webstation plus

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。

 ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。

 しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんですよね。

 そんな浮世離れした人たちを描いた小説が有川浩さんの『シアター!』です。

 芝居はお金と時間をたっぷりかけて作り上げるもの?

 物語の舞台はそこそこ人気のある小劇団「シアターフラッグ」。しかし、なぜか利益がまったく出ておらず、借金が膨れ上がっていました。

 その理由は、劇団の主宰者である春川巧にありました。彼は時間もお金も管理できない性格だったからです。

 それにもかかわらず、夢中になってシアターフラッグを運営し続けたので、借金が膨れ上がってしまったんですよね。

 とはいえ、彼がシアターフラッグにこだわるのには理由がありました。

 いじめられっ子だった巧は、小学校に通うことができず、友達もいませんでした。人形ごっこが大好きで、兄の司とばかり遊んでいました。

 そんな巧を変えてくれたのが劇団です。売れない役者だった父に連れられてやってきた劇団のワークショップで、脚本作家としての才能を発揮し、人とコミュニケーションをとる楽しさを覚えたからです。

 だからこそ、彼は借金を重ねながらもシアターフラッグを運営していたのですが…。

 お金と時間をきっちり管理する兄の登場

 巧が借金をしていた相手・兄の春川司がとうとう怒り出しました。そして、

「2年間で、劇団の収益から300万円を返せ。できない場合は劇団を潰せ」

 という厳しい条件を突きつけます。

 とはいえ、巧が時間とお金を管理できるはずがありません。シアターフラッグのメンバーも似たようなものです。

 そこで貸し出し人である司が自ら乗り出してシアターフラッグを再建しようとするんですよね。

 もちろん、課題は山積みです。しかし、お金だけでなく、人間関係でも多くの課題が浮かび上がってきました。

 プロの声優である羽田千歳がシアターフラッグに加わったことで、春川兄弟と三角関係になったり、そのせいで巧に恋をしていた劇団員が嫉妬したりと、次々と問題が発生します。

 と、この物語の結末は実際に読んでもらうとして…。

 ひとりの人間には世界を変える力がある

 ことがわかる物語です。

 もちろん、巧や劇団員たちに能力がないわけではありません。彼らにはシアターを作り上げる創造力がありました。

 しかし、お金と時間を運営する能力はありませんでした。そこに、お金と時間の法則を正しく理解している司が乗り出してきたことで、シアターフラッグは大きく変わるんですよね。

 つまり、適切な能力をもった人間が一人いるだけで、ピンチもチャンスに変えられるということです。

 ◆

 有川浩さんの小説『シアター!』。お金と時間の関係、そして色恋沙汰が面白おかしく描かれているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …