webstation plus

(※『容疑者Xの献身』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。

 数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間違いなし!?

 今回はガリレオシリーズ3作目『容疑者Xの献身』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『容疑者Xの献身』のあらすじ

 弁当屋で働く花岡靖子は、高校生の娘と二人で幸せな毎日を過ごしていました。

 しかし、ある日。別れた旦那・冨樫が彼女の居場所を探し出したことで、人生が一変します。しつこく言い寄ってくる冨樫を、娘の美里が花瓶で殴りつけたからです。

 このとき突然現れたのが、アパートの隣の部屋に住む石神。石神は靖子が働く弁当屋に来る常連でしたが、親しい間柄ではありませんでした。

 しかし、そんな石神が彼女たちを守ると宣言します。彼の指示どおりに行動すれば、アリバイが成立すると言うのです。

 ここから石神の人生をかけた献身が始まります。

 石神と湯川の天才対決が面白い!?

 石神と湯川は、帝都大学の同級生でした。

 物理学者の湯川から見ても、石神は「天才」。五十年か百年に一人の逸材といった教授もいたほど数学が得意な学生でした。

 そんな石神と湯川は、この世のすべてを理論によって構築したいという野望を秘めてそれぞれの道に進みます。

 石神は数式というブロックを積み上げてそれを成し遂げようとし、一方の湯川は観察から始め、謎を発見し、それを解明していく物理学で――ちょうど今回の事件のように、それぞれが得意とするアプローチを選びました。

 身元不明の殺人事件という謎を用意した石神。それを解こうとする湯川。彼ら二人の天才対決に心踊らされること間違いなし!?

 人の不幸の上に自分の幸せを築こうとする靖子

 そんな石神が人生をかけて守ろうとした女性は、自己中心的な人物でした。

 たしかに、元旦那には恵まれなかったのかもしれません。しかし、石神に守ってもらえるようになるとすぐに、靖子は他の男性と二人きりで食事に出かけるようになりました。

 その後も、その男性と何度も食事に出かけるようになった靖子は、徐々に石神を鬱陶しく思うようになります。娘に注意されてもやめません。

 こうして石神の犠牲の上に幸せを築こうとした靖子でしたが、最後は思いもよらぬ結末に!?

 人の不幸の上に幸せを築くことなんてできないことがわかります。

 石神が仕組んだトリックが衝撃的!?

 何よりもこの物語を面白くしているのは、石神が仕組んだトリック。叫び出したくなるほどの衝撃の結末が待っています。

 さらに、石神が留置所で四色問題(隣同士は同じ色になれない問題)を解く理由がわかると――涙が止まらなくなります。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …