webstation plus

(※『サブマリン』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。

 以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなること間違いなし!?

 今回は『サブマリン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『サブマリン』のあらすじ

 無免許運転で人を轢き殺した棚岡佑真。彼は家裁調査官の武藤と面談しますが、何を質問されても「はい」としか答えませんでした。

 そんな棚岡に悩まされていた武藤に、さらなる悩みが押し寄せます。保護観察中の小山田俊から、あるネットの殺人予告が実現する可能性が高いことを告げられたのです。

 破天荒な上司・陣内と共に、武藤はこの2つの難事件にどう挑むのか!?

 『サブマリン』のおすすめポイント

1. 陣内と武藤のやり取りが面白い

 前作『チルドレン』同様に、陣内のセリフが心に突き刺さります。たとえば、

「麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に十三枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばっかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ」

 そんな陣内と武藤のやりとりが面白いんですよね。

「ええと、名前何だったか。棚ボタ君か」
「陣内さん、棚岡ですよ」
(中略)
「武藤、おまえ、奥さんから怒られないのか、細かすぎるって」
「名前を茶化すのは絶対やっちゃだめだ、ってよく言ってたじゃないですか」
「そういうことを言うのはどうせ、ろくでもない」
「昔の陣内さんですよ」

 などなど、ニヤけてしまうやり取りが満載です。

 前作では武藤の他に鴨居も陣内とやり取りしていましたが、本作では不参加。とはいえ、陣内と武藤のやり取りで十分ニヤけられます。

2. 少年犯罪との向き合い方を考えたくなる

 棚岡は無免許運転で人を轢き殺しましたが、そうなったのは彼の小学生時代の友人が関係していました。彼の友人も未成年者に車で轢き殺されていたのです。

「人を車で撥ねた奴を、撥ねたらどうして駄目なんだよ。おかしいだろ」

 この物語のテーマはこれにつきます。やられたことをやり返してはダメなのか。

 ここでもう一つの事実が語られます。棚岡の友人を撥ねた若林の話です。

 未成年で免許を取ったばかりの若林は、夜通し走るほど車にハマっていました。

 しかし、ある日。朝方、注意力が鈍ったところでよそ見運転。小学生だった棚岡の友人を撥ねてしまいます。

 この事故がきっかけで、彼は凶悪事件の加害者になりました。怪物出現の如くニュースで取り上げられ、今すぐ業火に焼かれるべきだと罵られました。

 しかし、彼は今でも事故を起こしたことを悩み続けるごく普通の青年だったのです。

 では、彼は許されるべきなのでしょうか。

 そうとも言えません。人が亡くなったのは事実です。さらに言えば、本当に反省しているかどうか見極めるのは困難です。

 そもそも、わざと事故を起こした少年もいれば、偶然が重なって事故を起こした少年もいます。その明確な線引きは誰ができるのでしょうか。

 セクハラや痴漢の冤罪問題と同じくらい難しいですよね。

 このように、『サブマリン』には少年犯罪について考えたくなる内容が満載です。ぜひ、実際に読んで少年犯罪との向き合い方について考えてみてください。

3. 物語の終盤には感動が

 そんな重苦しいテーマの『サブマリン』ですが、最後に陣内がやってくれます。そのおかげで、笑顔で読み終えることができるんですよね。

 重苦しいテーマを軽いタッチで描けるのは、さすが伊坂幸太郎さん!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …