webstation plus

 ゴシップに踊らされていませんか。

 先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。

 この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響ある内容なのでしょうか。

 下村敦史さんの小説『生還者』を読めば、ゴシップに踊らされるのは時間のムダだとわかります。

 どちらかが嘘をついているミステリー

 物語の舞台は、ヒマラヤ山脈東部、世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガ。

 この山で大規模な雪崩が発生し、日本人登山者7名が巻き込まれ、生死が確認できない惨事が起こります。

 事故発生当初は、「生存者はいない」と思われていましたが、高瀬という人物が奇跡的に生還を果たし、マスコミのインタビューに次のように答えました。

「単独行動をしていた私は、猛吹雪の中、登山隊に助けを求めたが冷たくあしらわれた。しかし、登山隊のひとりである加賀谷さんだけが自分を助けてくれた」

 この報道を受けて、ネット上では登山隊に批判が浴びせられ、加賀谷が英雄のように扱われましたが…。

 その数日後、東という男性が救助されたことで物語が大きく動き出します。東は高瀬がウソをついており、加賀谷こそが卑怯者だと証言したからです。

 果たしてどちらが真実を語っているのでしょうか。

 というストーリー構成なので、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』のように、推理を楽しみながら読むことができます。

 しかし、それだけでなく…。

 雑誌やネットの情報にはフェイクが溢れている

 高瀬や東を取材している記者とその編集長のやり取りを通して、雑誌がどのレベルの情報を流しているかがわかります。

「最優先すべきは真実です。記事を書いた後でもし何か誤解が判明したら、来週は謝罪記事になりますよ」
「んなもん、気にしてたら記事なんて書けんぞ」

 私たちは、このようないい加減な情報に振り回されているんですよね。

 実際、『ワイドナショー』で松本人志さんが、これまで報道されてきた内容のほとんどがフェイクニュースだったと言われていました。

 では、なぜ私たちは、何の価値もないフェイクニュースに夢中になってしまうのでしょうか。

 死を意識して生きていないから

 それは「死」を意識して生きていないからです。いつまでも生きられると思っているので、人生に何の影響も与えないゴシップに夢中になれるんですよね。

 では、どうすれば死を意識できるのでしょうか。

「人生がどんどん過ぎ去っていくってのに、その人生を本当に生きていないんだと思うと、僕は耐えられないんだ」
「闘牛士でもなけりゃ、自分の人生をとことんまで生きてる奴なんていないさ」

 とは、ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』の一節ですが、闘牛士のように命がけの行動をとることです。山に登るのも、そのひとつでしょう。

 もちろん、目の前にある仕事に命がけで挑戦するのも悪くありません。

 とにかく、命がけで何かに挑戦すればゴシップに振り回される時間がムダだとわかります。

 ◆

 下村敦史さんの小説『生還者』。読めばミステリーとしての物語にハマるだけでなく、命がけで何かに挑戦したくなります。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相 …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

村山早紀『百貨の魔法』は童話が好きな方におすすめの物語

 童話はお好きですか?  私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語でした。  日常にほんの少しの魔法 …