柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

おすすめ小説

 最近、虐待のニュースが多いですよね。

 柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。

 もちろん、物語としては明るい未来を描くこともできたのでしょうが、現実はそれほど甘くないのかもしれませんね。




スポンサーリンク

 幼少時代を悲惨な環境で過ごしたプロ棋士が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は上条佳介。彼は「実業界の寵児」といわれるほど、起業したソフトウェア会社で大成功をおさめていましたが、

 それだけでなく、実業界から転身して特例でプロ棋士になりました。将棋界最高峰のタイトル戦「竜昇戦」に挑戦できるほどの実力を発揮していたのです。

 このように、向かうところ敵なしの佳介でしたが、幼少時代は悲惨な環境で過ごしていました。

 母の春子は精神を病み、若くして自殺。それをきっかけに父の庸一は酒とギャンブルに溺れ、佳介の面倒をまったくみませんでした。

 佳介は、きちんとした食事を与えてもらえなかったのでやせ細り、お風呂にも入らせてもらえなかったので汚い恰好をしていました。

 そんな佳介の姿をみた周りの人たちは、庸一を非難しますが、彼は「家族の問題に口を出すな!」の一点張りです。

 とはいえ、悪いことばかりではありませんでした。定年退職をした元教師の唐沢が手を差し伸べてくれたのです。

 唐沢は、桂介に食事を与え、お風呂に入らせ、そして将棋を教えてくれました。その結果、佳介は驚くような速さで将棋の実力を伸ばしていくんですよね。

 そこで唐沢は、桂介を奨励会へ入会させようとしますが、父の庸一が邪魔をしました。

 佳介は大好きなプロ棋士への道を閉ざされたのです。

スポンサーリンク

 新たな道を歩んでも邪魔をする父親

 しかし、佳介は持ち前の頭の良さを発揮して東大に入学します。将棋とは別世界の外資系企業に就職し、その後、自らソフトウェア会社を立ち上げました。

 こうして佳介は、2年間で年商30億円を達成し、「時代の風雲児」としてもてはやされるようになりますが、まったく幸せを感じていませんでした。生きる意味を見失っていたからです。

 そんな佳介のもとに、彼の成功を知った庸一が金をせびりにやってきます。

 そのせいで、「桂介が胡散臭い男に金を渡している」という噂が社内に広まり、彼が積み上げてきた人生がまたしても壊されそうになりました。

 そんな最中に、桂介の運命を変える人物と再会します。東明重慶というアマ棋士です。

 東明と久しぶりに将棋を指した佳介は、他の何物にも代えがたい興奮を味わいました。彼は今でも将棋を心から愛していたのです。

 そこで佳介はプロ棋士に転身することを決めますが、その前に片付けておくべきことがありました。父親の存在です。

 佳介は庸一と手を切ろうと3000万円の手切れ金を渡そうとしますが、このとき庸一は思わぬことを口にしました。佳介が想像していなかった事実を突きつけたのです。

 その事実とは…。

スポンサーリンク

 悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』は、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるような物語です。

 仏教用語でいう「因果は巡る糸車」がテーマになっているからかもしれませんが、佳介の父と母の行動が、めぐりめぐって佳介の人生を縛っていたように思えるんですよね。

 とにかく、『盤上の向日葵』は佳介のひたむきな生き方に涙なしでは読めない物語ですが、それだけでなく最後に驚きが待っているミステリーとしても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました