webstation plus

(※『しゃばけ』表紙より)


 10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。

 久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『しゃばけ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『しゃばけ』のあらすじ

 江戸有数の薬種問屋・長崎屋。そのひとり息子である一太郎は、親と妖怪たちに隠れて一人夜道を歩いていました。どうしても行きたいところがあったからです。

 しかし、その途中で人殺しに出会います。一太郎は機転を利かせて何とか逃れましたが、これがキッカケで次々と難題に巻き込まれることに。

 個性豊かな妖怪たちと共に、一太郎はこの難局をどう乗り越えるのか!?

 『しゃばけ』のおすすめポイント

1. 個性的な妖怪たちに惹き込まれる

 一太郎は病弱で親から甘やかされていましたが、妖怪が見える能力を持っていました。この物語には、個性豊かな妖怪が多数登場するんですよね。

 まず、一太郎の側に常にいるのが仁吉と佐吉。彼らは長崎屋の奉公人として働いていますが、実は犬神、白沢と呼ばれるとても強い妖怪でした。

 しかし、仁吉と佐吉は、何よりも一太郎の身の安全を最優先します。一太郎が少し咳をしただけで、寝かしつけることも。

 他にも、鳴家と呼ばれる小鬼やお洒落な屏風のぞき、野寺坊、獺など個性豊かな妖怪が勢揃い。

 彼らの魅力に惹きこまれます。

2. 謎だらけのミステリー小説

 人殺しに襲われた一太郎。彼は頭は切れますが、病弱で部屋から出ることができませんでした。

 そこで、岡っ引きの清七親分の情報をもとに犯人探しをします。すると、次々と謎が浮かび上がってきました。

 たとえば、

・なぜ犯人はささいなことで人を殺したのか。
・なぜ死体の首を落としたのか。
・なぜ奪った大工道具をばらばらに売り払ったのか。
・死んで葬儀も済ませた大工に、なぜ薬を飲ませようとしたのか。
・手持ちの薬をすべて渡しているのに、これじゃないと言ったのはなぜか。

 などなど。一太郎は、この謎にどうせまる!?

3. 若だんなの選択に感動

 そんな病弱な一太郎が大きな決断に迫られます。病弱な身体をおして犯人に立ち向かうのか、それとも部屋の中でおとなしく過ごすのか。

 一太郎の決断に感動すること間違いなしの物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『しゃばけ』。読めば病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …