webstation plus

(※『盤上の向日葵』表紙より)


 最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。

 柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。

 なかでも「因果は巡る糸車」という仏教用語がテーマになっているので、なぜ因果は巡るのか?と考えたくなるんですよね。

 そこで今回は、『盤上の向日葵』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、なぜ因果は巡るのか?について考えてみたいと思います。

 『盤上の向日葵』のあらすじ

 埼玉県天木山の山中から白骨死体が発見されます。その死体は、600万円もの価値ある名駒・初代菊水月を握っていました。

 叩き上げの刑事・石破と新米刑事の佐野は、事件解決に向けて、菊水月の出所を探し求めます。

 当初、捜査は難航を極めましたが、徐々にある人物へと近づいていきました。その人物とは、実業界の寵児で天才プロ棋士の上条佳介。

 本当に上条が犯人なのか。なぜ、死体に高価な名駒を握らせたのか。そもそも死体は何者なのか――。

 これらの謎に石破と佐野が迫る!?

 『盤上の向日葵』のおすすめポイント

1. 幼少期の上条の姿に心が痛む

 物語は、石破と佐野が上条を連行しようと、天才棋士・壬生との対局場に乗り込むところから始まります。

 つまり、山中で発見された白骨死体に上条が何らかの形で関わっていることを示した上で物語がはじまるんですよね。

 そこから、過去に遡り、上条の幼い頃から現在に至るまでの過程と、石破と佐野がどのように上条に辿り着いたのか、という大きく2つの物語が交互に描かれていきます。

 このとき、上条の過去が壮絶すぎて心が痛むんですよね。

 上条は、母が自殺し、父と二人で暮らしていました。しかし、母が死んでからというもの、父は酒とギャンブルに溺れ、上条の面倒をみようとしません。

 そればかりか、食べ物も与えず、手を出す始末。まわりから非難されても「家族の問題に口を出すな!」の一点張り。

 そんな環境で育った上条でしたが、元教師の唐沢と出会い将棋の世界にのめり込んでいきます。そして、プロになれるほどの実力を発揮します。

 そこで唐沢は、上条をプロにしようとお金を援助することを提案しますが、父が原因でプロの道が閉ざされることに…。それでも上条は父を庇おうとするんですよね。

 素直で優しい上条の姿に心が痛む物語です。

2. 人物描写が上手すぎる

 『盤上の向日葵』に出て来る登場人物はとても魅力的です。なかでも「おっさん」の人物描写は秀逸。

 石破や上条の父親、元教師の唐沢、勝負師の東明重慶など、キーマンとなるおっさんがとても魅力的なんですよね。

 プロとして仕事はきっちりするけれど、どこか人格が破綻している人たち。わがままだったり、お節介焼きだったり、酒とギャンブルに依存していたり、金のためなら何でもするような人物だったり。

 そんな嫌われ者のおっさんたちを読んでいるうちに好きにさせるのは、さすがは柚木裕子さんというところでしょうか。

 なかでも、上条が再びプロを目指すきっかけになった東明重慶の人物描写が凄すぎます。

 ぜひ、実際に読んで、彼らの魅力を味わってください。

3. 「因果は巡る糸車」がテーマの物語

 この物語は、「因果は巡る糸車」という仏教用語がテーマになっています。

 これは、因果応報とよく似た言葉で、やったことは自分や子どもに返ってくるという意味を持っています。

 『盤上の向日葵』で言えば、上条が父や母から受け継いだもの、世話をしてもらった唐沢から受け継いだもの、そして勝負師の東明重慶から受け継いだものが上条の身の上に糸車のように再び起こる――そんなテーマを描いた作品です。

 では、なぜ因果は糸車のように巡るのでしょうか。

 それは、私たちが周囲の人たちの影響を色濃く受けているからだと思います。上条も父や母、唐沢や東明の生き方に影響を受けた行動をとり続けます。

 なかでもラストは、上条がまるで糸車のように彼らの動きを再現するんですよね。彼らと似たような思考・行動をするからこそ、因果は糸車のように巡るのかもしれません。

 また、ラストではタイトルに込められた意味も明らかになり、衝撃の結末が待ち受けています。ミステリー小説としても楽しめる物語です。

 ぜひ、実際に読んで物語に込められた意味と衝撃の結末を味わってください。

 最後に

 柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』。読めば「因果は巡る糸車」という仏教用語が描かれた世界観に切なくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

重松清『みんなのうた』感想/田舎暮らしは大変すぎる

 田舎に帰っていますか。  私は都会で暮らしてきたので、田舎と呼べる場所はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで、田舎暮らしの大変さが少しだけわかりました。  田舎と聞くと自然に囲まれた良いイメージをもっ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』/父親の役割ってなに?

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …