webstation plus

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。

 私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。

 そこで今回は、『正統派リーダーの教科書』を参考に、リーダーに求められる3つの要件を紹介したいと思います。

 リーダーに求められる3つの要件

1. 方針を明らかにする

 仕事をお願いするとき、方針を明らかにしていますか。

 ここでいう方針とは、「基本理念」と「具体的目標」、「最終目標」の3つです。

 「基本理念」は、何のためにこの仕事をするのか。「最終目標」は、何を目指すのか、どのような成果を最終的に出すべきか。それが決まれば、最終目標に向けた「具体的目標」が立てられます。

 この3つの方針を明確に打ち出していないからこそ、部下は同じようなミスをしたり、無駄な仕事を繰り返してしまうのです。ビジョンが共有できていないからです。

 もちろん、この方針を打ち出すには上司自らが次の手を決める必要があります。常に最新の情報を集めてお客様の心に響く商品やサービスを考えなくてはいけません。

 それをサボって部下に責任を押し付けているようでは上司失格。部下を叱る前に方針を示すようにしましょう。

2. 何があっても成し遂げる覚悟を持つ

 もちろん、方針を示すだけでは部下は動いてくれません。「何があってもこの仕事を成し遂げるのだ!」という強い覚悟がなければ心に響かないからです。

 ここである女性の話を紹介します。彼女は老人ホーム・介護ホームを建てたいと思っていました。一人で両親の介護をするのが大変だったからです。

 しかし、お金は一円もありません。そこで彼女は銀行に融資を頼みに行きますが、担保がないので断られます。市長にも頼みましたが、市が赤字で予算が組めませんでした。

 ところが、彼女の熱意に触発された市長が、ある国有地の話を思い出します。早速、国に尋ねてみたところ、数十年の期限つきで無償で土地を提供することに合意。こうして彼女は土地を確保することに成功しました。

 しかし、まだ建設費に5億ほど必要です。そこで彼女はまた必死に考えました。

「そうだ。老人ホーム・介護ホームの入居優先権を買ってもらうことで一口50万円で寄付を募ろう」

 このアイデアをもって彼女は、50代、60代の人たちに戸別訪問をしました。すると、1年で2億円もの資金が集まったのです。さらに、この事実に驚愕した銀行から3億円の融資が下りました。

 こうして老人ホーム・介護ホームが建設できるようになった彼女は、それだけでなく、隣に保育園を建てます。園児と老人を交流させることで、お年寄りも喜び、子供たちもお年寄りを大切にするようになると考えたからです。

 すると、彼女の一生懸命さ、熱意に触れた人たちが集まって来るようになりました。近くの病院に勤めている栄養士たちがボランティアで老人たちの食事レシピを作ったり、暇を持て余しているお年寄りがホームに入居している老人の相手やちょっとした手伝いをするようになったのです。

 もちろん、手当など不要。こうして最小限の職員で老人ホーム・介護ホームと保育園が経営できるようになったのです。

 この話からわかることは、事を成すためには、まず念じ祈るほどの思い、そして行動が必要だということ。なんとしても成し遂げるのだという熱意が出発点でなければいけないことがわかります。

 部下を奮い立たせるほどの熱意を持って仕事に取り組みたいですね。

3. 人が集まってくる雰囲気、優しさ、魅力をもつ

 仕事をうまく進めるには部下にやる気を出させる必要があります。ところが、やる気を削ぐようなことをしてしまいがちなんですよね。

 たとえば、部下が一生懸命仕事をしているのに、その努力を考えず、結果が出ないと怒鳴りまくる。これでは誰でもやる気が出ません。

 では、どうすればいいのでしょうか。

 経営の神様である松下幸之助さんは、松下政経塾のメンバーを決める選考基準を「運が強いこと」と「愛嬌があること」の2つだと言われたそうです。

 リーダーは、人が寄ってくる、人が集まってくる雰囲気、優しさ、魅力がないといけません。そうでないと、衆知が集まらない、情報が集まらないからです。

 つまり、部下であっても上から目線で接しないこと。誰であろうと同じ目線で接することです。そうすれば自ずと愛嬌が出てきます。

 まずは自分の態度を見直してみてはどうでしょうか。

 最後に

 今回は『正統派リーダーの教科書』を参考に、リーダーに求められる3つの要件を紹介してきました。それは次の3つです。

1. 方針を明らかにする
2. 何があっても成し遂げる覚悟を持つ
3. 人が集まってくる雰囲気、優しさ、魅力をもつ

 今の私はどれも十分に実践できていないので、耳がいたい話ばかりでしたが、心を入れ替えて実践していきたいと思います。

より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

 関連記事

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「時間が足りない人」に足りていないのは時間ではなくスピード

 「時間がない!」と愚痴をこぼしていませんか。  しかし、時間がないと言う人に限って、無駄なことばかりしているように思えます。  たとえば、すぐに片づくはずの仕事になかなか手をつけず、先送りしてだらだら働いていたり、残業 …

人気の吉本芸人が考える「売れる秘訣」とは!?

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢を実現するために挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功できるのは、ほんの一握りの人たち。  では、成功できる人と …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

中途半端な努力はムダ!?勝利を手に入れるための法則

(※『ハードワーク』表紙より)  2015年のラグビーワールドカップ。日本は、優勝候補の南アフリカに勝利しました。  しかし、前評判は日本が負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で過去2回も …