webstation plus

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)


 勉強していますか?

 私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。

 それがノリの良さ。

 勉強しなければ、周りに合わせて生きていくことができます。環境に合わせて状況にノレる――つまりノリの良い生き方ができます。

 しかし、勉強するとどうでしょうか。環境に合わない、状況に乗らない可能性も考えられるようになります。「そんなバカなことしなくても良いよね?」とノリが悪くなってしまうのです。

 そのため、ノリの良い人生を歩みたければ勉強しない方がいいわけですが、それでも私は勉強したいと考えています。

 なぜなら、メリットがあるから。

 そこで今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介したいと思います。

 『勉強の哲学 来たるべきバカのために』ってどんな本?

 立命館大学大学院の准教授である著者が勉強することのメリットとデメリットを説いた本です。

 私たちは会社や学校のノリ、地元の友人のノリ、家族のノリなどで浮かないように生きています。つまり、同調圧力によって、出来ることを狭められた不自由な環境で生きています。

 その限界を破るには「勉強」すること。新しい可能性を開くためには勉強が必要なのです。

 とはいえ、勉強することで失われるものも。同調圧力から解放されるので、ノリが悪くなってしまうのです。

 不自由でもノリ良く生きていくか、自由でもノリ悪く生きていくか。そんな選択に迫られる本です。

 勉強するメリットって何?

 私たちは言葉の習得過程で、他者からモノの見方や考え方を学んできました。何を美しいと思うのか、何が遊びなのか、などを同時に学んでいるんですよね。

 つまり、言語習得とは、ある環境で洗脳されるということ。

 一方で言葉は、現実世界とは分離しています。「リンゴはクジラ」とか架空の世界を作ることもできますよね。

 ところが、私たちは言葉に大きく左右されて生きています。言語の習得過程で洗脳されてきたことなら尚更です。

 たとえ現実世界で努力をしていても、「そんなものは努力じゃない」と言われ続ければ、もっと頑張らないと…と信じてしまいますよね。

 だからこそ、勉強をして「特定の環境との癒着」から脱していく必要があるのです。勉強をして、別の可能性――先ほどの例だと「私は頑張っているんだ」という別の可能性について考えられるようにするのです。

 そうしないと、たとえ別の環境に移っても「これまでのノリ」を引きずってしまいます。

 つまり、勉強することのメリットは、特定のノリに引きずられず、客観的に自分を見つめ、複数の可能性を見出せるようになること。

 では、どうすればそのような勉強ができるのでしょうか?

 新たな可能性を見つけるための勉強方法

 とにかく問題意識を持つことです。

 たとえば、就活で失敗した人を励まそうとする場合、「なぜ励ます必要があるの?」「就職することは良いことなの?」「そもそもなぜ働く必要があるの?」と少し立ち止まって考えるのです。

 もちろん、すぐに答えは出ません。しかし、このようなスッキリしない不快な状態を楽しむ行為が勉強なのです。

 あとは、答えを出すために「まとも」な本を読むこと 。専門分野に直接関係していて、他者と建設的な議論ができる人――そんな著者の書いた本が「まとも」な本です。

 それ以外の感覚的に訴えかけてくる本に惑わされてはいけません。なぜなら、勉強とはある結論を出しても、別の可能性につながる多くの情報を比較・検討し続けることだからです。

 そのような比較・検討をせずに、一方的に意見を述べる人を信用してはいけません。すぐに洗脳されてしまいます。

 もちろん極端な結論を出す人にも要注意です(以下のエントリでもでも紹介しています)。

 つまり、勉強とは複数の可能性を考えられるようにし、結論を出した後も、他の可能性について考え続けること。

 そうすれば物事を深く考えるクセがつき、選択肢が増える――自由に生きられるようになります。

 最後に

 今回は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を参考に、勉強するメリットと深く勉強する方法について紹介してきました。

 勉強するとノリが悪くなるかもしれません。つまらない文章ばかり書くことになるかもしれません。しかし、私はもっと自由に生きていきたい。だからこそ、これからも勉強していこうと思います。

 気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

仕事も趣味も楽しむ!?50歳からの人生を幸せに生きるためのチェックリスト

 100歳まで生きられる時代になりました。  ベストセラー『LIFE SHIFT』によると、今20歳の人は100歳以上、40歳の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上まで生きられるそうです。  つまり、60歳から65歳で …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

「努力が報われると思う人はダメですね」  とは、明石家さんまさんの言葉ですが、この言葉には、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら努力なんてしない方がいい…という意味が込められて …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

死ぬときに後悔する10のこと

(※『死ぬときに後悔すること25』表紙より)  「先生は、後悔したことありますか?」  体が自由に動かせない。満足に歩けない。日中も寝ている時間が多くなった。思考力も以前のようには働かない…。  そんな終末期の患者が医師 …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …