webstation plus

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

 とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多くの本が読みたいと願っている人たちは、速読に挑戦しますが、高い確率で失敗します。なぜでしょうか。

 それは、「基礎知識」が身についていないから。

 たとえば、偏微分や重積分を理解していないのに、少し複雑な経済学や金融工学の本を読んでも、わかった気になるだけで得られるものは少ないですよね。ゆっくりと読んでもそうなのに、そんな状態で速読をすればどうでしょうか。さらに得られるものが少なくなると思いませんか。

 もちろん、このような難しい本であれば速読をしても意味がないことはすぐにわかりますが、出版されている多くの本は読みやすいですよね。だから、速読できてしまう。その結果、どれだけ速読をしても、得られるものが何もなかった――ということが実際に起こってしまうわけです。

 では、速読をする意味があったかどうかは、どこで判断すればいいのでしょうか。

 それは、読書で得た知識で現実が説明できるようになっているかどうか。たとえば、コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション関連の本を読んだとしたら、

「なぜ、これまでコミュニケーションがうまく取れなかったのか?」
「では、これからどうすればいいのか?」

 という質問に答えられるかどうかで判断できます。もし、この質問に答えられないようなら、速読するよりも熟読することで基礎知識を身に付けたほうがいい。

 元外務省主任分析官で、作家でもある佐藤優さんは、月に300冊以上の本を読まれているそうですが、そんな佐藤さんが考える基礎知識を身につける方法が次の手順です。

  1. 本を買う:基本書を3冊、または5冊選ぶ
  2. 熟読する本を選ぶ:本の真ん中のページを読んでみる
  3. 本を読む(1回目):重要な個所に線を引きながら読む
  4. 本を読む(2回目):さらに重要だと思うところに囲みをつける
  5. 読書記録をつくる:囲みの部分をノートに写す
  6. 本を読む(3回目):結論を3回読み、もう一度通読する
  7. 2冊目以降の本を読む

 それぞれ簡単に説明していくと、3冊または5冊本を買うのは、1冊の基本書だけに頼っていると、学説が偏っていた場合に、後でそれに気づいて知識を強制するのに時間と手間がかかるから。奇数の理由は、定義や見解が異なる場合に多数決をとるためです。もちろん、多数決で出した答えが正解とは限りませんが。

 本の真ん中のページを読んでみるのは、その本のいちばん弱い部分だから。本の構成として、はじめの部分は「つかみ」として、どのように読者を引き込むかという工夫がされており、最終部分の結論は、著者が最も述べたいことを書いているので、読みやすい。そこで、いちばん弱い部分である真ん中をつまみ読みすることで、その本のレベルを知ることができるからです。

 本をくりかえし読むのは知識を定着させるため。線を引いたり、囲みをつけたり、結論を3回読むのも、あくまでも知識を定着させるためです。他に好きな方法があるなら、それでもかまいません。たとえば、ブログに感想を書くのもひとつの方法ですよね。

 こうして、1冊の本を読み終えることができれば、2冊目以降を読む速度は劇的に速くなります。既知の箇所を流し読みできるからです。これこそが「速読」なんですよね。

 というわけで、土台工事をしなければ家が建たないのと同じように、基礎知識がなければ速読をしても意味がありません。ぜひ、初心に返って基本書(たとえば高校の教科書など)を熟読してみてはどうでしょうか。

]

 関連記事

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

悩みの原因は自分にあった!?問題解決のヒント34

 生きていると悩みがつきませんよね。仕事が上手くいかない、時間が足りない、もっとお金が欲しい…などなど、次々と悩みが増えていきます。  しかし、このように悩んだり苦しんだりするのは、信じているものが間違っているからだとし …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …