webstation plus

obama_02

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。

 当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名度で圧倒的優位に立っていたヒラリー・クリントン氏。オバマ氏が敗れるのは火を見るよりも明らかだった。そこでオバマ氏は、「言葉の力」で巻き返しをはかる。

 いつの世も有権者たちは、「どうせ政治家なんて信じられない」と思っている。だからオバマ氏は、人々の疑いを吹き飛ばすために、「希望、そして変化」を信じてもらえるよう訴えかけていった。その結果、多くの有権者たちがオバマ氏の言葉に動かされ――オバマ氏は見事初戦を勝利で飾ることができた。

 一方、初戦に敗れたヒラリー氏は、オバマ氏の「経験不足」を指摘することで巻き返しをはかる。自分の実績を強調し、オバマ氏のいう「希望や変化」は言葉だけに過ぎないと攻撃した。

 しかし、オバマ氏はそんな批判にもめげず、「私たちにはできる(Yes We can)」を合言葉に各地で演説を展開。徐々に人々の心を捉えていく。その結果――ニューハンプシャー州で敗れはしたものの、オバマ氏が民主党の候補者に選ばれることになった。すなわち、有権者たちは、ヒラリー氏の「実績」よりも、オバマ氏の「言葉」に期待を寄せたのである。

 「言葉の力を、あなたも信じてみたらどう?」とは、伝説のスピーチライター久遠久美の言葉だ。小説『本日は、お日柄もよく』は、平凡なOL・二ノ宮こと葉が、想いをよせていた幼馴染の結婚式で、涙が溢れるほど感動的なスピーチに出会い、そのスピーチライターである久美に弟子入りするところから物語がはじまる。

 久美に弟子入りしたこと葉は、久美から「スピーチの極意 十箇条」なるものを教わった。それは:

  1. スピーチの目指すところを明確にすること
  2. エピソード、具体例を盛りこんだ原稿を作り、全文暗記すること
  3. 力を抜き、心静かに平常心で臨むこと
  4. タイムキーパーを立てること
  5. トップバッターとして登場するのは極力避けること
  6. 聴衆が静かになるのを待って始めること
  7. しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながら語りかけること
  8. 言葉はゆっくり、声は腹から出すこと
  9. 導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること
  10. 最後まで、決して泣かないこと

 久美は、この十箇条の基本となる「静」の考え方をこと葉に教えていく。

 まず、心を平静にして思い浮かべる。このスピーチの目指すところはどこにあるのか。それは、スピーチをする場や状況によってさまざまだ。披露宴のときは、新郎新婦を祝って。弔事ならば、故人を偲び、遺族を思いやって。国会の演説ならば、国民全体の気持ちを代弁しなければならない。

 それから、スピーチに向かうとき。必要以上に力を入れたり、虚勢を張ったりする必要はない。力を抜き、心静かに平常心で臨む。

 そして、壇上に上がって、まず五秒待つ。会場が静かになるのを。五秒で無理なら、十秒。それでもダメなら十五秒。十五秒というのは、けっこう長い。たいてい、聴衆は十五秒以内に静まる。だから、壇上に上がってすぐに始めずに、五秒間隔で静かになるのを待つ。

 スピーチの導入部も、あくまで静かに始める。はじめ方はさまざまだが、「ただいまご紹介にあずかりました」とか「ひとことお祝いを述べさせていただきます」というような、無駄な枕詞は極力避ける。いきなりエピソードから始めてもいい。結論を先に言ってしまってもいい。とにかく、最初のフレーズがどんなふうに聴衆の耳に届くか。それでそのスピーチの印象が決まる。聴衆を煽る激しい言葉や、あまりにも力強いフレーズは避ける。あくまでも、静かに、けれど心を打つ入り口を作る。

 原稿はきっちり仕上げる。けれど、決して読まない。どれだけすぐれた原稿であっても、棒読みになったとたん、聴衆の関心が薄れるから。必ず全文暗記すること。とはいえ、あまり複雑で長い原稿は覚えられないから、短くまとめること。その中で、自分でも覚えやすいエピソードを交えるといい。言葉を贈る自分も、贈られる側も、一生忘れないようなエピソードを――。

 こうして久美は、こと葉にスピーチの基本を教えていく。そして、こと葉は、久美からの教えを実践を通して学んでいく。友人の結婚スピーチから、政権交代を掲げる野党のスピーチライターまで。そして、「言葉の力」にどんどん魅了されたこと葉は、OLを辞め、久美と同じスピーチライターを職業とする。

 さて、小説『本日は、お日柄もよく』は、これまで紹介してきたようにとても実践的な物語でもある。結婚式のスピーチを頼まれて困っている人に役立つだけでなく、小説家を目指す若者やブロガーなど、言葉を操るすべての人に「言葉の大切さ」と「言葉の使い方」を教えてくれる。もちろん、「言葉に力などない」と反論する人にもオススメの小説だ。この物語を読めば、きっと「言葉の力」に魅了されるだろう。

 関連記事

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …