webstation plus

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。

 たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。

 そんな話を聞くたびに、人を殺しておいて自分の権利だけ主張する人たちを守る法律って何のために必要なの?と強く疑問に思います。

 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』を読んで、その想いがさらに強くなりました。

 なぜやられたことをやり返してはダメなのか?

 この物語では、高校を卒業した19歳のアルバイト少年・棚岡が、無免許運転で歩道に突っ込み、ジョギング中の男性を轢き殺した事件について語られます。

 マスコミはこぞって彼を責めましたが、実は彼の両親も同級生も交通事故で亡くなっていました。

 特に同級生が亡くなった事件では、犯人が未成年だったため、大きな罪に問われなかったんですよね。

 そんな現実を目の当たりにした棚岡は、なぜやられたことをやり返してはダメなのかと問います。彼の問いに向き合うことになった家裁調査官の陣内は…。

 悪い条件でもあがりを目指すしかない

麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に13枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にはならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ。

 と答えます。つまり、悪いことが起きても、その条件であがりを目指すしかないって言うんですよね。

 もちろん、やり返したい気持ちもわかります。ところが、やり返そうとしている相手が反省していたらどうでしょうか。

 実際、10年前に棚岡の同級生を轢き殺した犯人・若林は、マスコミで騒がれたほど異常な人間ではありませんでした。

 むしろ真面目で反省の日々を過ごしていたのです。就職面接でも馬鹿正直に自分が犯した罪について話し、悉く落ちていました。

 そこまで反省している彼を追い詰めて、自分の人生を無駄にするのはもったいないと陣内は思っていたんですよね。

 私も陣内の意見には賛成ですが…。

 反省していない人間には鉄槌を!

 と考えています。もちろん、見分けるのは難しいですが、冒頭に紹介したいじめの裁判で控訴したような人たちを守る必要はないと思います。

 では、どうやって反省しているかどうかを見極めるのか。

 とても難しい問題なので、これからも考え続けていく必要がありそうですね。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』は、前作に引き続き少年法にあれこれ考えたくなる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

リスクを取れば一発逆転できるかも/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』感想

 一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思います。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  では、どうすれば一発逆転できるのでしょうか。  リスクを取るしかない   …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

まわりに左右されるか、左右していくか/浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。  転職先を探したり、リストラ対象に自分が入ってないか上 …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …