webstation plus

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。

 本当に理不尽な出来事ってありますよね。いじめや不倫、殺人などなど。そんな理不尽な出来事をテーマに、勧善懲悪はあるかも!?と思える物語が多数用意されています。

 今回は小説『首折り男のための協奏曲』のあらすじと感想を紹介します。

 『首折り男のための協奏曲』のあらすじと感想

1. 『首折り男の周辺』

 中学二年生の中島は、些細なことがキッカケで同級生たちから無視され、暴力を振るわれ、カツアゲされるまでに。たまたまカツアゲの現場に居合わせた首折り男が中島を救う!?

 プロの殺し屋がときどき人に親切をして、バランスを取ろうとしているのが面白い発想の物語でした。たとえば:

 ATMの操作で時間がかかっている人がいれば、怒っているフリをしてあげる。そうすれば、他の人たちは「そこまで言わなくても」と思い、それ以上怒ることはない。――そんな小さな親切を重ねているんですね。

 読みながら何度もにやけること間違いなしの物語です。

2. 『濡れ衣の話』

 三年前に息子を車ではねられた丸岡は、久しぶりに加害者の女性と再会し、殺意を抱きます。なぜなら、彼女に反省の色がまったく見えなかったから。しかし、実際に彼女を殺害したところ…。

 この物語でも首折り男が再登場。丸岡の人生のバランスを取ろうと行動します。

3. 『僕の舟』

 夫が寝たきりになった若林絵美は、60年ほど前に恋をした男性について調べて欲しいと黒澤に依頼します。その男性は当時医学生で、頭が良く、夫とは正反対のロマン溢れる人物だったと言うのですが…。

 世の中は広いようで狭いと思える物語。オチでにやけること間違いなし!?

4. 『人間らしく』

 自分の親の世話を妹にさせている間に浮気をしていた義理の弟。そんな彼の不倫の証拠を見つけて欲しいと黒澤に依頼が。一方その頃、少人数の塾に通い始めた”彼”は、他の生徒たちから執拗ないじめにあうことに。果たして彼らの運命は!?

 「理不尽な出来事があれば、世界はバランスを取ろうとする」がテーマの物語。それを特に物語っているのが、クワガタのブリーダーをしている窪田の話でした。

 窪田は普段はクワガタとは別の部屋で仕事をしていて、その合間に気が向けば隣の部屋のクワガタのケースを確認します。このとき、クワガタがひっくり返っていれば直し、理不尽な喧嘩が起きていてば、悪いクワガタに天罰を下します。そして、やられそうになった可哀想なクワガタを隔離し、バナナを与える――神のご加護というわけですね。

 もしかすると私たちが生きている世界もこれと同じなのかもしれません。神様は常にこっちを見ているわけではありませんが、見ているときには悪人には天罰を与え、善き人にはバナナを与えてくれる!?

 理不尽な出来事に遭遇しても、頑張ろうと思える物語でした。

5. 『月曜日から逃げろ』

 テレビ局に勤めている久喜山が黒澤に空き巣のテクニックを披露して欲しいと依頼してきます。もちろん黒澤は断りましたが、空き巣の証拠を掴んでいるらしく脅してきました。黒澤は久喜山から逃れられるのか!?

 構成が素晴らしい物語。トリックに気づくと、最初から読み直したくなります。

6. 『相談役の話』

 伊達政宗の息子・秀宗の相談役である山家清兵衛は、家来を愛し、民百姓を苦しめない真面目な人でしたが、その性格が藩士に嫌われ暗殺されます。しかしその後、暗殺に加担した人物が次々と死亡。山家清兵衛の祟りなのか!?

 この物語と似たような状況が現代で再現するというお話。黒澤も活躍します。

7. 『合コンの話』

 彼女が別の男性とピアノコンサートに出かけることになった尾花は、その腹いせに友人に誘われた合コンに参加します。しかし、そこには元カノの姿が!?

 おしぼりの向きで狙っている女性を明らかにするというのが面白い発想の物語。学生時代に戻れるなら、実際に使ってみたい技です。

 最後に

 小説『首折り男のための協奏曲』は、理不尽な出来事に遭遇しても世界はバランスを取ろうとするので、いつか良いことが起きる――「だから頑張ろう!」と思える物語が多数あります。気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …