webstation plus

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。

 ある商品を作るときに、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。

 しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんですよね。

 そんな浮世離れした人たちを描いた小説が有川浩さんの『シアター!』です。

 芝居はお金と時間をたっぷりかけて作り上げるもの?

 では、あらすじから。

 物語の舞台はそこそこ人気のある小劇団「シアターフラッグ」。しかし、なぜか利益がまったく出ておらず、借金が膨れ上がっていました。

 その理由は、劇団の主宰者である春川巧にありました。彼は時間もお金も管理できない性格だったからです。

 それにもかかわらず、夢中になってシアターフラッグを運営し続けたので、借金が膨れ上がってしまったんですよね。

 とはいえ、彼がシアターフラッグにこだわったのは、ある理由があったからでした。

 いじめられっ子だった巧は、小学校に通うことができず、友達もいませんでした。人形ごっこが大好きで、兄の司とばかり遊んでいました。

 そんな巧を変えてくれたのが劇団です。売れない役者だった父に連れられてやってきた劇団のワークショップで、脚本作家としての才能を発揮し、人とコミュニケーションをとる楽しさを覚えたのです。

 だからこそ、彼は借金を重ねながらもシアターフラッグを運営していたのですが…。

 お金と時間をきっちり管理する兄の登場

 巧が借金をしていた相手・兄の春川司がとうとう怒り出しました。そして、

「2年間で、劇団の収益から300万円を返せ。できない場合は劇団を潰せ」

 という厳しい条件を突きつけます。

 とはいえ、巧が時間とお金を管理できるはずがありません。シアターフラッグのメンバーも似たようなものです。

 そこで貸し出し人である司が自ら乗り出してシアターフラッグを再建しようとするんですよね。

 もちろん、課題は山積みです。しかし、お金だけでなく、人間関係でも多くの問題が浮かび上がってきました。

 プロの声優である羽田千歳がシアターフラッグに加わったことで、春川兄弟と三角関係になったり、そのせいで巧に恋をしていた劇団員が嫉妬したりと、次々と問題が浮かび上がってきます。

 と、この物語の結末は実際に読んでもらうとして…。

 お金と時間は反比例の関係にある!?

 有川浩さんの小説『シアター!』は、お金と時間は反比例の関係にあることがわかる物語です。

 巧や劇団員たちにはシアターを作り上げる創造力はありましたが、お金と時間を管理する能力はありませんでした。

 そのため、どれだけ人気が出ても儲けがでなかったのですが、そこにお金と時間の法則を正しく理解している司が乗り出してきたことで、シアターフラッグは大きく変わります。

 それだけでなく、適切な能力をもった人間が一人いるだけで、ピンチもチャンスに変えられることがわかる物語なんですよね。

 というわけで、有川浩さんの小説『シアター!』は、お金と時間の関係、そして色恋沙汰が面白おかしく描かれているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する差がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力していますが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある差に愕然としました。  プロは人生のすべてを捧げる …

伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』はリスクを取れば一発逆転できるかもと思える物語

 「一発逆転したい!」って思ったことありませんか。  私は仕事やプライベートで思うような結果が出なかったときに一発逆転したいって思いますが、伊坂幸太郎さんと阿部和重の共著『キャプテンサンダーボルト』を読んで、一発逆転する …

小川糸『キラキラ共和国』は嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語

 嫌な過去はありませんか?  私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。  子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。  小川糸さん …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想/いじめをする人間には決定的に足りない能力がある!?

 最近、いじめの話題が後を絶たないですよね。子供たちだけでなく、大人や学校の先生までいじめをするなど、いじめについて真剣に考えざるを得ない状況になっているように思います。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』を …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …