webstation plus

(※『しゃばけ』表紙より)


 10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。

 久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『しゃばけ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『しゃばけ』のあらすじ

 江戸有数の薬種問屋・長崎屋。そのひとり息子である一太郎は、親と妖怪たちに隠れて一人夜道を歩いていました。どうしても行きたいところがあったからです。

 しかし、その途中で人殺しに出会います。一太郎は機転を利かせて何とか逃れましたが、これがキッカケで次々と難題に巻き込まれることに。

 個性豊かな妖怪たちと共に、一太郎はこの難局をどう乗り越えるのか!?

 『しゃばけ』のおすすめポイント

1. 個性的な妖怪たちに惹き込まれる

 一太郎は病弱で親から甘やかされていましたが、妖怪が見える能力を持っていました。この物語には、個性豊かな妖怪が多数登場するんですよね。

 まず、一太郎の側に常にいるのが仁吉と佐吉。彼らは長崎屋の奉公人として働いていますが、実は犬神、白沢と呼ばれるとても強い妖怪でした。

 しかし、仁吉と佐吉は、何よりも一太郎の身の安全を最優先します。一太郎が少し咳をしただけで、寝かしつけることも。

 他にも、鳴家と呼ばれる小鬼やお洒落な屏風のぞき、野寺坊、獺など個性豊かな妖怪が勢揃い。

 彼らの魅力に惹きこまれます。

2. 謎だらけのミステリー小説

 人殺しに襲われた一太郎。彼は頭は切れますが、病弱で部屋から出ることができませんでした。

 そこで、岡っ引きの清七親分の情報をもとに犯人探しをします。すると、次々と謎が浮かび上がってきました。

 たとえば、

・なぜ犯人はささいなことで人を殺したのか。
・なぜ死体の首を落としたのか。
・なぜ奪った大工道具をばらばらに売り払ったのか。
・死んで葬儀も済ませた大工に、なぜ薬を飲ませようとしたのか。
・手持ちの薬をすべて渡しているのに、これじゃないと言ったのはなぜか。

 などなど。一太郎は、この謎にどうせまる!?

3. 若だんなの選択に感動

 そんな病弱な一太郎が大きな決断に迫られます。病弱な身体をおして犯人に立ち向かうのか、それとも部屋の中でおとなしく過ごすのか。

 一太郎の決断に感動すること間違いなしの物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『しゃばけ』。読めば病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …