webstation plus

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。

 それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。タイトルの恐ろしさとは裏腹に、読むと前向きな気持ちになれるんですよね。

 理不尽な目にあっても救われるかもと思える物語

 それが色濃く出ているのが『人間らしく』という短編。

 泥棒の黒澤は作家の窪田からクワガタの話を聞かされます。クワガタは力関係がハッキリしていて、強いクワガタは弱いクワガタをいじめるそうです。

 そこで窪田は次のようにするといいます。

「いえ、ほら、僕はいつも仕事をしていて、その合間に気が向けば、隣の部屋のクワガタのケースを確認します」
「癒されたくて」「そうです。そして、その時にクワガタがひっくり返っていれば直しますし、理不尽な喧嘩が起きていれば」「助けてやる」「悪いニジイロは指で叩きます。つまり」「つまり?」「天罰ですよ」「なるほど」「それにほら、やられそうになった可哀想なクワガタは、僕によって隔離されて、バナナを与えられます」
「神のご加護というわけか」

 つまり、神さまは存在していて、いつもこっちを見ているわけではないけれど、見ているときは不公平や理不尽を正してくれるということ。

 そんな物語を読んでいると、理不尽な目にあってもいつかは救われるかもと思えてくるんですよね。

 それだけでなく…。

 驚かされる短編が多数収録

 『首折り男のための協奏曲』は全7編で構成されていますが、どの短編にもラストに驚きが待っています。

 なかでも私が特に驚いたのは、『僕の舟』と『月曜日から逃げろ』。

 『僕の舟』では、老女にある調査を依頼された黒澤が、ラストに自慢げに調査結果を報告するのですが、その内容が面白すぎて笑えるんですよね。それだけでなく、明かされる真実に胸が熱くなります。

 『月曜日から逃げろ』では物語の構成そのものがトリックになっており、もう一度読み直したくなります。実は、他の短編にもヒントが散りばめられているので、読み終えたときには「そういうことだったのか!」と面白さが倍増するんですよね。

 他にも驚かされる短編ばかりなので、ミステリー好きなら読んでおきたい小説です。

 異なるジャンルの物語が緩く繋がる

 タイトルにもあるように、この小説は首折り男のための協奏曲です。

 恋愛ものや殺人もの、怪談話といった異なるジャンルの短編で構成されていますが、どれも首折り男と黒澤を中心に緩く繋がっており、長編とも短編集とも違った楽しみが味わえるんですよね。

 伊坂さんらしいユーモア溢れる小説です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの『首折り男のための協奏曲』。理不尽がテーマの物語なので、読んでいて暗くなるところもありますが、それを上回るユーモアのおかげで前向きになれる小説です。

 理不尽な目にあって悩んでいる人は、ぜひ読んで肩の力を抜いてみてはどうでしょうか。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

革命は一人ひとりの自覚から始まる/有川浩『図書館革命』感想

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …