webstation plus

 ゴシップに踊らされていませんか。

 先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。

 この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響ある内容なのでしょうか。

 下村敦史さんの小説『生還者』を読めば、ゴシップに踊らされるのは時間のムダだとわかります。

 どちらかが嘘をついているミステリー

 物語の舞台は、ヒマラヤ山脈東部、世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガ。

 この山で大規模な雪崩が発生し、日本人登山者7名が巻き込まれ、生死が確認できない惨事が起こります。

 事故発生当初は、「生存者はいない」と思われていましたが、高瀬という人物が奇跡的に生還を果たし、マスコミのインタビューに次のように答えました。

「単独行動をしていた私は、猛吹雪の中、登山隊に助けを求めたが冷たくあしらわれた。しかし、登山隊のひとりである加賀谷さんだけが自分を助けてくれた」

 この報道を受けて、ネット上では登山隊に批判が浴びせられ、加賀谷が英雄のように扱われましたが…。

 その数日後、東という男性が救助されたことで物語が大きく動き出します。東は高瀬がウソをついており、加賀谷こそが卑怯者だと証言したからです。

 果たしてどちらが真実を語っているのでしょうか。

 というストーリー構成なので、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』のように、推理を楽しみながら読むことができます。

 しかし、それだけでなく…。

 雑誌やネットの情報にはフェイクが溢れている

 高瀬や東を取材している記者とその編集長のやり取りを通して、雑誌がどのレベルの情報を流しているかがわかります。

「最優先すべきは真実です。記事を書いた後でもし何か誤解が判明したら、来週は謝罪記事になりますよ」
「んなもん、気にしてたら記事なんて書けんぞ」

 私たちは、このようないい加減な情報に振り回されているんですよね。

 実際、『ワイドナショー』で松本人志さんが、これまで報道されてきた内容のほとんどがフェイクニュースだったと言われていました。

 では、なぜ私たちは、何の価値もないフェイクニュースに夢中になってしまうのでしょうか。

 死を意識して生きていないから

 それは「死」を意識して生きていないからです。いつまでも生きられると思っているので、人生に何の影響も与えないゴシップに夢中になれるんですよね。

 では、どうすれば死を意識できるのでしょうか。

「人生がどんどん過ぎ去っていくってのに、その人生を本当に生きていないんだと思うと、僕は耐えられないんだ」
「闘牛士でもなけりゃ、自分の人生をとことんまで生きてる奴なんていないさ」

 とは、ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』の一節ですが、闘牛士のように命がけの行動をとることです。山に登るのも、そのひとつでしょう。

 もちろん、目の前にある仕事に命がけで挑戦するのも悪くありません。

 とにかく、命がけで何かに挑戦すればゴシップに振り回される時間がムダだとわかります。

 ◆

 下村敦史さんの小説『生還者』。読めばミステリーとしての物語にハマるだけでなく、命がけで何かに挑戦したくなります。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …