webstation plus

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。

 それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。タイトルの恐ろしさとは裏腹に、読むと前向きな気持ちになれるんですよね。

 理不尽な目にあっても救われるかもと思える物語

 それが色濃く出ているのが『人間らしく』という短編。

 泥棒の黒澤は作家の窪田からクワガタの話を聞かされます。クワガタは力関係がハッキリしていて、強いクワガタは弱いクワガタをいじめるそうです。

 そこで窪田は次のようにするといいます。

「いえ、ほら、僕はいつも仕事をしていて、その合間に気が向けば、隣の部屋のクワガタのケースを確認します」
「癒されたくて」「そうです。そして、その時にクワガタがひっくり返っていれば直しますし、理不尽な喧嘩が起きていれば」「助けてやる」「悪いニジイロは指で叩きます。つまり」「つまり?」「天罰ですよ」「なるほど」「それにほら、やられそうになった可哀想なクワガタは、僕によって隔離されて、バナナを与えられます」
「神のご加護というわけか」

 つまり、神さまは存在していて、いつもこっちを見ているわけではないけれど、見ているときは不公平や理不尽を正してくれるということ。

 そんな物語を読んでいると、理不尽な目にあってもいつかは救われるかもと思えてくるんですよね。

 それだけでなく…。

 驚かされる短編が多数収録

 『首折り男のための協奏曲』は全7編で構成されていますが、どの短編にもラストに驚きが待っています。

 なかでも私が特に驚いたのは、『僕の舟』と『月曜日から逃げろ』。

 『僕の舟』では、老女にある調査を依頼された黒澤が、ラストに自慢げに調査結果を報告するのですが、その内容が面白すぎて笑えるんですよね。それだけでなく、明かされる真実に胸が熱くなります。

 『月曜日から逃げろ』では物語の構成そのものがトリックになっており、もう一度読み直したくなります。実は、他の短編にもヒントが散りばめられているので、読み終えたときには「そういうことだったのか!」と面白さが倍増するんですよね。

 他にも驚かされる短編ばかりなので、ミステリー好きなら読んでおきたい小説です。

 異なるジャンルの物語が緩く繋がる

 タイトルにもあるように、この小説は首折り男のための協奏曲です。

 恋愛ものや殺人もの、怪談話といった異なるジャンルの短編で構成されていますが、どれも首折り男と黒澤を中心に緩く繋がっており、長編とも短編集とも違った楽しみが味わえるんですよね。

 伊坂さんらしいユーモア溢れる小説です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『首折り男のための協奏曲』。理不尽がテーマの物語なので、読んでいて暗くなるところもありますが、それを上回るユーモアのおかげで前向きになれる小説です。

 理不尽な目にあって悩んでいる人は、ぜひ読んで肩の力を抜いてみてはどうでしょうか。

 関連記事

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …