webstation plus

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。

 本当に理不尽な出来事ってありますよね。いじめや不倫、殺人などなど。そんな理不尽な出来事をテーマに、勧善懲悪はあるかも!?と思える物語が多数用意されています。

 今回は小説『首折り男のための協奏曲』のあらすじと感想を紹介します。

 『首折り男のための協奏曲』のあらすじと感想

1. 『首折り男の周辺』

 中学二年生の中島は、些細なことがキッカケで同級生たちから無視され、暴力を振るわれ、カツアゲされるまでに。たまたまカツアゲの現場に居合わせた首折り男が中島を救う!?

 プロの殺し屋がときどき人に親切をして、バランスを取ろうとしているのが面白い発想の物語でした。たとえば:

 ATMの操作で時間がかかっている人がいれば、怒っているフリをしてあげる。そうすれば、他の人たちは「そこまで言わなくても」と思い、それ以上怒ることはない。――そんな小さな親切を重ねているんですね。

 読みながら何度もにやけること間違いなしの物語です。

2. 『濡れ衣の話』

 三年前に息子を車ではねられた丸岡は、久しぶりに加害者の女性と再会し、殺意を抱きます。なぜなら、彼女に反省の色がまったく見えなかったから。しかし、実際に彼女を殺害したところ…。

 この物語でも首折り男が再登場。丸岡の人生のバランスを取ろうと行動します。

3. 『僕の舟』

 夫が寝たきりになった若林絵美は、60年ほど前に恋をした男性について調べて欲しいと黒澤に依頼します。その男性は当時医学生で、頭が良く、夫とは正反対のロマン溢れる人物だったと言うのですが…。

 世の中は広いようで狭いと思える物語。オチでにやけること間違いなし!?

4. 『人間らしく』

 自分の親の世話を妹にさせている間に浮気をしていた義理の弟。そんな彼の不倫の証拠を見つけて欲しいと黒澤に依頼が。一方その頃、少人数の塾に通い始めた”彼”は、他の生徒たちから執拗ないじめにあうことに。果たして彼らの運命は!?

 「理不尽な出来事があれば、世界はバランスを取ろうとする」がテーマの物語。それを特に物語っているのが、クワガタのブリーダーをしている窪田の話でした。

 窪田は普段はクワガタとは別の部屋で仕事をしていて、その合間に気が向けば隣の部屋のクワガタのケースを確認します。このとき、クワガタがひっくり返っていれば直し、理不尽な喧嘩が起きていてば、悪いクワガタに天罰を下します。そして、やられそうになった可哀想なクワガタを隔離し、バナナを与える――神のご加護というわけですね。

 もしかすると私たちが生きている世界もこれと同じなのかもしれません。神様は常にこっちを見ているわけではありませんが、見ているときには悪人には天罰を与え、善き人にはバナナを与えてくれる!?

 理不尽な出来事に遭遇しても、頑張ろうと思える物語でした。

5. 『月曜日から逃げろ』

 テレビ局に勤めている久喜山が黒澤に空き巣のテクニックを披露して欲しいと依頼してきます。もちろん黒澤は断りましたが、空き巣の証拠を掴んでいるらしく脅してきました。黒澤は久喜山から逃れられるのか!?

 構成が素晴らしい物語。トリックに気づくと、最初から読み直したくなります。

6. 『相談役の話』

 伊達政宗の息子・秀宗の相談役である山家清兵衛は、家来を愛し、民百姓を苦しめない真面目な人でしたが、その性格が藩士に嫌われ暗殺されます。しかしその後、暗殺に加担した人物が次々と死亡。山家清兵衛の祟りなのか!?

 この物語と似たような状況が現代で再現するというお話。黒澤も活躍します。

7. 『合コンの話』

 彼女が別の男性とピアノコンサートに出かけることになった尾花は、その腹いせに友人に誘われた合コンに参加します。しかし、そこには元カノの姿が!?

 おしぼりの向きで狙っている女性を明らかにするというのが面白い発想の物語。学生時代に戻れるなら、実際に使ってみたい技です。

 最後に

 小説『首折り男のための協奏曲』は、理不尽な出来事に遭遇しても世界はバランスを取ろうとするので、いつか良いことが起きる――「だから頑張ろう!」と思える物語が多数あります。気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …