webstation plus

university_01

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりますよね。

koyou_shitugyou

 つまり、失業率が減少傾向にあるのは、非正規雇用労働者が増えたから。決して安定した雇用が得られているわけではないのです。

 このように、私たちをとりまく労働環境は、あまりにもいろいろなことが不安定で、今は「正社員として働いているから安心」と思っている人たちも、突然、不安定な状況に追い込まれることになるかもしれません。

 そうした状況のなかで、結局、最後に頼りになるのは「頭の使い方」。ここでいう「頭の使い方」とは、学校の勉強ができるといった類のものではなく、答えのない問題に対して、これまでの自分の経験や知識、知見をぶつけて、まずはアイデアをつくり、ポジションを取る能力のことです。

 では、なぜ「答えのない問題を解く力」が必要なのでしょうか。それは、決まった問題に答えを出すのは簡単だからです。ある程度のパターン認識力を養い、勉強をこなせば、誰でもなんとかできるからです。

 また、今後はAI(人工知能)が発達するといわれていますよね。2045年には全人類の知能よりもAIが賢くなるとさえ言われています。そうした状況を考えれば、ますます決まった問題を解く力は必要とされなくなるでしょう。そこで、答えのない問題を解く力が必要になるわけです。

 答えのない問題を解く力を鍛える5つの習慣

 では、どうすれば「答えのない問題を解く力」が鍛えられるのでしょうか。

 勝間和代さんは、著書『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』のなかで、「頭がいい人の7つの習慣」や「頭がいい人の7つのスキル」など「答えのない問題を解く力」が身につく習慣を複数紹介されています。なかでも、私が「ぜひ身につけておきたい」と思った習慣は次の5つ。

  1. 概念化するクセをつける
  2. 本当に必要なことだけを考える
  3. 自分の意見を持ち、他人の意見に左右されない
  4. 圧倒的なメリハリとスピード感をもつ
  5. 自分を信頼する

 それぞれ簡単に説明していきましょう。

1. 概念化するクセをつける

 「概念化する」というのは、例えば、どら焼きを手に取ったとき、どら焼きが単体で存在するのではなくて、小麦粉とあんこがあって、パッケージがあって、というふうに階層に分けて考えることからはじまります。

 もし、ひと箱10個入りのどら焼きをもらったとしたら、その構成についても考えます。3個がこしあん、3個がつぶあん、3個はブルーベリー、1個がレモンという構成なら、どうしてこういう構成なんだろうと疑問に思うわけです。

 また、パッケージについても考えます。どら焼きのような和菓子は、紙のパッケージのほうが高級感があり、美味しそうに見えますよね。しかし、ビニールのほうが原価が安くて作りやすく、保存期間も長くできるでしょう。実際にどちらを選択すれば利益がでるのかを見極めるには、市場テストをしてみるしかありません。

 …などなど、どら焼きひとつとってみても、考えることは山ほどあります。こうして考えることをとめどなく繰り返していけば、幅広い問いに対して自分なりの答えをもつことができます。これが「概念化するクセ」です。

2. 本当に必要なことだけを考える

 とはいえ、あれもこれも考えていたのでは、どれだけ時間があっても足りません。そこで、必要なもの以外は全部そぎ落として、本当に必要なものだけを残す力が必要になります。

 たとえば、翌日に予定しているお客様へのプレゼン資料を上司にチェックしてもらったとしましょう。すると、ありえないほどの指摘が入りました。もちろん、すべて修正できればベストなのでしょうが、そんな時間はありません。

 こういったときにものを言うのが、「必要なもの以外をすべて削ぎ落とす力」です。では、どうすれば「削ぎ落とす力」が手に入るのでしょうか。それは、普段から他人のいうことを鵜呑みにしないことです。他人の意見に振り回されるのではなく、自分で判断して行動していくのです。

 もちろん、判断を誤って叱られることもあるでしょう。だからといって、他人の意見を聞き入れてばかりいては、考える力は育ちません。ぜひ、叱られても「自分の判断」を大切にしていきましょう。

3. 自分の意見を持ち、他人の意見に左右されない

 繰り返しになりますが、「自分の意見を持ち、他人の意見に左右されない」ことは大切です。しかし、だからといって、頑固になってはいけません。

 では、どうすれば他人の意見に左右されず、しかも頑固にならずにいられるのでしょうか。それは、「今まで得た情報のなかでは、少なくともこれがベストだ」と思える自分なりの答えを持ち、それが間違っていたときには即座に訂正する柔軟さをもつことです。

 自分の意見と他人の意見を客観的に捉え、最終的にどちらの意見を選択するかを自分で判断するのです。こうしたクセがつけば、自分の意見に固執することも、他人の意見に左右されることもなくなるでしょう。

4. 圧倒的なメリハリとスピード感をもつ

 こうして、自分の意見をもち、間違ったときには訂正、改善すればいいと思って行動するようになれば、圧倒的な「スピード」が生まれます。たとえ失敗しても、フィードバックの速さでカバーできるようになります。

 すると、どうなるのか。失敗を怖れなくなるでしょう。それだけでなく、「考える⇒行動する⇒失敗する⇒失敗を訂正する(考え直す)⇒行動する…」というサイクルを素早くまわせるので、失敗を怖れている人たちよりも多くの経験が積めます。

 その結果、答えのない問題に対して自分なりの答えをもって行動できるようになり、気づけば「天才」や「成功者」と呼ばれる人たちの仲間入りができているかもしれません。

 ビジネスの世界で何よりも大切なのは「スピード」といわれています。ぜひ、圧倒的なスピードを心がけるようにしましょう。

5. 自分を信頼する

 私たちが何よりも大切にすべきこと。それは「自分を信頼する」ことです。「やる」といったことは「やる」。「やれないこと」に対しては「やる」とは決していわない。そうしなければ、自分を信頼することができないからです。

 自分を信頼できなければ、どれだけ今回紹介した4つの習慣を身に着けようとしても、うまくいきません。「現状から変わろう」「良くなっていこう」という力が湧き出てこないからです。

 だからこそ、まずは自分の信頼を勝ち取る必要があります。正直に生きる、有言実行、その繰り返しです。人気を取ろうとか銀行の残高を先に考えたりすると、間違いなく失敗することになりますよ。

 最後に

 私自身も、今回紹介した5つの習慣が十分に実践できているわけではありません。他人の意見に流されたり、考えるのを放棄したり、「やる」といったことを後回しにしたり…、すぐに自分自身に負けてしまいます。

 しかし、ほんの少しでも行動していかなければ、いつまでたっても現状のまま。いずれリストラされることになるかもしれません。そうなってから嘆いても遅い。だからこそ、今すぐにでも、少しでも前に進んでいく、今回紹介した5つの習慣を実践していきたいと思います。

 ぜひ、私と一緒に挑戦してみませんか。

 関連記事

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …