webstation plus

survive_01

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。

 結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をしたところでオリンピックには出られない。そういうことだ。

 ドラえもんの登場人物で考えてもわかるだろう。彼らにはそれぞれ特技がある。できすぎ君は頭がいい。ジャイアンは野球が得意。しずかちゃんはピアノが上手で、のび太はやさしい。それなのに、のび太が「ジャイアンのように野球がうまくなりたい」と、努力したところで――おそらくその努力は報われないだろう。

 では、どうすればいいのか。自分の特技を生かして、生きていくしかない。言い換えれば「好きなことをして生きていくしかない」のである。

 しかし、ここで大きな問題にぶち当たる。それは、「ほとんどの人は、好きなことをしてもお金を稼げない」ということだ。ドラえもんの登場人物でいえば、できすぎ君はエリート社員としてお金を稼ぐことができるだろうが、ほかの人たちはそうはいかない。ジャイアンはプロ野球選手になれないだろうし、しずかちゃんもプロのピアニストにはなれないだろう。のび太にいたっては――職業ですらない。すなわち、「好きなこと」「得意なこと」の種類によって、金持ちになれるかどうかが決まるということだ。

 もし、これが事実だとすると、私たちは「とても残酷な世界」で生きていることになる。生まれた瞬間に金持ちになれるかどうかが決まっているからだ。そして、好きなことでお金を稼げないジャイアンのような私たちは、できすぎ君の下で働くしかない――。これが、数年前までの世界だった。

 しかし、今は違う。インターネットの発達によって「世界中の人たち」とつながることができるようになった。たとえ日本では商売にならないレベルでも、世界に目を向ければ通用する場所がある。日本ではまったく人気がなかったお寿司屋さんが、海外で大ヒットするようなものだ。

 さらに、これまで職業になるとは思わなかったことが職業になり始めている。アイスクリームが好きな人が、毎日食べたアイスクリームをブログにアップすることで、それが職業として成立していたりする。すなわち、ニッチなところに目を向ければ、好きなことをしても生きていける環境が整ったということだ。

 もちろん、どれだけ好きなことをしても儲からない人もいるだろう。しかし、お金があるからといって幸せになれるとは限らない。宝くじに当選した人たちの多くが悲惨な末路をたどっているように、「お金のために働く」と決めた瞬間に仕事に対するモチベーションが下がってしまうように、私たちはお金が関わると幸福を感じにくくなるからだ。

 では、どうするのか。まわりから「必要とされる人」になっていこう。そうすれば、たとえお金が稼げなくても、幸せを感じられるだろうし、助けてくれる人もあらわれるはず。実際、FacebookやTwitter、メルカリなどをみていると、より多くの人とつながり、評判がいい人たちは、結果として誰かに助けられたり、お金を稼いでいたりする。

 このように、私たちは「個人のつながりや評判」が最も大切になる世界で生きていくことになる。それなのに会社でイヤイヤ仕事をしていては、誰もあなたに魅力を感じないだろう。それよりも、できるだけ「好きなこと」「得意なこと」をしたほうが、まわりからの評判も上がり、つながりも増えていく――すなわち、「好きなことをして楽しんだもの勝ち」の時代がやってきたということだ。

 関連記事

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …