webstation plus

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

 とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多くの本が読みたいと願っている人たちは、速読に挑戦しますが、高い確率で失敗します。なぜでしょうか。

 それは、「基礎知識」が身についていないから。

 たとえば、偏微分や重積分を理解していないのに、少し複雑な経済学や金融工学の本を読んでも、わかった気になるだけで得られるものは少ないですよね。ゆっくりと読んでもそうなのに、そんな状態で速読をすればどうでしょうか。さらに得られるものが少なくなると思いませんか。

 もちろん、このような難しい本であれば速読をしても意味がないことはすぐにわかりますが、出版されている多くの本は読みやすいですよね。だから、速読できてしまう。その結果、どれだけ速読をしても、得られるものが何もなかった――ということが実際に起こってしまうわけです。

 では、速読をする意味があったかどうかは、どこで判断すればいいのでしょうか。

 それは、読書で得た知識で現実が説明できるようになっているかどうか。たとえば、コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション関連の本を読んだとしたら、

「なぜ、これまでコミュニケーションがうまく取れなかったのか?」
「では、これからどうすればいいのか?」

 という質問に答えられるかどうかで判断できます。もし、この質問に答えられないようなら、速読するよりも熟読することで基礎知識を身に付けたほうがいい。

 元外務省主任分析官で、作家でもある佐藤優さんは、月に300冊以上の本を読まれているそうですが、そんな佐藤さんが考える基礎知識を身につける方法が次の手順です。

  1. 本を買う:基本書を3冊、または5冊選ぶ
  2. 熟読する本を選ぶ:本の真ん中のページを読んでみる
  3. 本を読む(1回目):重要な個所に線を引きながら読む
  4. 本を読む(2回目):さらに重要だと思うところに囲みをつける
  5. 読書記録をつくる:囲みの部分をノートに写す
  6. 本を読む(3回目):結論を3回読み、もう一度通読する
  7. 2冊目以降の本を読む

 それぞれ簡単に説明していくと、3冊または5冊本を買うのは、1冊の基本書だけに頼っていると、学説が偏っていた場合に、後でそれに気づいて知識を強制するのに時間と手間がかかるから。奇数の理由は、定義や見解が異なる場合に多数決をとるためです。もちろん、多数決で出した答えが正解とは限りませんが。

 本の真ん中のページを読んでみるのは、その本のいちばん弱い部分だから。本の構成として、はじめの部分は「つかみ」として、どのように読者を引き込むかという工夫がされており、最終部分の結論は、著者が最も述べたいことを書いているので、読みやすい。そこで、いちばん弱い部分である真ん中をつまみ読みすることで、その本のレベルを知ることができるからです。

 本をくりかえし読むのは知識を定着させるため。線を引いたり、囲みをつけたり、結論を3回読むのも、あくまでも知識を定着させるためです。他に好きな方法があるなら、それでもかまいません。たとえば、ブログに感想を書くのもひとつの方法ですよね。

 こうして、1冊の本を読み終えることができれば、2冊目以降を読む速度は劇的に速くなります。既知の箇所を流し読みできるからです。これこそが「速読」なんですよね。

 というわけで、土台工事をしなければ家が建たないのと同じように、基礎知識がなければ速読をしても意味がありません。ぜひ、初心に返って基本書(たとえば高校の教科書など)を熟読してみてはどうでしょうか。

]

 関連記事

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

目標が達成できない人も「ストーリー思考」で夢が実現できる!?

 「どうしても実現したい!」と思うことが見つかったとき、どうしていますか?  「事前準備をしてから」「もう少し社会経験を積んでから」「十分なお金を確保してから」…なんて、行動することを先延ばしにしていませんか?  もし、 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

吉本芸人に学ぶ「プロとして成功するための秘訣」

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢の実現に向けて挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功を収めることができるのは、ほんの一握りの人たち。  では、プ …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …