webstation plus

 最近、虐待のニュースが多いですよね。

 柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。

 もちろん、物語としては明るい未来を描くこともできたのでしょうが、現実はそれほど甘くないのかもしれませんね。

 幼少時代を悲惨な環境で過ごしたプロ棋士が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は上条佳介。彼は「実業界の寵児」といわれるほど、起業したソフトウェア会社で大成功をおさめていましたが、

 それだけでなく、実業界から転身して特例でプロ棋士になりました。将棋界最高峰のタイトル戦「竜昇戦」に挑戦できるほどの実力を発揮していたのです。

 このように、向かうところ敵なしの佳介でしたが、幼少時代は悲惨な環境で過ごしていました。

 母の春子は精神を病み、若くして自殺。それをきっかけに父の庸一は酒とギャンブルに溺れ、佳介の面倒をまったくみませんでした。

 佳介は、きちんとした食事を与えてもらえなかったのでやせ細り、お風呂にも入らせてもらえなかったので汚い恰好をしていました。

 そんな佳介の姿をみた周りの人たちは、庸一を非難しますが、彼は「家族の問題に口を出すな!」の一点張りです。

 とはいえ、悪いことばかりではありませんでした。定年退職をした元教師の唐沢が手を差し伸べてくれたのです。

 唐沢は、桂介に食事を与え、お風呂に入らせ、そして将棋を教えてくれました。その結果、佳介は驚くような速さで将棋の実力を伸ばしていくんですよね。

 そこで唐沢は、桂介を奨励会へ入会させようとしますが、父の庸一が邪魔をしました。

 佳介は大好きなプロ棋士への道を閉ざされたのです。

 新たな道を歩んでも邪魔をする父親

 しかし、佳介は持ち前の頭の良さを発揮して東大に入学します。将棋とは別世界の外資系企業に就職し、その後、自らソフトウェア会社を立ち上げました。

 こうして佳介は、2年間で年商30億円を達成し、「時代の風雲児」としてもてはやされるようになりますが、まったく幸せを感じていませんでした。生きる意味を見失っていたからです。

 そんな佳介のもとに、彼の成功を知った庸一が金をせびりにやってきます。

 そのせいで、「桂介が胡散臭い男に金を渡している」という噂が社内に広まり、彼が積み上げてきた人生がまたしても壊されそうになりました。

 そんな最中に、桂介の運命を変える人物と再会します。東明重慶というアマ棋士です。

 東明と久しぶりに将棋を指した佳介は、他の何物にも代えがたい興奮を味わいました。彼は今でも将棋を心から愛していたのです。

 そこで佳介はプロ棋士に転身することを決めますが、その前に片付けておくべきことがありました。父親の存在です。

 佳介は庸一と手を切ろうと3000万円の手切れ金を渡そうとしますが、このとき庸一は思わぬことを口にしました。佳介が想像していなかった事実を突きつけたのです。

 その事実とは…。

 悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』は、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるような物語です。

 仏教用語でいう「因果は巡る糸車」がテーマになっているからかもしれませんが、佳介の父と母の行動が、めぐりめぐって佳介の人生を縛っていたように思えるんですよね。

 とにかく、『盤上の向日葵』は佳介のひたむきな生き方に涙なしでは読めない物語ですが、それだけでなく最後に驚きが待っているミステリーとしても楽しめるので、

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていましたが、最近は仕事が忙しくてなかなかできなくなりました。  ところが、まるでパズルのピースをはめている …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある!?

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。  想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなく …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』は人のために生きるのも悪くないかもしれないと思える物語

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  私はできるだけまわりの人たちと一緒に良くなる行動をとっているつもりですが、自分だけ幸せになれれば、他人はどうなったって構わない…と考えている人も多いように思います。  そんな …