グーグルでは3ヶ月で成果を出すのが当たり前!?仕事の成果を劇的に変える方法

ビジネス

仕事で思うような成果が出せない…と悩んでいませんか?

私はよく悩んでいました。

そして、その原因を「時間が足りない」「リソースが足りない」からだと言い訳をしてきましたが、その考え方が間違っていることに気づきました。

本当に足りなかったのは、「意味のある行動」だったんですよね。

スポンサーリンク

本当に3か月で仕事の成果は劇的に変わるのか?

誰もが知っている超巨大企業・グーグルでは、3ヶ月で成果が出せない人やプロジェクトは、どんどん忘れ去られる運命にあるそうです。

そのため、グーグルの社員は誰もが必至になってインパクトを与える仕事をしようと努力し、実際に成果を出しています。

では、どうすれば3ヶ月という短期間で成果が出せるのでしょうか。

結論から言うと、「意味のある行動」を取ることです。

そのための具体的な3ステップを紹介していきます。

スポンサーリンク

3か月で仕事の成果を劇的に変える方法

1. ワクワクするテーマを選ぶ

多くのビジネス書にも書かれていますが、まずはワクワクするテーマを選ぶことです。

漫画『宇宙兄弟』の主人公が、自動車開発会社を辞めて宇宙飛行士を目指したように、

今よりもワクワクするテーマを描いて行動を起こすのが、はじめの一歩なんですよね。

漫画『宇宙兄弟 選抜試験編』感想/正しい選択よりも楽しい選択を!?
複数の選択肢があるとき、正しい選択をしようとしていませんか? 私は常に正しい選択をしようとしてきましたが、漫画『宇宙兄弟』を読んで、 正しい選択よりも、楽しい選択をした方が人生は豊かになるのかも!?と思うようになりました。 ...

とはいえ、簡単に仕事は辞められませんし、私のようにサラリーマンとして会社に雇われていると、自由に仕事は選べません。

面白さが感じられない仕事をすることのほうが多いでしょう。

そんなときは、目の前にある仕事の課題を解決した先にある「未来」に目を向けてみてはどうでしょうか。

目の前にある仕事を通して、誰かを笑顔にするイメージを浮かべると良いかもしれません。

そうすれば、仕事をする意義が見出せ、面白さが感じられるはずです。

とはいえ、そんなイメージが出来なくても、主体的に行動すれば仕事の面白さは実感できます。

少しでも新しいことに挑戦し、小さな気づきを見つけて、視野を広げていけば、

「実は面白いじゃん!」と思える瞬間に出会え、ワクワクにつながっていきます。

それでも、どうしてもワクワクしない場合は…。

別の仕事を選んだ方がいいかもしれませんね。

2. 自分でコントロールできる3ヶ月後のゴールを設定する

ワクワクするテーマを選んだら、次はゴールの設定です。

ただし、このゴールは自分でコントロールできるものにしなければ意味がありません。

たとえば、「売上100万円」は自分ではコントロールできませんよね。

その一歩手前の「1日のクライアント訪問件数20件」など、自分がやるべきことに的を絞るのです。

なぜなら、自分でコントロールできない部分があると、具体的に何をすればいいかわからず、「とにかく頑張る!」しかなくなるからです。

さらに、「達成できなかったらどうしよう」という不安に悩まされるなど、精神的にもよくありません。

だからこそ、「達成目標(例:TOEIC650点取る)」ではなく、「行動目標(例:この本の単語をすべて覚える)」をゴールにすることが大切なのです。

行動目標をゴールにすれば、やるべきことが明確になり、今すぐ行動したくなりますよね。

3. 完璧を求めずに3ヶ月でやり切る

ワクワクするテーマを選んで、ゴールを設定すれば、あとはそれに向かって邁進するだけです。

ただし、このとき完璧なアウトプットを出す必要はありません。

中途半端でも良いので、出したアウトプットから何を学ぶのか、どうブラッシュアップしていくのか、を考えることが大切です。

たとえば、細部にこだわって同じところを何度もやり直しても学びは少ないですよね。

それよりも、あまりわからなくても、どんどん課題に挑戦していき、ある程度なれてきたら、「ここを変えたらどうなるだろう?」と考えて行動するほうが学びは多いはずです。

そういう段階になってから「概念」に立ち戻るのです。

※キングコングの西野さんも、とにかく行動することが大切だと言われています。

ファンを増やして好きなことを仕事にするための2ステップ
好きなことを仕事にしていますか? 私はどちらかといえば、好きなことを仕事にしていますが、 もし好きでもない仕事をしているようなら、今すぐ信頼を勝ち取る行動を起こすべきです。 ファンがいなければ、どれだけ努力しても、好きなこ...

そして、もうひとつ大切なことは、なるべく早い段階で「ごほうび」を与えることです。

わからなくてもいいから、とりあえず最後までやりきり、

「わからないこともあるけれど出来た!」
「ひと通りわかった!」

という達成感や充実を、なるべく短い期間で味わえるようにします。

そうすれば、ワクワク感を失うことなく仕事に取り組め、3ヶ月後には、驚くような成果が出ているはずですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、3か月で仕事の成果を劇的に変える方法を紹介してきました。

実は、私の仕事も3ヶ月単位で成果を出す必要に迫られることが多いのですが、リソースが少ないことを理由に多くを諦めていました。

しかし、この方法を実践するようになってからは、3ヶ月で驚き…とまではいきませんが、

これまでよりも納得できるアウトプットが出せるようになっています。

というわけで、思うような成果が出せない…と感じている方は、ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました