webstation plus

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。

 ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。

 しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんですよね。

 そんな浮世離れした人たちを描いた小説が有川浩さんの『シアター!』です。

 芝居はお金と時間をたっぷりかけて作り上げるもの?

 物語の舞台はそこそこ人気のある小劇団「シアターフラッグ」。しかし、なぜか利益がまったく出ておらず、借金が膨れ上がっていました。

 その理由は、劇団の主宰者である春川巧にありました。彼は時間もお金も管理できない性格だったからです。

 それにもかかわらず、夢中になってシアターフラッグを運営し続けたので、借金が膨れ上がってしまったんですよね。

 とはいえ、彼がシアターフラッグにこだわるのには理由がありました。

 いじめられっ子だった巧は、小学校に通うことができず、友達もいませんでした。人形ごっこが大好きで、兄の司とばかり遊んでいました。

 そんな巧を変えてくれたのが劇団です。売れない役者だった父に連れられてやってきた劇団のワークショップで、脚本作家としての才能を発揮し、人とコミュニケーションをとる楽しさを覚えたからです。

 だからこそ、彼は借金を重ねながらもシアターフラッグを運営していたのですが…。

 お金と時間をきっちり管理する兄の登場

 巧が借金をしていた相手・兄の春川司がとうとう怒り出しました。そして、

「2年間で、劇団の収益から300万円を返せ。できない場合は劇団を潰せ」

 という厳しい条件を突きつけます。

 とはいえ、巧が時間とお金を管理できるはずがありません。シアターフラッグのメンバーも似たようなものです。

 そこで貸し出し人である司が自ら乗り出してシアターフラッグを再建しようとするんですよね。

 もちろん、課題は山積みです。しかし、お金だけでなく、人間関係でも多くの課題が浮かび上がってきました。

 プロの声優である羽田千歳がシアターフラッグに加わったことで、春川兄弟と三角関係になったり、そのせいで巧に恋をしていた劇団員が嫉妬したりと、次々と問題が発生します。

 と、この物語の結末は実際に読んでもらうとして…。

 ひとりの人間には世界を変える力がある

 ことがわかる物語です。

 もちろん、巧や劇団員たちに能力がないわけではありません。彼らにはシアターを作り上げる創造力がありました。

 しかし、お金と時間を運営する能力はありませんでした。そこに、お金と時間の法則を正しく理解している司が乗り出してきたことで、シアターフラッグは大きく変わるんですよね。

 つまり、適切な能力をもった人間が一人いるだけで、ピンチもチャンスに変えられるということです。

 ◆

 有川浩さんの小説『シアター!』。お金と時間の関係、そして色恋沙汰が面白おかしく描かれているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』/リスクを取れば一発逆転できるかも

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …