日常

おすすめ小説

カズオ・イシグロ『クララとお日さま』は人間らしさとは何か?と問いかけられる物語

人間らさしとは何だと思いますか? 私は、目的をもって行動することだと考えていましたが、 カズオ・イシグロさんの小説『クララとお日さま』を読んで、他人を思いやる心ではないか?と思うようになりました。 人間の少女に尽くし続ける...
おすすめ小説

藤岡陽子『きのうのオレンジ』は目立たない優しさを貫く主人公と、その優しさを感じ取れる人たちの姿に感動する物語

人目につかないところでも、一貫した行動をとっていますか? 私は以前は人前でだけ褒められるような行動をとっていたことがありましたが、 藤岡陽子さんの小説『きのうのオレンジ』を読んで、些細な行動でも見ている人が必ずいることがわかりま...
おすすめ小説

青山美智子『鎌倉うずまき案内所』は自分が変われば世界は大きく変わることがわかる物語

現状に不満を抱いていませんか? 私はときどき不満が爆発しそうになることがありますが、 青山美智子さんの小説『鎌倉うずまき案内所』を読んで、自分が変われば世界は大きく変わることがわかりました。 それだけでなく、物語同士のつな...
おすすめ小説

加藤シゲアキ『オルタネート』は自分がなければ振り回されてしまうことがわかる物語

自分を持っていますか? 私は他人の影響を受けやすい性格なので、自分を持つように心がけていますが、 加藤シゲアキさんの小説『オルタネート』を読んで、世の中が便利になるほど他人に振り回されやすくなることに気づきました。 それだ...
おすすめ小説

辻堂ゆめ『十の輪をくぐる』はオリンピックに励まされてつらい現実から立ち上がる人たちを描いた物語

オリンピックについて、どう思いますか? 私は、コロナ禍が落ち着いてから出来れば日本で開催してほしいと思っていますが、 辻堂ゆめさんの小説『十の輪をくぐる』を読んで、オリンピックに励まされてつらい現実から立ち上がった人たちがいたこ...
おすすめ小説

夏川草介『始まりの木』は目に見えるものがすべてと単純化した社会は亡びることがわかる物語

目に見えるものがすべてだと思っていませんか? 私は、目に見えない世界、想像が及ばない世界もあると考えていますが、 夏川草介さんの小説『始まりの木』を読んで、改めて目に見えない世界に思いを馳せる想像力が必要だと痛感しました。 ...
おすすめ小説

伊吹有喜『BAR追分』はつらいことがあったときは美味しいものを食べようと思える物語

つらいことがあったとき、どうしていますか? 私は大好きなB‘zの音楽を聴いてストレスを発散していますが、 伊吹有喜さんの小説『BAR追分』を読んで、美味しいものを食べるのもありかもと思えました。 美味しいものを食べて、また...
おすすめ小説

坂木司『ワーキング・ホリデー』は優しさとは言葉やモノではなく行動で示すものだとわかる物語

家族や友人、知人に優しく接していますか? 私は優しく接しているつもりでしたが、坂木司さんの小説『ワーキング・ホリデー』を読んで、少し反省しました。 優しさとは言葉やモノではなく、ちょっとした行動で示すものだとわかったからです。 ...
おすすめ小説

青山美智子『木曜日にはココアを』は人とのつながりが人生を切り開くキッカケになることがわかる物語

人とのつながりを大切にしていますか? 私は結婚して家族がいるので、どうしても家族優先になってしまいがちですが、 青山美智子さんの小説『木曜日にはココアを』を読んで、今まで以上に人とのつながりを大切にしたくなりました。 人と...
おすすめ小説

寺地はるな『わたしの良い子』は生き方に正解なんてないことがわかる物語

生き方に正解があると思っていませんか? 私は正解なんてないと思っているので、まわりを気にせずに自分らしく生きているつもりですが、 寺地はるなさんの小説『わたしの良い子』を読んで、改めて生き方に正解なんてないことがわかりました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました