webstation plus

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。

 たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。

 そんな話を聞くたびに、人を殺しておいて自分の権利だけ主張する人たちを守る法律って何のために必要なの?と強く疑問に思います。

 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』を読んで、その想いがさらに強くなりました。

 なぜやられたことをやり返してはダメなのか?

 この物語では、高校を卒業した19歳のアルバイト少年・棚岡が、無免許運転で歩道に突っ込み、ジョギング中の男性を轢き殺した事件について語られます。

 マスコミはこぞって彼を責めましたが、実は彼の両親も同級生も交通事故で亡くなっていました。

 特に同級生が亡くなった事件では、犯人が未成年だったため、大きな罪に問われなかったんですよね。

 そんな現実を目の当たりにした棚岡は、なぜやられたことをやり返してはダメなのかと問います。彼の問いに向き合うことになった家裁調査官の陣内は…。

 悪い条件でもあがりを目指すしかない

麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に13枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にはならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ。

 と答えます。つまり、悪いことが起きても、その条件であがりを目指すしかないって言うんですよね。

 もちろん、やり返したい気持ちもわかります。ところが、やり返そうとしている相手が反省していたらどうでしょうか。

 実際、10年前に棚岡の同級生を轢き殺した犯人・若林は、マスコミで騒がれたほど異常な人間ではありませんでした。

 むしろ真面目で反省の日々を過ごしていたのです。就職面接でも馬鹿正直に自分が犯した罪について話し、悉く落ちていました。

 そこまで反省している彼を追い詰めて、自分の人生を無駄にするのはもったいないと陣内は思っていたんですよね。

 私も陣内の意見には賛成ですが…。

 反省していない人間には鉄槌を!

 と考えています。もちろん、見分けるのは難しいですが、冒頭に紹介したいじめの裁判で控訴したような人たちを守る必要はないと思います。

 では、どうやって反省しているかどうかを見極めるのか。

 とても難しい問題なので、これからも考え続けていく必要がありそうですね。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』は、前作に引き続き少年法にあれこれ考えたくなる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は今すぐ誰かに恋したくなる物語

 恋していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日のように妻や子供たちに恋していますが、伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』を読んで、恋っていいなぁ…と素直に思えました。  気がつけば好きな人のことを …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …