webstation plus

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」の報道によって芸能活動にピリオドを打つことになりました。

 ここでは、その是非について語ることはしませんが、週刊誌の記事には真実よりも話題性が優先されがちです。

 たとえば、小説『生還者』で語られているストーリーもそのひとつ。物語の舞台は、ヒマラヤ山脈東部、世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガ。ここで大規模な雪崩が発生し、日本人登山者7名が巻き込まれるという惨事が起こります。

 事故発生当初は、「生存者などいない」と思われていましたが、高瀬という人物が奇跡的に生還を果たし、マスコミのインタビューに次のように答えました。

 「単独行動をしていた私は、猛吹雪の中、登山隊に助けを求めたが冷たくあしらわれた。しかし、登山隊のひとりである加賀谷さんだけが自分を助けてくれた」

 この報道を受けて、ネット上では登山隊に批判が浴びせられ、加賀谷が英雄のように扱われましたが…。その数日後、東という男性が救助されたことによって物語が大きく動き出します。東は高瀬がウソをついており、加賀谷こそが卑怯者だと証言したからです。果たしてどちらが真実を語っているのか。

 ――というストーリーなので、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』のように、推理を楽しみながら読むことができる小説ですが、高瀬や東を取材している記者とその編集長のやり取りを通して、雑誌がどのような情報を流しているのかも教えてくれます。

 「最優先すべきは真実です。記事を書いた後でもし何か誤解が判明したら、来週は謝罪記事になりますよ」
 「んなもん、気にしてたら記事なんて書けんぞ」

 私たちは、このようないい加減な情報に振り回されているんですよね。

 とはいえ、どれだけ雑誌がいい加減な情報を流そうが、その情報をもとにネット上で騒ごうが、このような危険な山に登らなければ事故に巻き込まれることなどなかったはず。それにもかかわらず、なぜ彼らは危険を犯してまで山に登るのでしょうか。

 「人生がどんどん過ぎ去っていくってのに、その人生を本当に生きていないんだと思うと、僕は耐えられないんだ」
 (中略)
 「闘牛士でもなけりゃ、自分の人生をとことんまで生きてる奴なんていないさ」

 とは、ヘミングウェイの小説『陽はまた昇る』の一節ですが、彼らが山に登る理由がまさにこれ。死を意識しなければ生が感じられないからなんです。

 2800人を看取ったホスピス医である小澤竹俊さんの本『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』にも、次のように書かれています。

 もし毎日の生活を「つまらない」と感じているなら、時々でかまいませんから、「今日が人生最後の日」と想像し、非日常の視点から日常を眺めてみましょう。
 (中略)
 特別なことはなくても、ふだん当たり前に過ごしている日常が、いかに輝きに満ちた、かけがえのないものであるかがわかるはずです。

 病気になったり歳をとったりして、身体が思うように動かなくなると、当たり前の日常を望むようになるそうです。反対に、死を意識することがない、生きていることが当然だと思っていると、日常のありがたさがわからないんですよね。だから、マスコミのどうでもいい情報に必死になって振り回されるわけです。

 というわけで、小説『生還者』は、私たちに「死」を意識することの大切さを教えてくれます。マスコミのどうでもいい情報に惑わされて、あーだこーだといっているヒマがあるなら、死に物狂いになって何かに挑戦してみてはどうでしょうか。そうすれば、つまらない毎日から抜け出せ、自分らしい人生が生きられるはずです。

 関連記事

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。  「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人 …

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

『All You Need Is Kill』は短いのに内容がギッシリ詰まったSF漫画

(※『All You Need Is Kill 1巻』より)  ライトノベルがハリウッド映画化されて話題になったこの作品。ずっと前から気になっていたのですが、昨日ようやく漫画版を読みました。  感想は「想像していたよりも …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

【随時更新】絶対に読んで欲しい名探偵コナンのおすすめ事件まとめ

(※『名探偵コナン1巻』より)  1994年から連載されている漫画『名探偵コナン』。1ヶ月ほどかかりましたが92巻まで読みました。本当に面白い漫画です。  そこで今回は、全283話の中からぜひ読んで欲しいおすすめの事件を …