんの小説『本日は、お日柄もよく』。読めば言葉の力を使いたくなる物語です。

 それだけでなく「泣けること間違いなし!」なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …