webstation plus

 やられたことをやり返してはダメだと思っていませんか?

 私は「やられたらやり返す、倍返しだ!」という信念で生きてきたので、やり返せばいいと思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』を読んでいろいろ考えさせられました。

 交通事故で両親と友人が轢き殺された場合、やり返してはダメなのか?と聞かれると「やり返していい」と言えない自分がいたんですよね。

 なぜやられたことをやり返してはダメなのか?

 では、あらすじから。

 物語の主人公は家裁調査官の武藤。彼は前作『チルドレン』で傍若無人に振る舞っていた上司の陣内に振り回されていましたが…。

 そんな武藤が世間から注目されている事件を担当することになりました。

 その事件とは、高校を卒業した19歳のフリーターである棚岡佑真が、無免許で歩道に突っ込み、ジョギング中の中年男性を轢き殺したというもの。

 マスコミや世間はこぞって棚岡を責めましたが、実は彼の両親や友人も交通事故で亡くなっていたことがわかります。

 特に友人が轢き殺された事件では、加害者が未成年だったので、大きな罪に問われませんでした。

 そんな現実を目の当たりにした棚岡は、被害者家族がこれほど苦しんでいるのに、なぜ加害者は今も自由に生きていられるのかと言い、「なぜやられたことをやり返してはダメなのか?」と陣内と武藤に問いかけます。

 彼の問いに向き合うことになった陣内は…。

 悪い条件でもあがりを目指すしかない

 次のように答えます。

麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に13枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にはならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ。

 やり返したい気持ちもわかるけれど、やり返すのではなく、自分にとっていい選択肢を探せって言うんですよね。

 陣内がこのように答えた背景には、10年前に棚岡の友人を轢き殺した犯人を知っていたことも関係していました。陣内が家裁調査官として彼を担当していたのです。

 棚岡の同級生を轢き殺した犯人は、マスコミで騒がれていたような異常な人間ではありませんでした。

 むしろ真面目で反省の日々を過ごしていました。就職面接でも馬鹿正直に自分が犯した罪について話し、悉く落ちていたんですよね。

 そのため、反省している彼を追い詰めて、自分の人生を無駄にするのはもったいないと陣内は考えていたのです。

 このような物語を読んでいると…。

 反省していない人間には鉄槌を!

 やられたことをやり返さないほうが良いケースもあることに気づけます。

 もちろん、何ひとつ反省せずに悠々自適に暮らしている人間には鉄槌を下す必要がありますが、反省しているかどうかのの線引きは難しいですよね。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』は、単純に「やられたらやり返せばいい」と言えないことに気づける物語ですが、

 それだけでなく、陣内の言動にクスッと笑える物語としても、最後に驚きが待っている物語としても楽しめるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

小川糸『つるかめ助産院』感想/愛とは一番の悲しみを伝えられること

 誰かを愛していますか?  私は結婚して子供がいるので、毎日妻や子供たちを愛していますが、小川糸さんの小説『つるかめ助産院』を読んで、結婚しても相手を愛せない人がいることに気づきました。  本当にその人のことを愛していれ …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子の …

米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 好きなことに打ち込んでいますか?  私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。  彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。 &nb …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしているつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本署は知念実 …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりですが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんで …

米澤穂信『ふたりの距離の概算』は友達との距離感を大切にしたくなる物語

 友達との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというとお節介焼きですが、友達とは適度な距離感を取るようにしています。しかし、米澤穂信さんの小説『ふたりの距離の概算』に出てくる、ある人物は違いました。  友達と適度 …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4』感想/人は誰でも二面性を持っている!?

 二面性を持っていますか?  私は間違いなく二面性を持っていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖4』を読んで、ある一面だけで人を判断してはいけないことに気づきました。  ある一面だけで人を判断していると、そ …

瀬尾まいこ『傑作はまだ』感想/世界は優しさで溢れている!?

 他人と距離をとって生きていませんか?  もちろん、人によって適切な距離はあるので、ある程度距離を置くのは悪くありませんが、自ら人と関わろうとせずに生きるのは、もったいないように思います。  瀬尾まいこさんの小説『傑作は …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …