webstation plus

 子育てって難しいですよね。

 どれだけ子育て本を読んでも、その通りに行動するのは難しく、だからといって、今の自分の子育てが良いものとも思えません。

 せめて子どもを伸ばすために「これだけは守っておくべきこと」が何かわかればいいのですが…。

 というわけで、今回は「世界標準の子育て」を参考に、世界中の親たちが大切にしている3つの子育て法を紹介します。

 1.自信をつけさせる

 子育ての90%は自信をつけさせられるかどうかで決まるそうです。「自分はできる!」という自信があれば、環境の変化にへこたれない、挫折もバネにしていける、そんなタフネスの源になるからです。

 また、自信がつけば、勉強、スポーツ、人間関係にも積極的で前向きな性格になれます。つまり、勇気と根性に満ち溢れた子どもに育つんですよね。

 とはいえ、日本では自信が育ちにくい。

 自信は、子どもが自分の意思で取り組み、成功したときに生まれます。しかし、日本では「他人に迷惑をかけるな」「集団のルールを守れ」と言われる機会が多く、子どもの行動を制限しすぎています。

 そもそも、子どもをコントロールできる親が良い親だと思われていますよね。

 たとえば褒め方もそうです。アメリカでは「自分の意思で行動できた」ときに褒めますが、日本では「言うことを聞いた」ときに褒めます。

 つまり、同じ褒める子育てをしても、アメリカでは自立を促し、日本では従順を促しているんですよね。

 もちろん、これでは日本の子供達は自立心も自信も育ちません。

 また過干渉の問題もあります。子どもがコップで水を飲もうとしているのを親が手出しして飲ませてしまうような行為は絶対にしてはいけません。

 とにかく、子供の自信を育てるには、自立を促すようにサポートすることが基本です。もちろん、手出し口出しを控え、見守っていくことも大切ですよ。

 2.考える力をつけさせる

 考える力がなければ、氾濫する情報や社会の変化に振り回される人生を送ることになります。

 最近ではグローバル化やAI&ロボティクスの発達により、これまで以上に答えのない問題を解決する力が求められるようになりました。知識はスマートフォンさえあれば誰でも手に入れることができます。

 だからこそ、普段から「なぜ?」という疑問を持って徹底的に考える癖をつけることが大切なんですよね。

 もちろん、親自身も考える力を身につけ、子供に考えるキッカケを与えるような会話を重ねていく必要があります。

 考える力をつける具体的な方法は、以下のエントリを参考にしてください。

 3.コミュニケーション力をつけさせる

 日本でも外国の方が増えてきました。観光客としてだけでなく、コンビニなどで働く労働者としても増えています。この流れはさらに加速していくでしょう。

 そのため、外国の方とのコミュニケーションが上手くとれなければ、意思疎通ができない、人間関係をつくれない、仕事がスムーズにいかないなど、多くの障害が生まれます。

 もちろん、ここで言うコミュニケーション力とは英語が話せるという意味ではありません。

 自分とは異なる文化で育った人たちに対して、相手の文化を理解する力があること、自分の考えを相手に伝える力があることです。どれだけ英語が話せても意味がありません。

 だからこそ、先ほども紹介した考える力を鍛える必要があるんですよね。また、異なる考えを単純に切り捨ててしまわない粘り強さも求められます。

 では、具体的にどうすればいいのでしょうか。

 それは親子間での異なる意見を尊重するクセをつけることです。親の意見と違うからといって、親の考えを子供に押し付けているようではダメ。お互いが納得するまで話し合うことが大切です。

 親が率先してコミュニケーション力を身につけていきたいですね。

 最後に

 学歴社会の韓国では、ハーバード大学など一流大学の合格者数がアジアトップだそうです。しかし、44%の学生がドロップアウトしていきます。

 なぜなら、失敗しても再び立ち上がる力、諦めずに努力する力がないからです。まわりにいる頭のいい人たちに負けると挫折してすぐに辞めてしまうんですよね。

 もちろん、日本でも似たような状況に陥っています。だからこそ、レベルの高い教育も必要ですが、何よりもベースとなる心を育てておくことが重要です。

 今回紹介した3つの力を身につけさせ、世界で活躍できるような子供に育てていきたいですね。

 関連記事

子どもの「言われたことしかできない」性格を変える4つのステップ

 私たち親が指示を出さないと自分との約束が守れない子どもに育っていませんか。たとえば、 決めた時間を越えてもゲームがやめられない いい成績が取れないと親や先生に八つ当たりをする 問題が起きるとすぐに目標に向かって挑戦する …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

子どもの考える力を「伸ばす親」と「つぶす親」の違い

(※『考える力の育て方』表紙より)  子育てしていますか。  私も子育てをしていますが、子どもに考える力をつけさせることが大切だなぁ…と思うことがよくあります。  たとえば、水をこぼしたとき、失敗をしたとき、誰かを傷つけ …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

「素直な良い子」ではなく「問題児」に育てよう

 私がまだ大学生だった頃。アルバイトで家庭教師をしていたのですが、少し風変わりな男の子に出会いました。  その男の子は中学二年生で、理数系の科目が苦手ということで私が呼ばれたのですが、初めて会った瞬間から、どことなく嫌な …