webstation plus

(※『ふくわらい』表紙より)


 西加奈子さんの小説『ふくわらい』。

 この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過程を描いた小説です。

 コンビニ人間とは異なる結末に辿り着くところも面白い!?

 今回は、小説『ふくわらい』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『ふくわらい』のあらすじ

 感情の起伏がほとんどない女性・鳴木戸定(なるきど さだ)は、子供の頃から他人の感情や言動が理解できませんでした。

 もちろん、友人は一人もいません。コミュニケーションをとる相手は、両親と乳母だけ。

 それにも関わらず、母が亡くなっても、父が目の前でワニに食べられても、彼女は涙ひとつ流しませんでした。人前で裸になったり、タトゥーを入れたり、人肉を食べることも平気。

 彼女が興味をもっているのは「ふくわらい」だけでした。書籍編集者として働くようになった今でも、他人の顔で「ふくわらい」をして遊んでいます。

 そんな彼女に転機が訪れます。天才・アントニオ猪木に憧れるプロレスラー、美人なのに恋愛下手な後輩、定に好意を寄せる盲目のハーフ男性との出会いを通じて、感情を取り戻していきます。そして最後は――。

 なぜ、定は感情を失ったのか?

 それは、幼い頃の家庭環境に原因があるように思えます。

 定の父・栄蔵と母・多恵はそれぞれ裕福な家庭で育ちましたが、望んで結婚したわけではありませんでした。多恵の父(定の祖父)が決めた結婚だったからです。

 多恵は夫のことが理解できませんでした。紀行作家として世界を放浪する栄蔵は、女性器をスケッチしたり、死んだ幼児の頭蓋骨のかたちを説明した手紙を送ってきたりと普通ではありません。

 そのため、多恵は出来るだけ定を栄蔵から離そうとしますが、定は栄蔵とのつながりを求めました。そのひとつが「ふくわらい」です。

 多恵が亡くなってからは、栄蔵に連れられ世界を放浪するようになった定 。このとき、父・栄蔵の喜ぶ顔がみたくて、定は死んだ人の肉を食べたりします。父の望むままに。

 こうして、定は自分の感情よりも父にどう思われるかを優先するようになりました。その結果、自分の感情がわからなくなることに。

 このように幼い頃の家庭環境は子どもに大きな影響を与えます。子どもが自分らしく生きられる環境を整えたいですね。

 感情を失っても真っ直ぐ生きる定が魅力的

 定は、他人の感情や言動が理解できませんでしたが、誰に対しても誠実に接しました。それは多くの人が嫌がる相手に対してもです。

 たとえば、「原稿が欲しければ雨を降らせろ!」と要求してくる作家に対しては、雨が降るまで雨乞いの呪文を唱え続けます。

 天才・アントニオ猪木に憧れるプロレスラーからは、「人肉を食ったのか?」「処女か?」など失礼な質問をされますが、すべての質問に誠実に答えました。

 顔で原稿を取っていると噂される後輩が彼氏に振られて悩んでいるときも、恋愛経験がないにも関わらず、ありのままの自分をさらけ出して話します。

 そんな彼女の姿をみて、少しずつ心を開いていく人が増えていくのですね。

 誰に対しても誠実であること。そうすべきだと頭ではわかっているのに、実際にはできない自分がいるので、彼女がとても魅力的に思えました。

 定のすべてを肯定する男性が感情を取り戻すきっかけに

 そんな定を大きく変えたのが、盲目のハーフ男性・武智でした。

 道に迷ってパニックになっていた武智に定が声をかけたことがきっかけで二人は出会います。その日から彼は定に猛アタックするようになりました。

 ところが、武智は出会ってすぐに「さきっちょだけでも」と学生のような要求をしてきます。「やりたいだけでは?」と美人の後輩が心配して彼に会いにいきましたが、「その人について知っていることが、その人のすべて」という彼の言葉を聞いて本気で定のことが好きなんだと納得しました。

 定の過去がどのようなものであれ、今の定が好きなんだという彼の想いが伝わってきたからです。

 定は次第に彼に惹かれていきました。それにあわせて感情も豊かになっていきます。これまでのように自分の感情を抑えなくても好きでいてくれる相手が出来たからです。そして最後は――。

 この小説がコンビニ人間と違う結末を迎えたのは、今の自分を肯定してくれる人が側にいたからかもしれませんね。

 最後に

 小説『ふくわらい』は感情を失った女性が他人とのコミュニケーションを通して感情を取り戻していく過程を描いた小説です。

 自分を見失ったとき、ありのままの自分を肯定してくれる人が側にいるかどうかで、その後の人生が大きく変わるように思えました。私もありのままの妻や子どもたちを肯定できる人間でありたいと思います。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …