webstation plus

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)


 勉強していますか?

 私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。

 それがノリの良さ。

 勉強しなければ、周りに合わせて生きていくことができます。環境に合わせて状況にノレる――つまりノリの良い生き方ができます。

 しかし、勉強するとどうでしょうか。環境に合わない、状況に乗らない可能性も考えられるようになります。「そんなバカなことしなくても良いよね?」とノリが悪くなってしまうのです。

 そのため、ノリの良い人生を歩みたければ勉強しない方がいいわけですが、それでも私は勉強したいと考えています。

 なぜなら、メリットがあるから。

 そこで今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介したいと思います。

 『勉強の哲学 来たるべきバカのために』ってどんな本?

 立命館大学大学院の准教授である著者が勉強することのメリットとデメリットを説いた本です。

 私たちは会社や学校のノリ、地元の友人のノリ、家族のノリなどで浮かないように生きています。つまり、同調圧力によって、出来ることを狭められた不自由な環境で生きています。

 その限界を破るには「勉強」すること。新しい可能性を開くためには勉強が必要なのです。

 とはいえ、勉強することで失われるものも。同調圧力から解放されるので、ノリが悪くなってしまうのです。

 不自由でもノリ良く生きていくか、自由でもノリ悪く生きていくか。そんな選択に迫られる本です。

 勉強するメリットって何?

 私たちは言葉の習得過程で、他者からモノの見方や考え方を学んできました。何を美しいと思うのか、何が遊びなのか、などを同時に学んでいるんですよね。

 つまり、言語習得とは、ある環境で洗脳されるということ。

 一方で言葉は、現実世界とは分離しています。「リンゴはクジラ」とか架空の世界を作ることもできますよね。

 ところが、私たちは言葉に大きく左右されて生きています。言語の習得過程で洗脳されてきたことなら尚更です。

 たとえ現実世界で努力をしていても、「そんなものは努力じゃない」と言われ続ければ、もっと頑張らないと…と信じてしまいますよね。

 だからこそ、勉強をして「特定の環境との癒着」から脱していく必要があるのです。勉強をして、別の可能性――先ほどの例だと「私は頑張っているんだ」という別の可能性について考えられるようにするのです。

 そうしないと、たとえ別の環境に移っても「これまでのノリ」を引きずってしまいます。

 つまり、勉強することのメリットは、特定のノリに引きずられず、客観的に自分を見つめ、複数の可能性を見出せるようになること。

 では、どうすればそのような勉強ができるのでしょうか?

 新たな可能性を見つけるための勉強方法

 とにかく問題意識を持つことです。

 たとえば、就活で失敗した人を励まそうとする場合、「なぜ励ます必要があるの?」「就職することは良いことなの?」「そもそもなぜ働く必要があるの?」と少し立ち止まって考えるのです。

 もちろん、すぐに答えは出ません。しかし、このようなスッキリしない不快な状態を楽しむ行為が勉強なのです。

 あとは、答えを出すために「まとも」な本を読むこと 。専門分野に直接関係していて、他者と建設的な議論ができる人――そんな著者の書いた本が「まとも」な本です。

 それ以外の感覚的に訴えかけてくる本に惑わされてはいけません。なぜなら、勉強とはある結論を出しても、別の可能性につながる多くの情報を比較・検討し続けることだからです。

 そのような比較・検討をせずに、一方的に意見を述べる人を信用してはいけません。すぐに洗脳されてしまいます。

 もちろん極端な結論を出す人にも要注意です(以下のエントリでもでも紹介しています)。

 つまり、勉強とは複数の可能性を考えられるようにし、結論を出した後も、他の可能性について考え続けること。

 そうすれば物事を深く考えるクセがつき、選択肢が増える――自由に生きられるようになります。

 最後に

 今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に、勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介してきました。

 勉強するとノリが悪くなるかもしれません。つまらない文章ばかり書くことになるかもしれません。しかし、私はもっと自由に生きていきたい。だからこそ、これからも勉強していこうと思います。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

才能は遺伝で決まる!?「報われる努力」と「報われない努力」の違い

「努力が報われると思う人はダメですね」  これは明石家さんまさんの言葉です。少し補足をすると、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら、やめた方がいい――そう考えられているようです …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

世の中でいちばん人気の宗教は拝金教!?お金に振り回されずに生きる方法

 お金欲しいですよね。  お金があれば欲しいものが買えるだけでなく、多くの問題が解決できます。  たとえば『ビリギャル』。学年でビリだったギャルが1年で偏差値を40も上げて慶應義塾大学に現役合格したというストーリーが描か …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …