webstation plus

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

 とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多くの本が読みたいと願っている人たちは、速読に挑戦しますが、高い確率で失敗します。なぜでしょうか。

 それは、「基礎知識」が身についていないから。

 たとえば、偏微分や重積分を理解していないのに、少し複雑な経済学や金融工学の本を読んでも、わかった気になるだけで得られるものは少ないですよね。ゆっくりと読んでもそうなのに、そんな状態で速読をすればどうでしょうか。さらに得られるものが少なくなると思いませんか。

 もちろん、このような難しい本であれば速読をしても意味がないことはすぐにわかりますが、出版されている多くの本は読みやすいですよね。だから、速読できてしまう。その結果、どれだけ速読をしても、得られるものが何もなかった――ということが実際に起こってしまうわけです。

 では、速読をする意味があったかどうかは、どこで判断すればいいのでしょうか。

 それは、読書で得た知識で現実が説明できるようになっているかどうか。たとえば、コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション関連の本を読んだとしたら、

「なぜ、これまでコミュニケーションがうまく取れなかったのか?」
「では、これからどうすればいいのか?」

 という質問に答えられるかどうかで判断できます。もし、この質問に答えられないようなら、速読するよりも熟読することで基礎知識を身に付けたほうがいい。

 元外務省主任分析官で、作家でもある佐藤優さんは、月に300冊以上の本を読まれているそうですが、そんな佐藤さんが考える基礎知識を身につける方法が次の手順です。

  1. 本を買う:基本書を3冊、または5冊選ぶ
  2. 熟読する本を選ぶ:本の真ん中のページを読んでみる
  3. 本を読む(1回目):重要な個所に線を引きながら読む
  4. 本を読む(2回目):さらに重要だと思うところに囲みをつける
  5. 読書記録をつくる:囲みの部分をノートに写す
  6. 本を読む(3回目):結論を3回読み、もう一度通読する
  7. 2冊目以降の本を読む

 それぞれ簡単に説明していくと、3冊または5冊本を買うのは、1冊の基本書だけに頼っていると、学説が偏っていた場合に、後でそれに気づいて知識を強制するのに時間と手間がかかるから。奇数の理由は、定義や見解が異なる場合に多数決をとるためです。もちろん、多数決で出した答えが正解とは限りませんが。

 本の真ん中のページを読んでみるのは、その本のいちばん弱い部分だから。本の構成として、はじめの部分は「つかみ」として、どのように読者を引き込むかという工夫がされており、最終部分の結論は、著者が最も述べたいことを書いているので、読みやすい。そこで、いちばん弱い部分である真ん中をつまみ読みすることで、その本のレベルを知ることができるからです。

 本をくりかえし読むのは知識を定着させるため。線を引いたり、囲みをつけたり、結論を3回読むのも、あくまでも知識を定着させるためです。他に好きな方法があるなら、それでもかまいません。たとえば、ブログに感想を書くのもひとつの方法ですよね。

 こうして、1冊の本を読み終えることができれば、2冊目以降を読む速度は劇的に速くなります。既知の箇所を流し読みできるからです。これこそが「速読」なんですよね。

 というわけで、土台工事をしなければ家が建たないのと同じように、基礎知識がなければ速読をしても意味がありません。ぜひ、初心に返って基本書(たとえば高校の教科書など)を熟読してみてはどうでしょうか。

]

 関連記事

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

才能は遺伝で決まる!?「報われる努力」と「報われない努力」の違い

「努力が報われると思う人はダメですね」  これは明石家さんまさんの言葉です。少し補足をすると、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら、やめた方がいい――そう考えられているようです …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …