webstation plus

earth_01

 理不尽な出来事、多いですよね。たとえば、私の知り合いでものすごく高い給料をもらっているのに、コーヒーを片手に悠々自適に仕事をしている人がいますが、その一方で、朝から晩まで血眼になって働いても、缶コーヒー1本も買う余裕のない人がいます。

 経済学的に考えれば、この状況は「社会に貢献している度合いに応じてお金が分配されているので当然のこと」になるのですが、どうしても理不尽だと思ってしまうんですよね。

 では、このような理不尽な目にあっている人たちは、その現状を受け入れ、諦めるしかないのでしょうか。

 小説『首折り男のための協奏曲』は、たとえ今は理不尽な目にあっていても、いつか必ず救われることを教えてくれます。七篇の短編から構成されており、なかでも『首折り男のための周辺』と『人間らしく』が、そのことを強く訴えかけていました。

 『首折り男のための周辺』は、中学二年生の中島が突然いじめにあう話。

 中島は軟式テニス部に所属しており、仲間たちと楽しく過ごしていましたが、「幽霊がいるかどうか」という他愛のない話で友人のひとりと意見が分かれたことをキッカケに、無視されるようになりました。

 その後、いじめは、どんどんエスカレートしていきます。物陰で殴られたり、大金をカツアゲされたり。そのため、中島は生きる希望を失ってしまうのですが…。そんな彼を助ける人物が現れました。それが「首折り男」。

 首折り男は、プロの殺し屋を生業としているため、身も心も穢れきっています。そこで、ときどき小さな親切を働くことで、バランスを取っていました。さすがに、悪いことばかりしていては、心がもちませんからね。だから、彼は見ず知らずの中島を助けることにしたのです。

 つまり、この物語は、たとえ今は理不尽な目にあっていたとしても、いつかは首折り男のような第三者が助けてくれることを教えてくれます。私たちが住む世界そのものがバランスを取ろうとしているからかもしれません。

 この考えがさらに色濃く出ているのが『人間らしく』。

 クワガタのブリーダーである窪田は、突然、自分はクワガタにとって神様のような存在だと言い出します。

 窪田の言い分はこうです。彼は、普段はクワガタとは別の部屋で仕事をしていて、その合間に気が向けば、隣の部屋で飼っているクワガタのケースを確認します。仕事で疲れた心を癒すためですね。

 このとき、クワガタがひっくり返っていれば直してあげ、クワガタ同士でケンカが起こっていれば、悪いクワガタを指で叩く――天罰を下すわけです。

 さらに、やられそうになった可愛そうなクワガタは、彼によって隔離され、バナナを与えられます。神のご加護というわけですね。

 このように窪田は、悪いクワガタには天罰を、可愛そうなクワガタにはバナナを与える神様的な存在だというのです。もしかすると、私たち人間も、クワガタと同じように神様に見守られているのかもしれませんね。

 ◆◆◆

 というわけで、小説『首折り男のための協奏曲』は、たとえ今は理不尽な出来事にあっていても、希望があることを教えてくれる小説です。もし、今がつらいと感じているようなら、この小説を読んでみてはどうでしょうか。

 関連記事

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

なぜ異文化コミュニケーションが必要なのか/和田竜『忍びの国』

 私たちは誰もが独自の文化を持ち、その文化から強い影響を受けている。食文化もそのひとつだ。  たとえば、アメリカの子どもたちは、大人たちに比べて10年ほど寿命が短くなるといわれているが、その原因は食文化にある。毎日新鮮な …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …