webstation plus

 子供を大切にしていますか?

 もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。

 私にも二人の子供がいますが、彼らがいない人生なんて考えたくもないんですよね。

 二人の子供を地震で亡くした夫婦の物語

 汐見行伸は、妻と二人の子供と楽しく過ごしていましたが、来年の春から中学生になる娘と小学四年生の息子が二人で新潟にある妻の実家に帰ると言い出しました。

 行伸は「まさか」と思いましたが、妻の「少しは冒険させようよ」という一言で、許すことにします。

 ところが、新潟で地震が起こり、二人の子供が帰らぬ人になりました。汐見夫妻は、その日から何のために生きているのかわからなくなりました。

 このままでは夫婦揃ってダメになると考えた行伸は、妻に新たな子供を作ろうと提案します。妻も賛成しましたが、どれだけ不妊治療に励んでも効果は現れませんでした。

 ところが、彼らの努力の甲斐があってか子供が生まれます。彼女は萌奈と名づけられ大切に育てられましたが…。

 中学生になった今では、父と会話しないばかりか、食事も一緒にとりません。なぜなら…。

 カフェを経営する女性が殺害される

 話は変わり、料亭旅館「たつ芳」の女将・芳原亜矢子は、医師から父の命が残り少ないことを告げられました。末期癌に侵され、いつ亡くなってもおかしくない状況です。

 そんな亜矢子を、祖父母の代から付き合いのある弁護士が呼び出します。彼は、父の遺言書を渡し、亡くなる前にお父さんの気持ちを知っておくのもいいだろうと言いました。

 遺言状をみた亜矢子は衝撃を受けます。松宮脩平というまったく知らない人物の名前が書かれていたからです。

 ちょうどその頃、松宮脩平は、加賀恭一郎のもとで殺人事件の捜査にあたっていました。目黒区自由が丘の喫茶店で花塚弥生という51歳の女性がナイフで刺されて殺された事件です。

 しかし、まったく手掛かりが掴めません。どれだけ聞き込みをしても、「あんな良い人はいない」と誰もが口を揃えて言うからです。

 ところが、彼女は殺害される一週間前に元夫に連絡していたことがわかります。そこで松宮は…。

 3つの異なる物語がひとつに繋がる

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、東野圭吾さんの小説『希望の糸』は、これら3つの異なる物語が「子供」というキーワードでひとつにつながっていきます。

 そして、これらの物語が繋がったとき、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けるんですよね。

 東野圭吾さんの小説『希望の糸』は、子供との絆を描いた物語としてもミステリーとしても面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …