webstation plus

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。

 とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。

「なぜ、そんなキツイことを言うの?」
「なぜ、こんなことをするの?」
「なぜ、わかってくれないの?」

 などなど、相手に責任をなすりつけます。

 だからこそ、結婚生活がうまくいかず、離婚している人が多いのでしょうが、ではどうすれば、夫婦仲良く暮らすことができるのでしょうか。

 家族から見捨てられたおとうさん

 物語の主人公である「おとうさん」は、妻と娘と仲良く暮らしていました。

 そんなある日、娘が子犬を拾ってきます。「絶対に面倒を見るから」という娘の言葉を信じて、おとうさんはハッピーと名付けた子犬を飼うことに決めました。しかし…。

 娘はすぐにハッピーの面倒を見なくなるんですよね。友達と遊んだり、テレビを観たり、ゲームをしたりする方が面白いからです。

 そこで、おとうさんがハッピーの面倒を見ることになったのですが、今度はお父さんが家族から捨てられることになりました。

 なぜなら…。

 妻と娘は自分のことばかり考える性格だったから

 妻にとって持病を抱えて職を失ったおとうさんを支えていく理由が見つからなかったからです。自分がしんどい思いをしてまで、なぜ一緒に暮らす必要があるのかわからないって言うんですよね。

 つまり、妻も娘も自分のことばかり考える性格だったのです。だからこそ、彼女たちはハッピーやおとうさんの面倒をみるのをやめました。

 こうして、ひとり残されたおとうさんは、これから先、長生きするのは無理だろうと考え、ハッピーと一緒に旅に出かけることにします。人生最後の旅です。

 おとうさんとハッピーは二人でいろいろな場所へ出かけました。贅沢はできませんでしたが、二人の時間を楽しみます。

 そうして最後にたどり着いた場所がキャンプ場です。ここなら、おとうさんがいなくなっても、ハッピーが食べ物に困らないと考えたからです。

 ところが…。

 夫婦円満の秘訣とは?

 ハッピーはおとうさんが亡くなってからも彼の側を離れようとしませんでした。「ずっと一緒にいよう」という約束を守って…。

 さて、この物語からわかるように、愛とは「相手との約束を守り続けること」だと言えます。

 しかし、私たち人間はハッピーのように約束を守り通すことができません。おとうさんの妻や娘のように、約束よりも自分の利益を優先してしまうからです。

 また、冒頭で紹介したように、相手をありのままに受け入れることもできませんよね。

 では、どうすればいいのでしょうか。

愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく、 いっしょに同じ方向を見つめることである。

 と、サン・テグジュペリが言うように、同じ目標をもつことが夫婦円満の秘訣なのかもしれません。

 ◆

 原田マハさんの『小説 星守る犬』。読めば感動すること間違いなしの物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は無性に恋をしたくなる恋愛ミステリー小説

 最近、恋していますか?  私はすでに結婚して子供もいるので、朝起きるたびに妻や子供たちに恋をしていますが、知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』を読んで、改めて「恋っていいなぁ」としみじみ思いました。  私のよう …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか?

 この前のエントリにも書きましたが、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』に登場する主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供には明るい未来はないのか?と叫びたくなるほど、 …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …