webstation plus

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」の報道によって芸能活動にピリオドを打つことになりました。

 ここでは、その是非について語ることはしませんが、週刊誌の記事には真実よりも話題性が優先されがちです。

 たとえば、小説『生還者』で語られているストーリーもそのひとつ。物語の舞台は、ヒマラヤ山脈東部、世界第3位の標高を誇るカンチェンジュンガ。ここで大規模な雪崩が発生し、日本人登山者7名が巻き込まれるという惨事が起こります。

 事故発生当初は、「生存者などいない」と思われていましたが、高瀬という人物が奇跡的に生還を果たし、マスコミのインタビューに次のように答えました。

 「単独行動をしていた私は、猛吹雪の中、登山隊に助けを求めたが冷たくあしらわれた。しかし、登山隊のひとりである加賀谷さんだけが自分を助けてくれた」

 この報道を受けて、ネット上では登山隊に批判が浴びせられ、加賀谷が英雄のように扱われましたが…。その数日後、東という男性が救助されたことによって物語が大きく動き出します。東は高瀬がウソをついており、加賀谷こそが卑怯者だと証言したからです。果たしてどちらが真実を語っているのか。

 ――というストーリーなので、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』のように、推理を楽しみながら読むことができる小説ですが、高瀬や東を取材している記者とその編集長のやり取りを通して、雑誌がどのような情報を流しているのかも教えてくれます。

 「最優先すべきは真実です。記事を書いた後でもし何か誤解が判明したら、来週は謝罪記事になりますよ」
 「んなもん、気にしてたら記事なんて書けんぞ」

 私たちは、このようないい加減な情報に振り回されているんですよね。

 とはいえ、どれだけ雑誌がいい加減な情報を流そうが、その情報をもとにネット上で騒ごうが、このような危険な山に登らなければ事故に巻き込まれることなどなかったはず。それにもかかわらず、なぜ彼らは危険を犯してまで山に登るのでしょうか。

 「人生がどんどん過ぎ去っていくってのに、その人生を本当に生きていないんだと思うと、僕は耐えられないんだ」
 (中略)
 「闘牛士でもなけりゃ、自分の人生をとことんまで生きてる奴なんていないさ」

 とは、ヘミングウェイの小説『陽はまた昇る』の一節ですが、彼らが山に登る理由がまさにこれ。死を意識しなければ生が感じられないからなんです。

 2800人を看取ったホスピス医である小澤竹俊さんの本『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』にも、次のように書かれています。

 もし毎日の生活を「つまらない」と感じているなら、時々でかまいませんから、「今日が人生最後の日」と想像し、非日常の視点から日常を眺めてみましょう。
 (中略)
 特別なことはなくても、ふだん当たり前に過ごしている日常が、いかに輝きに満ちた、かけがえのないものであるかがわかるはずです。

 病気になったり歳をとったりして、身体が思うように動かなくなると、当たり前の日常を望むようになるそうです。反対に、死を意識することがない、生きていることが当然だと思っていると、日常のありがたさがわからないんですよね。だから、マスコミのどうでもいい情報に必死になって振り回されるわけです。

 というわけで、小説『生還者』は、私たちに「死」を意識することの大切さを教えてくれます。マスコミのどうでもいい情報に惑わされて、あーだこーだといっているヒマがあるなら、死に物狂いになって何かに挑戦してみてはどうでしょうか。そうすれば、つまらない毎日から抜け出せ、自分らしい人生が生きられるはずです。

 関連記事

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …