webstation plus

(※『しゃばけ』表紙より)


 10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。

 久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?

 今回は『しゃばけ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『しゃばけ』のあらすじ

 江戸有数の薬種問屋・長崎屋。そのひとり息子である一太郎は、親と妖怪たちに隠れて一人夜道を歩いていました。どうしても行きたいところがあったからです。

 しかし、その途中で人殺しに出会います。一太郎は機転を利かせて何とか逃れましたが、これがキッカケで次々と難題に巻き込まれることに。

 個性豊かな妖怪たちと共に、一太郎はこの難局をどう乗り越えるのか!?

 『しゃばけ』のおすすめポイント

1. 個性的な妖怪たちに惹き込まれる

 一太郎は病弱で親から甘やかされていましたが、妖怪が見える能力を持っていました。この物語には、個性豊かな妖怪が多数登場するんですよね。

 まず、一太郎の側に常にいるのが仁吉と佐吉。彼らは長崎屋の奉公人として働いていますが、実は犬神、白沢と呼ばれるとても強い妖怪でした。

 しかし、仁吉と佐吉は、何よりも一太郎の身の安全を最優先します。一太郎が少し咳をしただけで、寝かしつけることも。

 他にも、鳴家と呼ばれる小鬼やお洒落な屏風のぞき、野寺坊、獺など個性豊かな妖怪が勢揃い。

 彼らの魅力に惹きこまれます。

2. 謎だらけのミステリー小説

 人殺しに襲われた一太郎。彼は頭は切れますが、病弱で部屋から出ることができませんでした。

 そこで、岡っ引きの清七親分の情報をもとに犯人探しをします。すると、次々と謎が浮かび上がってきました。

 たとえば、

・なぜ犯人はささいなことで人を殺したのか。
・なぜ死体の首を落としたのか。
・なぜ奪った大工道具をばらばらに売り払ったのか。
・死んで葬儀も済ませた大工に、なぜ薬を飲ませようとしたのか。
・手持ちの薬をすべて渡しているのに、これじゃないと言ったのはなぜか。

 などなど。一太郎は、この謎にどうせまる!?

3. 若だんなの選択に感動

 そんな病弱な一太郎が大きな決断に迫られます。病弱な身体をおして犯人に立ち向かうのか、それとも部屋の中でおとなしく過ごすのか。

 一太郎の決断に感動すること間違いなしの物語です。

 最後に

 畠中恵さんの小説『しゃばけ』。読めば病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …