webstation plus

 子供を大切にしていますか?

 もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。

 私にも二人の子供がいますが、彼らがいない人生なんて考えたくもないんですよね。

 二人の子供を地震で亡くした夫婦の物語

 汐見行伸は、妻と二人の子供と楽しく過ごしていましたが、来年の春から中学生になる娘と小学四年生の息子が二人で新潟にある妻の実家に帰ると言い出しました。

 行伸は「まさか」と思いましたが、妻の「少しは冒険させようよ」という一言で、許すことにします。

 ところが、新潟で地震が起こり、二人の子供が帰らぬ人になりました。汐見夫妻は、その日から何のために生きているのかわからなくなりました。

 このままでは夫婦揃ってダメになると考えた行伸は、妻に新たな子供を作ろうと提案します。妻も賛成しましたが、どれだけ不妊治療に励んでも効果は現れませんでした。

 ところが、彼らの努力の甲斐があってか子供が生まれます。彼女は萌奈と名づけられ大切に育てられましたが…。

 中学生になった今では、父と会話しないばかりか、食事も一緒にとりません。なぜなら…。

 カフェを経営する女性が殺害される

 話は変わり、料亭旅館「たつ芳」の女将・芳原亜矢子は、医師から父の命が残り少ないことを告げられました。末期癌に侵され、いつ亡くなってもおかしくない状況です。

 そんな亜矢子を、祖父母の代から付き合いのある弁護士が呼び出します。彼は、父の遺言書を渡し、亡くなる前にお父さんの気持ちを知っておくのもいいだろうと言いました。

 遺言状をみた亜矢子は衝撃を受けます。松宮脩平というまったく知らない人物の名前が書かれていたからです。

 ちょうどその頃、松宮脩平は、加賀恭一郎のもとで殺人事件の捜査にあたっていました。目黒区自由が丘の喫茶店で花塚弥生という51歳の女性がナイフで刺されて殺された事件です。

 しかし、まったく手掛かりが掴めません。どれだけ聞き込みをしても、「あんな良い人はいない」と誰もが口を揃えて言うからです。

 ところが、彼女は殺害される一週間前に元夫に連絡していたことがわかります。そこで松宮は…。

 3つの異なる物語がひとつに繋がる

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『希望の糸』は、これら3つの異なる物語が「子供」というキーワードでひとつにつながっていきます。

 そして、これらの物語が繋がったとき、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けるんですよね。

 東野圭吾さんの小説『希望の糸』は、子供との絆を描いた物語としてもミステリーとしても面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

三浦しをん『愛なき世界』感想/何よりも知識欲が強い研究者に愛はあるのか!?

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。  三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひと …

川端康成『舞姫』は時代の変化についていけなかったバレリーナの物語

 時代の変化についていけてますか?  私は出来るだけ時代の変化についていこうと、最新の本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。  川端康成さん …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …