歴史・時代

おすすめ小説

山本兼一『利休にたずねよ』はタイトルの謎を解く面白さが味わえる物語

小説のタイトルって面白いですよね。 私は伊坂幸太郎さんの小説が大好きで、『アヒルと鴨のコインロッカー』など、タイトルに込められた意味に何度も驚かされてきましたが、 山本兼一さんの小説『利休にたずねよ』は、タイトルに込めら...
おすすめ小説

畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちの物語

他人を犠牲にしても自分が得すれば良いと思っていませんか? 私は幼い頃から親に徹底的に躾けられてきたので、そういう考えにはなりにくいと思っていますが、 畠中恵さんの小説『うそうそ』に登場する人たちは違いました。 誰かの犠牲の...
おすすめ小説

古川智映子『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思えてくる物語

悩みを抱えていませんか? 私は最近はあまり悩んでいませんが、以前はよく悩んでいました。 しかし、古川智映子さんの小説『土佐堀川』を読んで、自分の悩みがどれだけちっぽけだったのかを思い知らされたんですよね。 広岡浅子さんのよ...
おすすめ小説

畠中恵『おまけのこ』は悩みとの向き合い方を教えてくれる物語

悩みとどう向き合っていますか? 私は他人のせいにして終わらせることもありますが、畠中恵さんの小説『おまけのこ』を読んで、 悩みとの向き合い方を見直したくなりました。 悩みを抱えながらも前向きに行動する登場人物たちに、励まさ...
おすすめ小説

畠中恵『ねこのばば』は魅力的な新キャラクターが多数登場する物語

しゃばけシリーズはお好きですか? 今回紹介する畠中恵さんの小説『ねこのばば』は、しゃばけシリーズ第3弾の物語ですが、魅力的な新キャラクターが多数登場します。 それだけでなく、ついに一太郎の幼馴染・春ちゃんが結婚するんですよね。 ...
おすすめ小説

畠中恵『ぬしさまへ』感想/「早く大人になりたい!?」って思っていませんか?

早く大人になりたいって思ったこと、ありませんか? 私はあまり勉強が好きではなかったので、早く大人になって働きたいと思っていましたが、 畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』の主人公は、そんな単純な動機ではなく、誰かの役に立ちたいと考えて...
おすすめ小説

司馬遼太郎『最後の将軍』は信念のない将軍の末路を描いた物語

信念をもって生きていますか? 私はどちらかというと、信念をもって生きているつもりですが、 司馬遼太郎さんの小説『最後の将軍』を読んで、信念を持たずに、その場その場で取り繕って行動していると、その末路は悲惨なものになると気づきまし...
おすすめ小説

畠中恵『しゃばけ』は自分の限界を乗り越えたくなる一味変わったミステリー小説

自分の限界を勝手に決めていませんか? 私は困難な状況に陥ると、よく頑張った…と勝手に限界を決めて諦めてしまいがちですが、 畠中恵さんの小説『しゃばけ』の主人公は違いました。 病弱なのに、殺人事件の犯人に立ち向かっていくんで...
エンタメまとめ

大人も学びたくなる歴史書ベスト10

2020年5月19日に放送されたWBS(ワールドビジネスサテライト)の「白熱!ランキング」は、大人も学びたくなる歴史書ベスト10。 ネット書店「honto」の歴史・地理・民族ジャンルで、2020年3月1日から4月13日までに売れた歴史...
おすすめ小説

和田竜『小太郎の左腕』は人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかる物語

誰かを騙して利益を得ようとしていませんか? 私はそれほど強欲ではないので人を騙してまで欲しいものはありませんが、 和田竜さんの小説『小太郎の左腕』を読んで人を騙すとその報いが必ず返ってくることがわかりました。 誰かを騙して...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました