webstation plus

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。

 そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。

 もちろん、悪意ある批判なら、その効果は絶大です。

 有川浩さんの小説『シアター!2』を読めば、悪意ある批判には作品を殺す力があることがわかります。

 悪意ある批判をする人たちの根底にあるのは驕りと嫉妬

 物語の舞台は、前作に引き続き、そこそこ人気のある小劇団「シアターフラッグ」。2年間で300万円の借金を返済するために、メンバーたちが必死の頑張りを見せます。

 しかし、悪意ある批判をする人たちに邪魔されるんですよね。

 まず一人目は、劇場の支配人である望田。彼は劇場を貸して欲しければ面談する必要があると言い出し、シアターフラッグの悪口を次々と並べていきます。

 「面白いだけでは評価できない」なんて客や演者よりも自分の方が芝居に詳しいと思い込み、上から目線で評価します。

 そんな驕り高ぶった望田にブチ切れたせいで、劇場を貸してもらえなくなりますが…。

 実は、望田はまだマシな方で、もう一人の批判者は徹底した悪意をぶつけてきました。嫉妬に任せて批判を繰り返します。

 匿名の悪意ある批判は粘着的で救いようがない

 その人物は、匿名でブログのコメントに批判を書き込みました。

 たとえば、声優である羽田千歳がシアターフラッグに参加したことについて、

有名な声優が入団したと聞いたので観ましたが、しょせん…(苦笑)という感じでした。

素直にアニメの世界にこもってればちやほやされたんでしょうに、何を勘違いして演劇の世界に入って来たんだか。

物販でも羽田千歳に売り子をさせたり、下品な商業主義にがっかりです。羽田千歳が出るならもうシアターフラッグはみません。

 なんて悪意のある批判を書き込みます。しかも、消しても消しても何度も何度も…。

 こうした批判の裏にはドロドロした嫉妬が渦巻いているので、春川司も「頭のおかしい奴が騒いでいるだけだから、傷つく必要はない」と言いますが、実際には傷ついてしまいますよね。

 現実でも、作品について多くの批判を浴びせられた作者の有川浩さんが…。

 『シアター!3』は書かないと宣言

私は心無い言い方で求められることが多かった『シアター!』を完結させることを現状で断念しました。
読者さんの声は、一つの作品を殺すことができるのです。
クリエイターの心を殺すことができるのです。

 と以下のブログで書かれているように、続編を書くことはないと宣言されています。

 本当に面白い作品だけに続編が読めないのが残念で仕方ありませんが、悪意ある批判をすれば必ず痛い目を見るというのも道理のように思えて仕方ありません。

 ◆

 有川浩さんの小説『シアター!2』。本作では、登場人物のひとりひとりにスポットが当てられ、彼らの魅力が浮き彫りになります。

 本当に面白い物語なので続編が出ないのが残念ですが、それでも読む価値はあるので、気になった方はぜひ。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …