webstation plus

decision_01

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。

 しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同じものである」ことがわかった。すなわち、新しい思考は一日に3000件しかないのである。

 ここで、レゴブロックで建物を作ることを想像してみよう。建物は六万種類のブロックでつくられている。そして、私たちは毎日3000個のブロックを交換できる。それなのに、古いブロックを取り除いた後、まったく同じブロックを当てはめたとしたら――私たちは一生、新しい建物を手に入れることができないだろう。つまり、新しい建物を手に入れたいのなら、意識してブロックを交換する必要があるということだ。

 では、新しい思考をしなければ、どのような問題があるのだろうか。

 ドイツの脳科学者・ハイネスが2008年にアメリカの『ネイチャー・ニューロサイエンス』誌に投稿した研究結果によると、脳の2つの領域の活動をもとに被験者の行動が予測できることがわかった。しかも被験者が意識的に決断をするよりも、10秒以上も早く予測できたのだ。

 ハイネスは、この研究結果から「私たちは意識的に何かを決める前に、脳のなかで無意識の段階を経て、決断が促される」と考えた。無意識とは、私たちが日々考えている「六万種類の思考の積み重ね」のこと。つまり、私たちは「今この瞬間の意志」によって決断を下しているのではなく、「これまでの思考の積み重ね」に基づいて判断を下し、行動しているのだ。ここに「変わりたくても変われない」原因がある。

 ハイネスの研究から、日々の思考の積み重ねが私たちの人生を決めていることがわかるが、他にも「思考の力」を証明する研究が多数ある。

 有名な心理学者であるポール・ワツラウィックは、期待したり、イヤなことを避けようとすると、それが実現するという現象「自己成就的予言」を明らかにした。

 たとえば、恋愛関係において「彼女が浮気しているかもしれない」という疑念を抱いたとする。そして、彼女が浮気をしている証拠を探そうと躍起になったとしよう。すると、山のような証拠がみつかる。相手の何気ない言動、誰かと電話で話しているときの口調、連絡がとれない時間など、あらゆることが「浮気をしている証拠」として映る。実際、彼女が浮気をしていなくても証拠が見つかるので――「絶対にあたる予言」になってしまうのだ。

 つまり、「何に意識を向けるか」で現実は変わるということ。だから、偉人たちは「意識をどこに向けるか」を大切にしてきた。たとえば、マザー・テレサは、あるとき反戦デモに参加してほしいと要請されたが、断った。その理由として彼女は次のように答えている。「”戦争に反対する”のではなく、”平和のためのデモ”をしてください。そうすれば私もあなたのデモに参加します」と。

 他にも、「思考」によって病気が治ったり、逆に病気になったり、亡くなったりした事例もある。1883年にオランダ医師団がブアメードという死刑囚に対して行った心理実験もそのひとつ。医師団はブアメードに目隠しをし、ベッドのうえに縛り付けて「三分の一の血液を失ったら人間は死ぬ」と告げた。そして、彼の足の親指にメスを入れ、血が滴り落ちるようにした。それから数時間後、ブアメードは静かに息を引き取った。

 しかし、実際にはブアメードは傷つけられていなかった。ただ、バケツに水滴をたらす音を聞かされていただけだった。つまり、彼は一滴も血を流すことなく、思考の力によって息を引き取ったのである。

 このように、私たちには素晴らしい力がある。「どうせうまくいかない」と考えればそれが現実となり、「上手くいくようにするには、何ができるだろう?」と考えれば未来が切り開ける素晴らしい力だ。

 だから――もし今、幸せを感じられていないのなら、これまでの思考の積み重ねに問題があるのだろう。しかし、現実はいくらでも変えられる。日々の3000件の新しい思考を「未来を切り開く思考」に変えれば、現実は変わっていくからだ。ぜひ、今日から新しい思考を積み重ねていこう。そうすれば、想像どおりの素晴らしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …