webstation plus

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

 とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多くの本が読みたいと願っている人たちは、速読に挑戦しますが、高い確率で失敗します。なぜでしょうか。

 それは、「基礎知識」が身についていないから。

 たとえば、偏微分や重積分を理解していないのに、少し複雑な経済学や金融工学の本を読んでも、わかった気になるだけで得られるものは少ないですよね。ゆっくりと読んでもそうなのに、そんな状態で速読をすればどうでしょうか。さらに得られるものが少なくなると思いませんか。

 もちろん、このような難しい本であれば速読をしても意味がないことはすぐにわかりますが、出版されている多くの本は読みやすいですよね。だから、速読できてしまう。その結果、どれだけ速読をしても、得られるものが何もなかった――ということが実際に起こってしまうわけです。

 では、速読をする意味があったかどうかは、どこで判断すればいいのでしょうか。

 それは、読書で得た知識で現実が説明できるようになっているかどうか。たとえば、コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション関連の本を読んだとしたら、

「なぜ、これまでコミュニケーションがうまく取れなかったのか?」
「では、これからどうすればいいのか?」

 という質問に答えられるかどうかで判断できます。もし、この質問に答えられないようなら、速読するよりも熟読することで基礎知識を身に付けたほうがいい。

 元外務省主任分析官で、作家でもある佐藤優さんは、月に300冊以上の本を読まれているそうですが、そんな佐藤さんが考える基礎知識を身につける方法が次の手順です。

  1. 本を買う:基本書を3冊、または5冊選ぶ
  2. 熟読する本を選ぶ:本の真ん中のページを読んでみる
  3. 本を読む(1回目):重要な個所に線を引きながら読む
  4. 本を読む(2回目):さらに重要だと思うところに囲みをつける
  5. 読書記録をつくる:囲みの部分をノートに写す
  6. 本を読む(3回目):結論を3回読み、もう一度通読する
  7. 2冊目以降の本を読む

 それぞれ簡単に説明していくと、3冊または5冊本を買うのは、1冊の基本書だけに頼っていると、学説が偏っていた場合に、後でそれに気づいて知識を強制するのに時間と手間がかかるから。奇数の理由は、定義や見解が異なる場合に多数決をとるためです。もちろん、多数決で出した答えが正解とは限りませんが。

 本の真ん中のページを読んでみるのは、その本のいちばん弱い部分だから。本の構成として、はじめの部分は「つかみ」として、どのように読者を引き込むかという工夫がされており、最終部分の結論は、著者が最も述べたいことを書いているので、読みやすい。そこで、いちばん弱い部分である真ん中をつまみ読みすることで、その本のレベルを知ることができるからです。

 本をくりかえし読むのは知識を定着させるため。線を引いたり、囲みをつけたり、結論を3回読むのも、あくまでも知識を定着させるためです。他に好きな方法があるなら、それでもかまいません。たとえば、ブログに感想を書くのもひとつの方法ですよね。

 こうして、1冊の本を読み終えることができれば、2冊目以降を読む速度は劇的に速くなります。既知の箇所を流し読みできるからです。これこそが「速読」なんですよね。

 というわけで、土台工事をしなければ家が建たないのと同じように、基礎知識がなければ速読をしても意味がありません。ぜひ、初心に返って基本書(たとえば高校の教科書など)を熟読してみてはどうでしょうか。

]

 関連記事

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …