webstation plus

writing_02

 メールやSNS、ブログなどの普及によって文章を書く機会が劇的に増えました。しかし、私のブログもそうですが、その多くは一度消費された後、誰の記憶にも残らずに忘れ去られる運命にあります。

 もちろん、できることなら後世に残る名文が書きたいですが、そこに辿り着けなくても、せめて誰かの心を動かせる文章が書きたいですよね。

 では、どうすればそんな文章が書けるのでしょうか。

 「名文」って何?

 明治・大正・昭和の半世紀にわたり、膨大な数の作品を書き上げた谷崎潤一郎氏は、

「口で話す方は、その場で感動させることを主眼としますが、文章の方はなるたけその感銘が長く記憶されるように書くべき」

 と言われています。つまり、「読者の記憶に残る文章を書け」と言われているんですよね。

 そんな文章を書くために、私たちがやるべきことは――。

 「文法」を覚えるよりも「感覚」を磨く

 どんな文章が名文で、どんな文章が悪文なのかを見分ける力をつけることです。

 そのためには、「正しい文法」を覚えるよりも、「感覚を磨く」ことが近道だと谷崎氏は言います。なぜなら、私たちが学校で習ってきた国語は、非科学的な構造をできるだけ科学的に、西洋流に偽装して、「こうでなければダメ」という法則を作ったものだからです。その方が教えやすく覚えやすいという理由だけです。

 実際、名文と呼ばれる文章を読むと、そのほとんどが文法を守っていませんよね。

 また、文法に囚われてしまうと、書き手特有のリズムが崩れてしまうという弊害もあります。

 私たちは文章を読むときに、目で追いかけるだけでなく、心の中で音読していますよね。それは、目と耳からくる感覚的な心地よさが文章の理解を助けてくれるからですが、つまりは名文には書き手特有の「心地よいリズム」があるからこそ、読み手の心を動かせるわけです。

 だからこそ、私たちは「文法」に囚われることなく、「感覚」を磨く必要があるのですが、では、どうすれば「感覚」が磨けるのでしょうか。

 感覚を磨くための2つのステップ

 それは、できるだけ多くの名文を読むこと。そして、実際に自分で書いてみることです。

 名文には書き手特有のリズムがあると書きましたが、そのリズムに気づくまで繰り返し読みます。そうすれば、文章の良し悪しがわかってきます。

 たとえば、ピカソの絵をみて「私にも書けそう」という人がいますが、その人はピカソの才能がわからないからこそ言えるんですよね。ある物体を複数の視点から捉え、ひとつのキャンパスに描画するという才能に気づけば、口が裂けても言えません。

 もちろん、文章だって同じです。だからこそ、繰り返し名文を読んで特有のリズムを身体に刻み込む必要があるわけです。

 こうして、名文のリズムがわかるようになれば、次は実際に手を動かして名文を再現します。このとき、どれだけ名文を真似しようと思っても、再現できないんですよね。

 実は、これこそが個性。私たち一人ひとりが持っている特有のリズムなんです。そんな文章が書けるようになれば、きっと読者の心を動かせるはず。

 洗練された人たちは文章の良し悪しが見分けられる

 文章の受け取り方は人それぞれですが、実はある程度感覚を研ぎ澄ました人たちから見れば、名文と悪文の差は一目瞭然だそうです。そして、人の心を動かす文章には書き手特有のリズムがあります。

 だからこそ、人の心を動かす文章が書きたいなら、多くの名文に触れ、繰り返しアウトプットする必要があるんですね。私も多くの名文に触れ、「心地よいリズム」で、このブログにアウトプットしていきたいと思います。

 ちなみに、ここで言う「名文」とは古典に限った話ではありません。東野圭吾さんや伊坂幸太郎さんなど、読んでいて心地いい文章こそが名文です。そんな名文に普段から触れていきましょう。

 関連記事

ブログには正しい答えよりも読者の心に届く文章を書こう

 ブログを書くとき、「正解を書こう」と思っていませんか。  しかし、どれだけ正しい答えを書いても読者の心には届きません。なぜなら、正解はつまらないからです。  たとえば、「人には優しくしましょう」「嘘をついてはいけません …

最後まで読みたくなる文章の書き方

 同じテーマについて書かれた文章でも、「最後まで読みたい!」と思える文章もあれば、途中で寝てしまいそうになる文章もありますよね。この差はいったいどこにあるのでしょうか。  結論から言えば、「独自の視点」があるかどうか。 …

まずは5行にまとめる!?面白くて伝わるエッセイの書き方

 「面白くて伝わるエッセイが書きたい」と思っていませんか。私はそう思ってブログを書いていますが、なかなか難しいんですよね。なぜなら、面白くて伝わるエッセイを書くには、それなりの技術や体験が必要だからです。  面 …

もう少し「頭のいい文章が書きたい」と思っている方へ

 「スマートなブログを運営しているにも関わらず、なぜ人気が出ないんだろう…」という悩みを抱えていました。  人気ブロガーのブログ論を読むと、読者を惹きつける記事を100記事ほど書けば、PVは劇的に増えていくと書かれていま …

初心者でも大丈夫!?ブログの更新頻度が10倍になる文章術

(※『10倍速く書ける 超スピード文章術』表紙より)  「ブログを書こう!」と思っても、なかなか文章が浮かんでこない…。そんなことありませんか?  私はよくあります。それでもなんとか文章をひねり出して書いているのですが、 …

完璧主義者を辞めなければ「面白い文章」は書けない

 私たち日本人には、完璧主義者が多いといわれている。  たとえば、外国人旅行者が読む「日本」のガイドブックには、「日本人は完璧主義者なので、英語をマスターしていない限り英語を話してはいけないと考えている。だから、いきなり …

読者に選ばれる文章を書こう/『文章は書く前に8割決まる』

 多くの人たちに支持されている文章にはいくつかの共通点がある。なかでも本書に紹介されている次の三つを意識すれば、読者に支持されやすい文章が書けるようになるだろう。  まずひとつ目。それは「読者を意識している」ということ。 …

プロのライターとアマチュアライターの決定的な違い

 プロのライターとアマチュアライターの違いとは何か。これからプロのライターを目指す人たちにとって、この違いは何がなんでも知りたいはず。  そのひとつの答えとして、フリーライターである永江朗さんは、「アマチュアの文書が『書 …

受け取った以上に与えよう/今すぐフォロワーを増やす方法

 成功している人たちに共通していること。それは、「常に相手を勝たせている」ということだ。  たとえば、メルカリ。メルカリはYahooオークションに比べて簡単に使えるので、多くのユーザーがメルカリで商品を売買しているが、こ …

ブログ初心者におすすめの本『マジ文章書けないんだけど』

 「ブログを書こう!」と決意しても、思うような文章が書けずに挫折した人は多いはず。  そんな人におすすめなのが、本『マジ文章書けないんだけど』。文章の基本中の基本から、人に読んでもらえる文章が書けるようになるまでの道のり …