webstation plus

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。

 とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。

「なぜ、そんなキツイことを言うの?」
「なぜ、こんなことをするの?」
「なぜ、わかってくれないの?」

 などなど、相手に責任をなすりつけます。

 だからこそ、結婚生活がうまくいかず、離婚している人が多いのでしょうが、ではどうすれば、夫婦仲良く暮らすことができるのでしょうか。

 家族から見捨てられたおとうさん

 物語の主人公である「おとうさん」は、妻と娘と仲良く暮らしていました。

 そんなある日、娘が子犬を拾ってきます。「絶対に面倒を見るから」という娘の言葉を信じて、おとうさんはハッピーと名付けた子犬を飼うことに決めました。しかし…。

 娘はすぐにハッピーの面倒を見なくなるんですよね。友達と遊んだり、テレビを観たり、ゲームをしたりする方が面白いからです。

 そこで、おとうさんがハッピーの面倒を見ることになったのですが、今度はお父さんが家族から捨てられることになりました。

 なぜなら…。

 妻と娘は自分のことばかり考える性格だったから

 妻にとって持病を抱えて職を失ったおとうさんを支えていく理由が見つからなかったからです。自分がしんどい思いをしてまで、なぜ一緒に暮らす必要があるのかわからないって言うんですよね。

 つまり、妻も娘も自分のことばかり考える性格だったのです。だからこそ、彼女たちはハッピーやおとうさんの面倒をみるのをやめました。

 こうして、ひとり残されたおとうさんは、これから先、長生きするのは無理だろうと考え、ハッピーと一緒に旅に出かけることにします。人生最後の旅です。

 おとうさんとハッピーは二人でいろいろな場所へ出かけました。贅沢はできませんでしたが、二人の時間を楽しみます。

 そうして最後にたどり着いた場所がキャンプ場です。ここなら、おとうさんがいなくなっても、ハッピーが食べ物に困らないと考えたからです。

 ところが…。

 夫婦円満の秘訣とは?

 ハッピーはおとうさんが亡くなってからも彼の側を離れようとしませんでした。「ずっと一緒にいよう」という約束を守って…。

 さて、この物語からわかるように、愛とは「相手との約束を守り続けること」だと言えます。

 しかし、私たち人間はハッピーのように約束を守り通すことができません。おとうさんの妻や娘のように、約束よりも自分の利益を優先してしまうからです。

 また、冒頭で紹介したように、相手をありのままに受け入れることもできませんよね。

 では、どうすればいいのでしょうか。

愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく、 いっしょに同じ方向を見つめることである。

 と、サン・テグジュペリが言うように、同じ目標をもつことが夫婦円満の秘訣なのかもしれません。

 ◆

 原田マハさんの『小説 星守る犬』。読めば感動すること間違いなしの物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

知念実希人『ひとつむぎの手』/誰のために仕事をしているの?

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …