webstation plus

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)


 勉強していますか?

 私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。

 それがノリの良さ。

 勉強しなければ、周りに合わせて生きていくことができます。環境に合わせて状況にノレる――つまりノリの良い生き方ができます。

 しかし、勉強するとどうでしょうか。環境に合わない、状況に乗らない可能性も考えられるようになります。「そんなバカなことしなくても良いよね?」とノリが悪くなってしまうのです。

 そのため、ノリの良い人生を歩みたければ勉強しない方がいいわけですが、それでも私は勉強したいと考えています。

 なぜなら、メリットがあるから。

 そこで今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介したいと思います。

 『勉強の哲学 来たるべきバカのために』ってどんな本?

 立命館大学大学院の准教授である著者が勉強することのメリットとデメリットを説いた本です。

 私たちは会社や学校のノリ、地元の友人のノリ、家族のノリなどで浮かないように生きています。つまり、同調圧力によって、出来ることを狭められた不自由な環境で生きています。

 その限界を破るには「勉強」すること。新しい可能性を開くためには勉強が必要なのです。

 とはいえ、勉強することで失われるものも。同調圧力から解放されるので、ノリが悪くなってしまうのです。

 不自由でもノリ良く生きていくか、自由でもノリ悪く生きていくか。そんな選択に迫られる本です。

 勉強するメリットって何?

 私たちは言葉の習得過程で、他者からモノの見方や考え方を学んできました。何を美しいと思うのか、何が遊びなのか、などを同時に学んでいるんですよね。

 つまり、言語習得とは、ある環境で洗脳されるということ。

 一方で言葉は、現実世界とは分離しています。「リンゴはクジラ」とか架空の世界を作ることもできますよね。

 ところが、私たちは言葉に大きく左右されて生きています。言語の習得過程で洗脳されてきたことなら尚更です。

 たとえ現実世界で努力をしていても、「そんなものは努力じゃない」と言われ続ければ、もっと頑張らないと…と信じてしまいますよね。

 だからこそ、勉強をして「特定の環境との癒着」から脱していく必要があるのです。勉強をして、別の可能性――先ほどの例だと「私は頑張っているんだ」という別の可能性について考えられるようにするのです。

 そうしないと、たとえ別の環境に移っても「これまでのノリ」を引きずってしまいます。

 つまり、勉強することのメリットは、特定のノリに引きずられず、客観的に自分を見つめ、複数の可能性を見出せるようになること。

 では、どうすればそのような勉強ができるのでしょうか?

 新たな可能性を見つけるための勉強方法

 とにかく問題意識を持つことです。

 たとえば、就活で失敗した人を励まそうとする場合、「なぜ励ます必要があるの?」「就職することは良いことなの?」「そもそもなぜ働く必要があるの?」と少し立ち止まって考えるのです。

 もちろん、すぐに答えは出ません。しかし、このようなスッキリしない不快な状態を楽しむ行為が勉強なのです。

 あとは、答えを出すために「まとも」な本を読むこと 。専門分野に直接関係していて、他者と建設的な議論ができる人――そんな著者の書いた本が「まとも」な本です。

 それ以外の感覚的に訴えかけてくる本に惑わされてはいけません。なぜなら、勉強とはある結論を出しても、別の可能性につながる多くの情報を比較・検討し続けることだからです。

 そのような比較・検討をせずに、一方的に意見を述べる人を信用してはいけません。すぐに洗脳されてしまいます。

 もちろん極端な結論を出す人にも要注意です(以下のエントリでもでも紹介しています)。

 つまり、勉強とは複数の可能性を考えられるようにし、結論を出した後も、他の可能性について考え続けること。

 そうすれば物事を深く考えるクセがつき、選択肢が増える――自由に生きられるようになります。

 最後に

 今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に、勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介してきました。

 勉強するとノリが悪くなるかもしれません。つまらない文章ばかり書くことになるかもしれません。しかし、私はもっと自由に生きていきたい。だからこそ、これからも勉強していこうと思います。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

努力や根性なんて不要!頑張らずに新しい習慣を身につける方法

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

まずは基本に忠実に!考える練習をしよう

 この前のエントリで「考える力」は3つに分解できると書きました。しかし、何事も基本が大切ですよね。野球や剣道をする人にとって素振りが大切なように、考える力をつけるにも基本が大切です。まずは基本に忠実に。  基本 …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

「考える力」は3つに分解できる!?考える力の鍛え方

 「考える力を鍛えたい」と思っても、何から手をつければいいのかわかりませんよね。  そんなときは、まず分解してみましょう。「考える力」をより小さい力に分解すると、今よりもずっと手を出しやすくなりますよ。  「考 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

仕事や人間関係、お金の不安を一瞬で消す方法

(※『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』表紙より)  毎日、不安になることありませんか。 この仕事が成功しなかったらどうしよう… あの人に嫌われていないかな? お金が減るのはどうしたらいいの!?  などなど、 …