webstation plus

survive_01

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。

 結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をしたところでオリンピックには出られない。そういうことだ。

 ドラえもんの登場人物で考えてもわかるだろう。彼らにはそれぞれ特技がある。できすぎ君は頭がいい。ジャイアンは野球が得意。しずかちゃんはピアノが上手で、のび太はやさしい。それなのに、のび太が「ジャイアンのように野球がうまくなりたい」と、努力したところで――おそらくその努力は報われないだろう。

 では、どうすればいいのか。自分の特技を生かして、生きていくしかない。言い換えれば「好きなことをして生きていくしかない」のである。

 しかし、ここで大きな問題にぶち当たる。それは、「ほとんどの人は、好きなことをしてもお金を稼げない」ということだ。ドラえもんの登場人物でいえば、できすぎ君はエリート社員としてお金を稼ぐことができるだろうが、ほかの人たちはそうはいかない。ジャイアンはプロ野球選手になれないだろうし、しずかちゃんもプロのピアニストにはなれないだろう。のび太にいたっては――職業ですらない。すなわち、「好きなこと」「得意なこと」の種類によって、金持ちになれるかどうかが決まるということだ。

 もし、これが事実だとすると、私たちは「とても残酷な世界」で生きていることになる。生まれた瞬間に金持ちになれるかどうかが決まっているからだ。そして、好きなことでお金を稼げないジャイアンのような私たちは、できすぎ君の下で働くしかない――。これが、数年前までの世界だった。

 しかし、今は違う。インターネットの発達によって「世界中の人たち」とつながることができるようになった。たとえ日本では商売にならないレベルでも、世界に目を向ければ通用する場所がある。日本ではまったく人気がなかったお寿司屋さんが、海外で大ヒットするようなものだ。

 さらに、これまで職業になるとは思わなかったことが職業になり始めている。アイスクリームが好きな人が、毎日食べたアイスクリームをブログにアップすることで、それが職業として成立していたりする。すなわち、ニッチなところに目を向ければ、好きなことをしても生きていける環境が整ったということだ。

 もちろん、どれだけ好きなことをしても儲からない人もいるだろう。しかし、お金があるからといって幸せになれるとは限らない。宝くじに当選した人たちの多くが悲惨な末路をたどっているように、「お金のために働く」と決めた瞬間に仕事に対するモチベーションが下がってしまうように、私たちはお金が関わると幸福を感じにくくなるからだ。

 では、どうするのか。まわりから「必要とされる人」になっていこう。そうすれば、たとえお金が稼げなくても、幸せを感じられるだろうし、助けてくれる人もあらわれるはず。実際、FacebookやTwitter、メルカリなどをみていると、より多くの人とつながり、評判がいい人たちは、結果として誰かに助けられたり、お金を稼いでいたりする。

 このように、私たちは「個人のつながりや評判」が最も大切になる世界で生きていくことになる。それなのに会社でイヤイヤ仕事をしていては、誰もあなたに魅力を感じないだろう。それよりも、できるだけ「好きなこと」「得意なこと」をしたほうが、まわりからの評判も上がり、つながりも増えていく――すなわち、「好きなことをして楽しんだもの勝ち」の時代がやってきたということだ。

 関連記事

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …