webstation plus

decision_01

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。

 しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同じものである」ことがわかった。すなわち、新しい思考は一日に3000件しかないのである。

 ここで、レゴブロックで建物を作ることを想像してみよう。建物は六万種類のブロックでつくられている。そして、私たちは毎日3000個のブロックを交換できる。それなのに、古いブロックを取り除いた後、まったく同じブロックを当てはめたとしたら――私たちは一生、新しい建物を手に入れることができないだろう。つまり、新しい建物を手に入れたいのなら、意識してブロックを交換する必要があるということだ。

 では、新しい思考をしなければ、どのような問題があるのだろうか。

 ドイツの脳科学者・ハイネスが2008年にアメリカの『ネイチャー・ニューロサイエンス』誌に投稿した研究結果によると、脳の2つの領域の活動をもとに被験者の行動が予測できることがわかった。しかも被験者が意識的に決断をするよりも、10秒以上も早く予測できたのだ。

 ハイネスは、この研究結果から「私たちは意識的に何かを決める前に、脳のなかで無意識の段階を経て、決断が促される」と考えた。無意識とは、私たちが日々考えている「六万種類の思考の積み重ね」のこと。つまり、私たちは「今この瞬間の意志」によって決断を下しているのではなく、「これまでの思考の積み重ね」に基づいて判断を下し、行動しているのだ。ここに「変わりたくても変われない」原因がある。

 ハイネスの研究から、日々の思考の積み重ねが私たちの人生を決めていることがわかるが、他にも「思考の力」を証明する研究が多数ある。

 有名な心理学者であるポール・ワツラウィックは、期待したり、イヤなことを避けようとすると、それが実現するという現象「自己成就的予言」を明らかにした。

 たとえば、恋愛関係において「彼女が浮気しているかもしれない」という疑念を抱いたとする。そして、彼女が浮気をしている証拠を探そうと躍起になったとしよう。すると、山のような証拠がみつかる。相手の何気ない言動、誰かと電話で話しているときの口調、連絡がとれない時間など、あらゆることが「浮気をしている証拠」として映る。実際、彼女が浮気をしていなくても証拠が見つかるので――「絶対にあたる予言」になってしまうのだ。

 つまり、「何に意識を向けるか」で現実は変わるということ。だから、偉人たちは「意識をどこに向けるか」を大切にしてきた。たとえば、マザー・テレサは、あるとき反戦デモに参加してほしいと要請されたが、断った。その理由として彼女は次のように答えている。「”戦争に反対する”のではなく、”平和のためのデモ”をしてください。そうすれば私もあなたのデモに参加します」と。

 他にも、「思考」によって病気が治ったり、逆に病気になったり、亡くなったりした事例もある。1883年にオランダ医師団がブアメードという死刑囚に対して行った心理実験もそのひとつ。医師団はブアメードに目隠しをし、ベッドのうえに縛り付けて「三分の一の血液を失ったら人間は死ぬ」と告げた。そして、彼の足の親指にメスを入れ、血が滴り落ちるようにした。それから数時間後、ブアメードは静かに息を引き取った。

 しかし、実際にはブアメードは傷つけられていなかった。ただ、バケツに水滴をたらす音を聞かされていただけだった。つまり、彼は一滴も血を流すことなく、思考の力によって息を引き取ったのである。

 このように、私たちには素晴らしい力がある。「どうせうまくいかない」と考えればそれが現実となり、「上手くいくようにするには、何ができるだろう?」と考えれば未来が切り開ける素晴らしい力だ。

 だから――もし今、幸せを感じられていないのなら、これまでの思考の積み重ねに問題があるのだろう。しかし、現実はいくらでも変えられる。日々の3000件の新しい思考を「未来を切り開く思考」に変えれば、現実は変わっていくからだ。ぜひ、今日から新しい思考を積み重ねていこう。そうすれば、想像どおりの素晴らしい未来が切り開けるはずだ。

 関連記事

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …