webstation plus

(※『容疑者Xの献身』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。

 数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ3作目『容疑者Xの献身』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『容疑者Xの献身』のあらすじ

 弁当屋で働く花岡靖子は、高校生の娘と二人で幸せな毎日を過ごしていました。

 しかし、ある日。別れた旦那・冨樫が彼女の居場所を探し出したことで、人生が一変します。しつこく言い寄ってくる冨樫を、娘の美里が花瓶で殴りつけたからです。

 このとき突然現れたのが、アパートの隣の部屋に住む石神。石神は靖子が働く弁当屋に来る常連でしたが、親しい間柄ではありませんでした。

 しかし、そんな石神が彼女たちを守ると宣言します。彼の指示どおりに行動すれば、アリバイが成立すると言うのです。

 ここから石神の人生をかけた献身が始まります。

 石神と湯川の天才対決が面白い!?

 石神と湯川は、帝都大学の同級生でした。

 物理学者の湯川から見ても、石神は「天才」。五十年か百年に一人の逸材といった教授もいたほど数学が得意な学生でした。

 そんな石神と湯川は、この世のすべてを理論によって構築したいという野望を秘めてそれぞれの道に進みます。

 石神は数式というブロックを積み上げてそれを成し遂げようとし、一方の湯川は観察から始め、謎を発見し、それを解明していく物理学で――ちょうど今回の事件のように、それぞれが得意とするアプローチを選びました。

 身元不明の殺人事件という謎を用意した石神。それを解こうとする湯川。彼ら二人の天才対決に心踊らされること間違いなし!?

 人の不幸の上に自分の幸せを築こうとする靖子

 そんな石神が人生をかけて守ろうとした女性は、自己中心的な人物でした。

 たしかに、元旦那には恵まれなかったのかもしれません。しかし、石神に守ってもらえるようになるとすぐに、靖子は他の男性と二人きりで食事に出かけるようになりました。

 その後も、その男性と何度も食事に出かけるようになった靖子は、徐々に石神を鬱陶しく思うようになります。娘に注意されてもやめません。

 こうして石神の犠牲の上に幸せを築こうとした靖子でしたが、最後は思いもよらぬ結末に!?

 人の不幸の上に幸せを築くことなんてできないことがわかります。

 石神が仕組んだトリックが衝撃的!?

 何よりもこの物語を面白くしているのは、石神が仕組んだトリック。叫び出したくなるほどの衝撃の結末が待っています。

 さらに、石神が留置所で四色問題(隣同士は同じ色になれない問題)を解く理由がわかると――涙が止まらなくなります。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

大事なのは事実よりも捉え方/川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』感想

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …