webstation plus

child_10

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。

 内閣府の統計(2010年)によると、70万人もの若者が「ひきこもり状態」にあるそうです。しかし、「ひきこもり」とまではいかなくても、「社会で成立しているように見えて、まったく成立していない人」が多いと著者は指摘しています。

 では、どんな人が「みせかけの社会人」なのでしょうか。それは大きく次の二つの特徴をもつ社会人のことです。

  • 「ここは自分の居場所じゃない」「いやな人ばっかり」など、愚痴ばかりこぼしている人
  • 「できない理由」「やらない理由」で埋め尽くそうとする人

 これって、まさに私のこと。「私は逆境に強いんだ!」と勘違いして生きてきましたが、実はよわよわだったんですね…。では、なぜこの二つの特徴がある人は「逆境に弱い」のでしょうか。それは、他人への対応力が弱いからです。

 逆境に弱い人の2つの特徴

1. 愚痴ばかりこぼしている人

 話を聞いてくれる人に愚痴るのではなく、直接本人に言えばいい話。それなのに、なぜ直接言わないかといえば、言ったことで起こる事態や、その場の空気感に直面するのがイヤだから。「そういうことになるくらいなら、愚痴ってればいいや」という感覚です。(要約)

 まさに、その通り。自分で今の環境を変える勇気がないから、愚痴って、人のせいにして終わらせているだけ。もちろん、これでは現実は何も変わりません。そればかりか、現実逃避しているので、マイナス方向に進んでしまいます。もう愚痴るのはやめようっと。

2. 「できない理由」「やらない理由」で埋め尽くそうとする人

 「できない理由」「やらない理由」で埋め尽くそうとして、「できるようにするにはどうすればいいか」という発想がない。こういう考え方が染み付いてしまっている人は、「自分はこう」という思いやこだわりが強く、その枠組みがから外れたものには「×」をつけ、切り捨ててしまうのです。(要約)

 「自分はこう」という思いやこだわり…ホントに強いです。なので、仕事でも「こうあるべきだ!」という思いが強すぎて、そこから外れた仕事はモチベーションがあがりません。こうして、「自分」と「それ以外」を強く分けてしまい、「何も思い通りにならない」という無力感が強くなってしまうんですね。

◆◆◆

 このように、愚痴ばかりこぼしたり、自分のこだわりが強すぎる人は、どこに行ったって愚痴をこぼし、他人といい関係が築けません。「いまここ」で「目の前の相手」とどうやって関係を築くかに心を砕ける人、目の前の人を幸せにしようと思える人こそが、本当に「頭のいい人」であり、逆境への対応力の高い人なのです。(要約)

 では、なぜ私のように人間関係から逃避してしまう、逆境に弱い大人が育ってしまうのでしょうか。それは、「逆境にぶつかった経験が少ないか、それを乗り越えた経験が不足しているから」だと著者はいいます。

 子どもが集まって身体をひっつけ合って遊んでいれば、ちょっとしたいざこざやケンカはつきものです。そして、放っておけばミニ社会ができるのが人間です。その中で、もめごとを経験し、「これ以上やっちゃダメだな」とか、「ああ言っちゃったのは、よくなかったな…」などと感じ、考える。それをくり返すことで、子どもたちは対人作法を身につけていくのです。
 逆にいえば、そういう「ナマの人間関係」を経験してこなかった子にとっては、長じて出てみた社会というのは「自分の思い通りになってくれない、ただただつらい場所」でしかありません。「ケンカはダメ」「いじめられたら、すぐに言いなさい」など、親からすれば「わが子がかわいそうな思いをしないように」と思ってやってきたことが、「その子の人生にとってはどうなの?」という本質に照らし合わせてみると、決定的な欠落になってしまうのです。

 たしかに…。うちの親は「ケンカはダメ」「いじめられたら、すぐに言いなさい」と私を守ってきてくれました。その結果、自分で逆境を乗り越える力が不足してしまったのですね。だから、いまだに逆境に弱い。ということは、今からでも逆境にさらされ、それを乗り越える経験を何度も繰り返していけばいいということです。

 では次に、「逆境に強い子ども」に育てるには親として何ができるのでしょうか。著者は幼児期に次の6つを実践するべきだと言っています。(「思春期にやれること」については本書を読んでください。)

 逆境に強い子どもに育てる6つの方法(幼児期:4~9歳)

1. 幼児期の万能感をどこかでつぶす

 幼児的万能感を幼児期に断ち切れず、中学生、高校生、ひいては大人になっても持ちつづけるとどうなるでしょうか。それは「合わない症候群」となって現れます。「こんなキツイ部活、合わない」「塾の先生が合わない」「あの友達は、僕には合わない」などなど…。

 では、幼児的万能感は、どのようにして薄らいでいくのでしょうか。それは、親の側が、「我慢する」ことをわが子に少しずつ教えていくことによってです。自分たちの家族の基準をしっかり持ち、わが子に「ダメなものはダメ」と、しっかりその基準を示してあげます。(要約)

2. ポジティブな言葉を使う

 いつも会話の最後を「よかったね」で終わらせるというもの。ケンカをしても、「仲直りができてよかったね」、子どもを叱ったあとも「本当はあなたのことを思って叱ったんだよ。いい勉強になってよかったね」という具合に、何が起きても基本的には「〜でよかったね」で終わりにします。

 このようにプラスの気持ちで終えるようにすることで、どんなことに対しても、こどもは「あっ、よかったんだ」といい感情で対応していくことを学べます。(要約)

3. 頑張ってもダメだったときは、「そんなこともある。次!」

 どんなに努力しても、うまくいかないこともある。この事実を社会に出る前に知っておくことには意味があります。しかし、引きずりすぎてもいけません。

 わが子の頑張りが実を結ばないときに、親まで一緒にしょげってしまっては子どもは落ち込むばかりです。こういうときには、「そんなこともある!さあ、次!」とパッと切り替える、離れのよさを親は示してあげましょう。(要約)

4. 男の子は「オス」のまま育てる

 男の子を育てる場合、「ケンカや取っ組み合いは悪」という文化を押しつけ過ぎてしまうのはよくありません。彼らが大人になっていくための通過儀礼である「健全な男の子同士の関わり」が阻害されてしまいます。その結果、仲間づくりからわが子を遠ざけてしまいかねません。(要約)

5. 安易に「事件化」しない!

 「子どものケンカに親が介入し、子どもは友を失う」と私はよく言っています。子どもの世界でのちょっとしたケンカやぶつかりあいを、親がいちいち事件化していたら、それが当たり前の社会に出たとき、その子はあっという間にポキンと折れてしまいます。(要約)

6. 頑張れる子の根底にあるのは、自己肯定感

 まず核となるのは、「お母さんからの愛情を心から信じられている」ということ。そのうえで、どんなに小さくてもいいので、逆境を乗り越える体験をたくさんさせていくこと。そのくり返しの中で子どもは、お母さんから離れて、社会的自信=自己肯定感を強くしていけます。(要約)

 まとめ

 今後、日本はますます厳しい状況にさらさていく――といわれています。超高齢化社会の到来、ロボットによる雇用の減少などなど、逆境にさらされる機会が多くなっていきます。そんな社会で生き抜いていくには、「逆境でもへこたれない力」が必要になるでしょう。

 しかし、今の私たち家族は…、逆境によわよわ家族なので、このまま生きていけばひとたまりもなく飲み込まれてしまいます。というわけで、今日から逆境に負けない、へこたれない家族になれるよう挑戦していきたいと思います。まずは、仕事から頑張ろうっと。

 関連記事

子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 子どもを叱ってはいけないと頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところで、 …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう/個性を伸ばす子育て法

 子どもへの最高の褒め言葉とは何でしょうか。  私は「よい子」や「賢い子」、「聞き分けのいい子」だと思っていたのですが――名作童話『ぐりとぐら』の作者である中川李枝子さんは、そうではないといいます。「子どもらしい子ども」 …