伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』は理不尽な目に遭ってもいつかは救われるかもと思える物語

おすすめ小説

理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。

そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、

伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』を読んで、しばらく耐えれば救われるかも!?と思えるようになりました。

タイトルの恐ろしさとは裏腹に前向きな気持ちになれる物語なんですよね。

おすすめ度:4.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • サスペンスが好きな人
  • 最後に驚きが待っている物語が好きな人
  • 異なるジャンルの短編がゆるくつながっていくのが好きな人
  • 伊坂幸太郎さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:突然いじめにあった中学生の物語

『首折り男のための協奏曲』は7篇の短編で構成されています。

ここでは、『首折り男のための周辺』のあらすじを紹介します。

中学二年生の中島は、軟式テニス部に所属しており、仲間たちと楽しく過ごしていましたが、ある日、「幽霊がいるかどうか」で友達と意見がわかれたことがキッカケで無視されるようになりました。

それだけでなく、陰で殴られたり、大金をカツアゲされたりと、どんどんいじめがエスカレートしていきます。

そんな理不尽な毎日を過ごしていた中島に救いの手が差し伸べられます。

いじめの現場にたまたま通りかかった「首折り男」が、見ず知らずの彼を助けると約束したのです。

「首折り男」は、普段は殺し屋として人殺しをしていますが、それだけでは心が穢れていく一方なので、ときどき小さな親切をしてバランスを取ろうとしていました。

たとえば、銀行のATMでもたついている人がいると、首折り男はわざと大声で怒鳴って、そのあと小声で「ゆっくりと焦らずに」と伝えると言います。

そうすれば、ATMに並んでいる人たちは「そこまで怒らなくても」とイライラが抑えられ、一方のもたついていた人も落ち着いて機械操作ができるようになるからです。

ところが、中島を助けると約束した首折り男は、約束の時間になっても彼を助けに現れませんでした。

なぜなら…という物語が楽しめる小説です。

スポンサーリンク

理不尽な目に遭っても救われるかもと思える物語

先ほども紹介したように、『首折り男のための協奏曲』は、7つの短編で構成されていますが、その多くが「理不尽な目に遭っても救われるかも」をテーマに描かれています。

特に、それが色濃く出ている短編が『人間らしく』です。

クワガタのブリーダーである窪田は、突然、泥棒の黒澤に「自分はクワガタにとって神様のような存在だ」と言い出します。

クワガタは力関係がハッキリしていて、強いクワガタは弱いクワガタをいじめるそうですが、その姿をみた窪田は次のように対処するといいます。

「いえ、ほら、僕はいつも仕事をしていて、その合間に気が向けば、隣の部屋のクワガタのケースを確認します」
「癒されたくて」
「そうです。そして、その時にクワガタがひっくり返っていれば直しますし、理不尽な喧嘩が起きていれば」
「助けてやる」
「悪いニジイロは指で叩きます。つまり」
「つまり?」
「天罰ですよ」
「なるほど」
「それにほら、やられそうになった可哀想なクワガタは、僕によって隔離されて、バナナを与えられます」
「神のご加護というわけか」

つまり、神さまは存在していて、いつもこっちを見ているわけではないけれど、見ているときは、不公平や理不尽を正してくれると言っているんですよね。

このような物語を読んでいると、理不尽な目に遭ってもいつかは救われるかも!?と前向きな気持ちになれます。

ラストに驚きが待っている物語が多数収録

もちろん、前向きな気持ちになれるだけではありません。『首折り男のための協奏曲』は、どの短編にもラストに驚きが用意されています。

なかでも私が特に驚いたのは、『僕の舟』と『月曜日から逃げろ』です。

『僕の舟』では、老女から「ある調査」を依頼された黒澤が、最後に自慢げに調査結果を報告するのですが、その内容が面白すぎて笑えます。

それだけでなく、明かされる真実に胸が熱くなるんですよね。

『月曜日から逃げろ』では物語の構成そのものがトリックになっており、もう一度読み直したくなります。

実は、他の短編にもヒントが散りばめられているので、読み終えたときには「そういうことだったのか!」と面白さが倍増します。

と、ここまで各短編の驚きを紹介してきましたが、一冊の小説としても楽しめる構成になっています。

異なるジャンルの短編が、首折り男と黒澤を中心にゆるく繋がっているので、長編とも短編集とも一味違った楽しみが味わえるんですよね。

そのため、読み始めるとラストまで止まらなくなりますよ。

まとめ

今回は、理不尽な目に遭ってもいつかは救われるかも!?と思える伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』について紹介してきました。

この小説は、7篇の短編がゆるく繋がっているので、長編とも短編集とも一味違った楽しみ方ができます。

気なった方は、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

伊坂幸太郎さん全小説の発売順とおすすめランキングを紹介
 伊坂幸太郎さんの小説は複数の異なる物語が繋がっていき、最後に驚きが用意されているものが多数あります。  それだけでなく、登場人物のセリフがユーモアに溢れ、知的なので心に残るんですよね。   私はこういった物語が大好きな...
泥棒なのに魅力的なキャラクター「黒澤」が登場する伊坂幸太郎作品とおすすめランキングを紹介
伊坂幸太郎さんの小説の特徴といえば、ある人物が複数の小説にまたがって登場するところですよね。 今回紹介する泥棒の黒澤もそのひとりです。 黒澤は、泥棒という罪を犯し続ける悪い人間なのですが、なぜか盗んだ相手のことを気にかけて「10...

コメント

タイトルとURLをコピーしました