webstation plus

(※『サブマリン』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。

 以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなること間違いなし!?

 今回は『サブマリン』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『サブマリン』のあらすじ

 無免許運転で人を轢き殺した棚岡佑真。彼は家裁調査官の武藤と面談しますが、何を質問されても「はい」としか答えませんでした。

 そんな棚岡に悩まされていた武藤に、さらなる悩みが押し寄せます。保護観察中の小山田俊から、あるネットの殺人予告が実現する可能性が高いことを告げられたのです。

 破天荒な上司・陣内と共に、武藤はこの2つの難事件にどう挑むのか!?

 『サブマリン』のおすすめポイント

1. 陣内と武藤のやり取りが面白い

 前作『チルドレン』同様に、陣内のセリフが心に突き刺さります。たとえば、

「麻雀は四人でやる。でな、俺たちはな、見えない相手にずっと麻雀の勝負をしているようなもんだ。最初に十三枚の牌を配られて、それがどんなに悪くても、そいつで上がりを目指すしかない。運がいい奴はどんどんいい牌が来るだろうし、悪けりゃ、クズみたいなツモばっかりだ。ついてない、だとか、やってられるか、だとか言ってもな、途中でやめるわけにはいかねえんだ。どう考えても高得点にならない場合もある。けどな、できるかぎり悪くない手を目指すほかないんだよ」

 そんな陣内と武藤のやりとりが面白いんですよね。

「ええと、名前何だったか。棚ボタ君か」
「陣内さん、棚岡ですよ」
(中略)
「武藤、おまえ、奥さんから怒られないのか、細かすぎるって」
「名前を茶化すのは絶対やっちゃだめだ、ってよく言ってたじゃないですか」
「そういうことを言うのはどうせ、ろくでもない」
「昔の陣内さんですよ」

 などなど、ニヤけてしまうやり取りが満載です。

 前作では武藤の他に鴨居も陣内とやり取りしていましたが、本作では不参加。とはいえ、陣内と武藤のやり取りで十分ニヤけられます。

2. 少年犯罪との向き合い方を考えたくなる

 棚岡は無免許運転で人を轢き殺しましたが、そうなったのは彼の小学生時代の友人が関係していました。彼の友人も未成年者に車で轢き殺されていたのです。

「人を車で撥ねた奴を、撥ねたらどうして駄目なんだよ。おかしいだろ」

 この物語のテーマはこれにつきます。やられたことをやり返してはダメなのか。

 ここでもう一つの事実が語られます。棚岡の友人を撥ねた若林の話です。

 未成年で免許を取ったばかりの若林は、夜通し走るほど車にハマっていました。

 しかし、ある日。朝方、注意力が鈍ったところでよそ見運転。小学生だった棚岡の友人を撥ねてしまいます。

 この事故がきっかけで、彼は凶悪事件の加害者になりました。怪物出現の如くニュースで取り上げられ、今すぐ業火に焼かれるべきだと罵られました。

 しかし、彼は今でも事故を起こしたことを悩み続けるごく普通の青年だったのです。

 では、彼は許されるべきなのでしょうか。

 そうとも言えません。人が亡くなったのは事実です。さらに言えば、本当に反省しているかどうか見極めるのは困難です。

 そもそも、わざと事故を起こした少年もいれば、偶然が重なって事故を起こした少年もいます。その明確な線引きは誰ができるのでしょうか。

 セクハラや痴漢の冤罪問題と同じくらい難しいですよね。

 このように、『サブマリン』には少年犯罪について考えたくなる内容が満載です。ぜひ、実際に読んで少年犯罪との向き合い方について考えてみてください。

3. 物語の終盤には感動が

 そんな重苦しいテーマの『サブマリン』ですが、最後に陣内がやってくれます。そのおかげで、笑顔で読み終えることができるんですよね。

 重苦しいテーマを軽いタッチで描けるのは、さすが伊坂幸太郎さん!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。読めば、少年犯罪についてあれこれ考えたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

ゴシップ記事は読まないに限る/伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 陽気なギャングシリーズもついに3作目。今回のギャングたちは銀行強盗をすることなく、三流記者に脅され、追い詰められていきます。  ほんと読んでいてムカつく物語ですが、現実にも『陽気なギャングは三つ数えろ』に出てくるような …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …