webstation plus

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。

 そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。

 もちろん、悪意ある批判なら、その効果は絶大です。

 有川浩さんの小説『シアター!2』を読めば、悪意ある批判には作品を殺す力があることがわかります。

 悪意ある批判をする人たちの根底にあるのは驕りと嫉妬

 物語の舞台は、前作に引き続き、そこそこ人気のある小劇団「シアターフラッグ」。2年間で300万円の借金を返済するために、メンバーたちが必死の頑張りを見せます。

 しかし、悪意ある批判をする人たちに邪魔されるんですよね。

 まず一人目は、劇場の支配人である望田。彼は劇場を貸して欲しければ面談する必要があると言い出し、シアターフラッグの悪口を次々と並べていきます。

 「面白いだけでは評価できない」なんて客や演者よりも自分の方が芝居に詳しいと思い込み、上から目線で評価します。

 そんな驕り高ぶった望田にブチ切れたせいで、劇場を貸してもらえなくなりますが…。

 実は、望田はまだマシな方で、もう一人の批判者は徹底した悪意をぶつけてきました。嫉妬に任せて批判を繰り返します。

 匿名の悪意ある批判は粘着的で救いようがない

 その人物は、匿名でブログのコメントに批判を書き込みました。

 たとえば、声優である羽田千歳がシアターフラッグに参加したことについて、

有名な声優が入団したと聞いたので観ましたが、しょせん…(苦笑)という感じでした。

素直にアニメの世界にこもってればちやほやされたんでしょうに、何を勘違いして演劇の世界に入って来たんだか。

物販でも羽田千歳に売り子をさせたり、下品な商業主義にがっかりです。羽田千歳が出るならもうシアターフラッグはみません。

 なんて悪意のある批判を書き込みます。しかも、消しても消しても何度も何度も…。

 こうした批判の裏にはドロドロした嫉妬が渦巻いているので、春川司も「頭のおかしい奴が騒いでいるだけだから、傷つく必要はない」と言いますが、実際には傷ついてしまいますよね。

 現実でも、作品について多くの批判を浴びせられた作者の有川浩さんが…。

 『シアター!3』は書かないと宣言

私は心無い言い方で求められることが多かった『シアター!』を完結させることを現状で断念しました。
読者さんの声は、一つの作品を殺すことができるのです。
クリエイターの心を殺すことができるのです。

 と以下のブログで書かれているように、続編を書くことはないと宣言されています。

 本当に面白い作品だけに続編が読めないのが残念で仕方ありませんが、悪意ある批判をすれば必ず痛い目を見るというのも道理のように思えて仕方ありません。

 ◆

 有川浩さんの小説『シアター!2』。本作では、登場人物のひとりひとりにスポットが当てられ、彼らの魅力が浮き彫りになります。

 本当に面白い物語なので続編が出ないのが残念ですが、それでも読む価値はあるので、気になった方はぜひ。

 関連記事

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …