病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

おすすめ小説

(※『しゃばけ』表紙より)

 10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。

 久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『しゃばけ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。




スポンサーリンク

 『しゃばけ』のあらすじ

 江戸有数の薬種問屋・長崎屋。そのひとり息子である一太郎は、親と妖怪たちに隠れて一人夜道を歩いていました。どうしても行きたいところがあったからです。

 しかし、その途中で人殺しに出会います。一太郎は機転を利かせて何とか逃れましたが、これがキッカケで次々と難題に巻き込まれることに。

 個性豊かな妖怪たちと共に、一太郎はこの難局をどう乗り越えるのか!?

スポンサーリンク

 『しゃばけ』のおすすめポイント

1. 個性的な妖怪たちに惹き込まれる

 一太郎は病弱で親から甘やかされていましたが、妖怪が見える能力を持っていました。この物語には、個性豊かな妖怪が多数登場するんですよね。

 まず、一太郎の側に常にいるのが仁吉と佐吉。彼らは長崎屋の奉公人として働いていますが、実は犬神、白沢と呼ばれるとても強い妖怪でした。

 しかし、仁吉と佐吉は、何よりも一太郎の身の安全を最優先します。一太郎が少し咳をしただけで、寝かしつけることも。

 他にも、鳴家と呼ばれる小鬼やお洒落な屏風のぞき、野寺坊、獺など個性豊かな妖怪が勢揃い。

 彼らの魅力に惹きこまれます。

2. 謎だらけのミステリー小説

 人殺しに襲われた一太郎。彼は頭は切れますが、病弱で部屋から出ることができませんでした。

 そこで、岡っ引きの清七親分の情報をもとに犯人探しをします。すると、次々と謎が浮かび上がってきました。

 たとえば、

・なぜ犯人はささいなことで人を殺したのか。
・なぜ死体の首を落としたのか。
・なぜ奪った大工道具をばらばらに売り払ったのか。
・死んで葬儀も済ませた大工に、なぜ薬を飲ませようとしたのか。
・手持ちの薬をすべて渡しているのに、これじゃないと言ったのはなぜか。

 などなど。一太郎は、この謎にどうせまる!?

3. 若だんなの選択に感動

 そんな病弱な一太郎が大きな決断に迫られます。病弱な身体をおして犯人に立ち向かうのか、それとも部屋の中でおとなしく過ごすのか。

 一太郎の決断に感動すること間違いなしの物語です。

スポンサーリンク

 最後に

 畠中恵さんの小説『しゃばけ』。読めば病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました