webstation plus

decision_01

 今日の運勢を気にしている人って多いですよね。

 私はどちらかと言えば、気にしていない方ですが、それでも良い運勢だと言われると悪い気はしません。

 とはいえ、今日の運勢は当たることもあれば外れることもあります。私たちの決断を予測する精度に比べればとても低いんですよね。

 私たちの思考の95%は昨日と同じもの

 私たちは一日に「約六万種類のこと」を考えていると言われています。

 「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近な問題から、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで幅広く考えています。

 しかし、ある研究によると「思考の約95%が昨日と同じものである」ことがわかりました。すなわち、新しい思考は一日に3000件しかないのです。

 ここで、レゴブロックで建物を作ることを想像してみましょう。

 建物は六万種類のブロックでつくられています。そして、私たちは毎日3000個のブロックを交換できます。

 もちろん、3000個のブロックを全く新しいものに変えれば、建物も少しずつ変わっていきます。

 しかし、古いブロックを取り除いた後に、似たようなブロックを当てはめているとしたら…。どれだけ時間が経っても、建物はあまり変わりませんよね。

 だからこそ、私たちの決断は簡単に予測できるわけですが…。

 私たちの決断は10秒前に決まっていた

 ドイツの脳科学者・ハイネスが2008年にアメリカの『ネイチャー・ニューロサイエンス』誌に投稿した研究結果でも、このことが明らかになっています。

 彼の研究によると、脳の2つの領域の活動をもとに被験者の行動が予測できることがわかりました。

 しかも、被験者が意識的に決断をするよりも、10秒以上も早く予測できたのです。

 ハイネスは、この研究結果から「私たちは意識的に何かを決める前に、脳のなかで無意識の段階を経て、決断が促される」と考えました。

 つまり、私たちは「今この瞬間の意志」によって決断を下しているのではなく、「これまでの思考の積み重ね」に基づいて判断を下しているんですよね。

 ここに「変わりたくても変われない」原因があります。同じ失敗を繰り返してしまうのもこれが原因です。

 では、どうすれば未来の決断を変えられるのでしょうか。

 「何に意識を向けるか」で未来の決断は変わる

 マザー・テレサは、反戦デモに参加してほしいという要請を断っていたそうです。その理由を彼女は次のように語っています。

「”戦争に反対する”のではなく、”平和のためのデモ”をしてください。そうすれば私もあなたのデモに参加します」

 つまり、何に意識を向けるかで未来は大きく変わるのです。

 たしかに、思考法を変えるのは難しいかもしれません。しかし、意識を向ける先を変えることは、出来そうですよね。

 この小さな積み重ねが習慣になれば…。きっと今よりも素晴らしい決断が下せるようになるはずです。

 関連記事

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …