webstation plus

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。

 それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。タイトルの恐ろしさとは裏腹に、読むと前向きな気持ちになれるんですよね。

 理不尽な目にあっても救われるかもと思える物語

 それが色濃く出ているのが『人間らしく』という短編。

 泥棒の黒澤は作家の窪田からクワガタの話を聞かされます。クワガタは力関係がハッキリしていて、強いクワガタは弱いクワガタをいじめるそうです。

 そこで窪田は次のようにするといいます。

「いえ、ほら、僕はいつも仕事をしていて、その合間に気が向けば、隣の部屋のクワガタのケースを確認します」
「癒されたくて」「そうです。そして、その時にクワガタがひっくり返っていれば直しますし、理不尽な喧嘩が起きていれば」「助けてやる」「悪いニジイロは指で叩きます。つまり」「つまり?」「天罰ですよ」「なるほど」「それにほら、やられそうになった可哀想なクワガタは、僕によって隔離されて、バナナを与えられます」
「神のご加護というわけか」

 つまり、神さまは存在していて、いつもこっちを見ているわけではないけれど、見ているときは不公平や理不尽を正してくれるということ。

 そんな物語を読んでいると、理不尽な目にあってもいつかは救われるかもと思えてくるんですよね。

 それだけでなく…。

 驚かされる短編が多数収録

 『首折り男のための協奏曲』は全7編で構成されていますが、どの短編にもラストに驚きが待っています。

 なかでも私が特に驚いたのは、『僕の舟』と『月曜日から逃げろ』。

 『僕の舟』では、老女にある調査を依頼された黒澤が、ラストに自慢げに調査結果を報告するのですが、その内容が面白すぎて笑えるんですよね。それだけでなく、明かされる真実に胸が熱くなります。

 『月曜日から逃げろ』では物語の構成そのものがトリックになっており、もう一度読み直したくなります。実は、他の短編にもヒントが散りばめられているので、読み終えたときには「そういうことだったのか!」と面白さが倍増するんですよね。

 他にも驚かされる短編ばかりなので、ミステリー好きなら読んでおきたい小説です。

 異なるジャンルの物語が緩く繋がる

 タイトルにもあるように、この小説は首折り男のための協奏曲です。

 恋愛ものや殺人もの、怪談話といった異なるジャンルの短編で構成されていますが、どれも首折り男と黒澤を中心に緩く繋がっており、長編とも短編集とも違った楽しみが味わえるんですよね。

 伊坂さんらしいユーモア溢れる小説です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『首折り男のための協奏曲』。理不尽がテーマの物語なので、読んでいて暗くなるところもありますが、それを上回るユーモアのおかげで前向きになれる小説です。

 理不尽な目にあって悩んでいる人は、ぜひ読んで肩の力を抜いてみてはどうでしょうか。

 関連記事

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …