webstation plus

(※『サブマリン』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。

 以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなること間違いなし!?

 今回は『サブマリン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『サブマリン』のあらすじ

 無免許運転で人を轢き殺した棚岡佑真。彼は家裁調査官の武藤と面談しますが、何を質問されても「はい」としか答えませんでした。

 そんな棚岡に悩まされていた武藤に、さらなる悩みが押し寄せます。保護観察中の小山田俊から、あるネットの殺人予告が実現する可能性が高いことを告げられたのです。

 破天荒な上司・陣内と共に、武藤はこの2つの難事件にどう挑むのか!?

 『サブマリン』のおすすめポイント

1. 陣内と武藤のやり取りが面白い

 前作『チルドレン』同様に、陣内のセリフが心に突き刺さります。たとえば、

「麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に十三枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばっかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ」

 そんな陣内と武藤のやりとりが面白いんですよね。

「ええと、名前何だったか。棚ボタ君か」
「陣内さん、棚岡ですよ」
(中略)
「武藤、おまえ、奥さんから怒られないのか、細かすぎるって」
「名前を茶化すのは絶対やっちゃだめだ、ってよく言ってたじゃないですか」
「そういうことを言うのはどうせ、ろくでもない」
「昔の陣内さんですよ」

 などなど、ニヤけてしまうやり取りが満載です。

 前作では武藤の他に鴨居も陣内とやり取りしていましたが、本作では不参加。とはいえ、陣内と武藤のやり取りで十分ニヤけられます。

2. 少年犯罪との向き合い方を考えたくなる

 棚岡は無免許運転で人を轢き殺しましたが、そうなったのは彼の小学生時代の友人が関係していました。彼の友人も未成年者に車で轢き殺されていたのです。

「人を車で撥ねた奴を、撥ねたらどうして駄目なんだよ。おかしいだろ」

 この物語のテーマはこれにつきます。やられたことをやり返してはダメなのか。

 ここでもう一つの事実が語られます。棚岡の友人を撥ねた若林の話です。

 未成年で免許を取ったばかりの若林は、夜通し走るほど車にハマっていました。

 しかし、ある日。朝方、注意力が鈍ったところでよそ見運転。小学生だった棚岡の友人を撥ねてしまいます。

 この事故がきっかけで、彼は凶悪事件の加害者になりました。怪物出現の如くニュースで取り上げられ、今すぐ業火に焼かれるべきだと罵られました。

 しかし、彼は今でも事故を起こしたことを悩み続けるごく普通の青年だったのです。

 では、彼は許されるべきなのでしょうか。

 そうとも言えません。人が亡くなったのは事実です。さらに言えば、本当に反省しているかどうか見極めるのは困難です。

 そもそも、わざと事故を起こした少年もいれば、偶然が重なって事故を起こした少年もいます。その明確な線引きは誰ができるのでしょうか。

 セクハラや痴漢の冤罪問題と同じくらい難しいですよね。

 このように、『サブマリン』には少年犯罪について考えたくなる内容が満載です。ぜひ、実際に読んで少年犯罪との向き合い方について考えてみてください。

3. 物語の終盤には感動が

 そんな重苦しいテーマの『サブマリン』ですが、最後に陣内がやってくれます。そのおかげで、笑顔で読み終えることができるんですよね。

 重苦しいテーマを軽いタッチで描けるのは、さすが伊坂幸太郎さん!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …